少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ123話!感想!情報交換をすることになった殿下たち

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 123話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義123話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 123話のあらすじをお伝えします。

マスターシェルメロと殿下は情報交換することに・・・!?

しばらくの間誰も何も話さなかったけれど、沈黙を破ったのはマスターシェルメロでした。

先に質問をしたのは殿下からですから・・・

ただしお互いに欲しい情報があるため、情報交換という形にするのはいかがでしょうか?

 

初めに私から、その道具がどんなものなのかお伝えしましょう。

なので殿下もその道具がどこから出てきたのか教えてください。

そのことを約束していただけるなら、詳しくお話ししますというマスターシェルメロ。

 

公女は殿下をうかがっています。

殿下は、約束し情報交換することになりました。

 

マスターシェルメロの答えは・・・その魔道具は古代の遺物でした。

今世の中に出回っている魔道具のほとんどは、いにしえの魔道具を参考にして作成されています。

なくしてしまった古代魔法文明の宝物というか・・・本当は今の魔法は古代の魔法と比較すると足元にも及ばないレベルなのです。

 

素晴らしい魔法師たちが魔法を極めようとしていますが、今魔道具はいにしえの魔道具の予測できる力の半分も再現できていません。

 

殿下はこの映像具が内宮で使われたのだけれど、その痕跡が何も見つからなかったと・・・。

マスターシェルメロは、嬉しそうに・・・そのような小さな映像具がフェロン帝国の皇宮に使われる最高レベルの監視魔法を欺くものです。

 

世の中に出回れば、間違いなく混乱を引き起こすと考えられ、魔塔で秘密裏に保存して研究用としてだけ使用されていました。

 

しかしこのように我々の管理が行き届かないものも時々生じて、新しく発掘されてとんでもない場所へ流れてしまった場合です。

 

そのため殿下がいにしえの魔道具を持っていらっしゃるとわかった時、少し神経質な反応をするしかなかった・・・本当に申し訳ございませんとマスターシェルメロは謝りました。

それでは私の話は終わったので、その魔道具をどういう経路で入手したのか教えてくださいますよね?




魔道具はステナ嬢から・・・!?

殿下はステナ令嬢から押収したと告げました。

事実ではあるけれど、完全ではない答えね・・・さすが頭がよく回ると公女は思っています。

 

マスターシェルメロは、ステナ令嬢とは思ってもみなかった人物ですね・・・彼女が魔法に詳しいなんて知りませんでした。

我々にとって有益な情報だったとお礼を言うマスターシェルメロ。

 

もしかしたら他の物も持っているかもしれないけれども・・・。

 

そこで・・・ちょっと待ってくださいとマスターシェルメロは言い、そういえば公女が以前に魔獣の襲われたことがありましたよね。

その時の話を詳しく聞かせてください。

操縦されていた魔獣

公女はあ・・・といったまま動きが止まりました。

代わりに殿下が説明をすることに・・・ティスマ山脈に生息する魔獣が境目を破って外へ出てきて、公女を攻撃したのです。

 

マスターシェルメロはそんなことは知っているけれど、私が知りたいのはもっと詳細な状況です。

魔獣が出たというのに不思議なくらい被害が少なかったではありませんか。

なにかおかしなところはありませんでしたか?

 

殿下は公女を見ると、奴に接近したとき不思議なほど私には興味がないようだった。

私が魔獣の背中に飛び乗った時でさえ、何の反応もなかったのです。

 

ということは公女だけを狙っていたということになるのではないでしょうか。

公女は、みんなの叫び声を聞いて後方を振り返るとあの怪物がいたんです・・・ゆっくりと周りを見渡しながら、開示用の真ん中を歩いていました。

 

殿下は公女の方をぎゅっと抱き、その話をするのが辛いのならば無理して話さなくてもよいと言いました。

しかし公女は気丈に、大丈夫です・・・私の記憶が何かの役に立てば幸いですと言って話しだしました。

 

周りにいた皆が悲鳴を上げて騒ぎ出すと、怪物の動きも少しずつ早くなりました。

そして私と目と目がが合った時に・・・猛スピードで襲い掛かってきました。

その後のことはよく覚えていません。

 

マスターシェルメロは・・・公女からの証言によると、その魔獣は操られていたのだと考えられます。

誰かが古代の魔道具で操縦して、公女を襲わせたのでしょう。

 

魔獣を魔法で操縦するなんて・・・!?そんなことは不可能です!

一般的にはそのように考えられていますね・・・でも古代の魔道具には、それを可能にするものもあるのです。

 

思い違いであればいいのですが、皆さんが危険な目に遭うことを避けるためにあえて申し上げました。

ステナ令嬢をさらに詳しく調査されることをお勧めいたします。

 

殿下は何か悩んでいるようです。

私は魔塔ことを一番に考えなければならない立場で、ばらばらになった古代魔道具をまた元通りにするために尽力しますが、その途中で周りの人たちが危ないことに巻き込まれるようなことはあってほしくないのです。

これは私の本心です。

 

マスターシェルメロはアイリーンをテロのおおもとになっていると思っているようですが、それは私たちがマスターに充分な情報を伝えていないからです。

 

皇太子も私も今の話を聞いて直感していました。

実際にその事件を企てたのは皇后なのだと・・・。

あの日皇后は調子が悪いと言って、皇宮に戻り…これから何が起こるのか事前にわかっていたとしたら・・・。

 

パズルのピースが合わさるように、事件のつじつまがあっていく…鳥肌が立った・・・皇后は私の命を奪おうとしていたのだ・・・それもずっと以前から・・・。

 

私たちは一体・・・!?

 

悪女の定義 第 123話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

事件のつじつまがあっていき・・・公女の命を絶とうとしていたのは皇后だとわかりました。

公女はどこに逃げたらよいのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

123話を読んだ感想

悪女の定義 第 123話の感想をお伝えします。

現実として突きつけられると・・・辛いし恐ろしいものでした。

アイリーンが首謀者ではなく、皇后がその黒幕だったのです。

 

とてもデリケートなことで・・・しかも当たり前ですが、皇太子の母なのです。

どうやって話し合ったらいいのでしょうか?

逃げるしか道は残されていないのでしょうか?

 

マスターシェルメロに正直に伝えてもどうにもならないことなのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ123話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 123話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 123話のまとめ
  • マスターシェルメロと殿下はお互いに欲しい情報があることから情報交換をすることになった。
  • マスターシェルメロは公女が魔獣の襲われた時の事を聞きたがっている。
  • 魔獣は操られていた可能性がある。