少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ144話!あらすじ感想!事件の顛末が明らかになる・・

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 144話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

アイリーンに、どんなに痛めつけられても私の心は折れないというシャティ。

しかし薬品の煙を吸い込まされて身動きできなくなってしまったシャティの前に、セオフィル伯爵が現れて・・・。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

悪女の定義144話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 144話のあらすじをお伝えします。

事件の顛末が明らかに・・・!?

別荘を守っていた男たちは、鎮圧過程でみな倒されアイリーンとセシリア・セオフィル伯爵は生け捕りになりました。

そして審問を通して事件の顛末が明らかになったのです。

新興貴族であるセオフィル家・ノリエン家・ロリス家。

シャティの予想通り彼らはアイリーンを誘って今回の事件を起こしたのです。

そのための資金のほとんどは、マルケル侯爵が負担したそうで・・・こちらはなんと新しいレジーナ競合のための準備までしていました。

つまり話をまとめると・・・マルケル侯爵が皇后候補の交代を目論んで・・・そのはじめの段階でもあった私の始末を新興貴族に依頼したのです。

彼らはそこでアイリーンを誘い込みました。

その代償として彼らは血の雨を降らせることとなったのです。




刑の執行

アイリーンの手には手錠がはめられ・・・罪人たちが広場に引きずり出されました。

すでに彼らの罪は国中に知れ渡っていて、怒り狂う民衆は彼ら大声で罵ったのです。

彼らを狙ってありとあらゆるものが、投げ込まれました。

でも警備隊がこれを制止することはありません。

アイリーンは、飛んできた石が頭に当たり血を流していました

悔しそうな顔をしていますが・・・彼女は自分自身が取り返しのつかない過ちを犯したことを悟ったのでしょうか?

その答えはもう永遠に知ることができません・・・それは彼女に刑が執行されてしまったから。

 

アイリーンとセシリア・ノリエン伯爵とその息、子ロリス伯爵とその息子・・・そしてマルケル公爵まで全員が死刑となったのです。

セオフィル伯爵は刑を言い渡される前に亡くなってしまいました。

それは尋問がどれほど凄惨であったかを物語っています。

人々は尋問の途中で切り落とされた手首について話題にしました。

そのようなことは滅多になかったので、それはしばらくの間帝都の噂の的だったのです。

あのぞっとするような瞬間に、伯爵を前にして私の頭を巡った想像は・・・ほぼ全て現実となったのでした。

シャティの居場所が分かったわけ

体の調子はどうだと陛下がシャティに声をかけました

もう大丈夫だと何度も申し上げているではありませんか・・・今後はもう聞かないようにしようと言う殿下。

殿下に気になることがあるのですがとシャティは尋ねます。

あの日別荘に来て私を助けてくれましたけれども、どうしたらそこに私がいるとわかったのですか?

シャティが完全回復したのは本当のようだな・・・いつもの鋭さが戻ってきたということは!

話を聞いても怒らないと約束して欲しいという殿下。

 

一体何なのですかと尋ねると、陛下は目をそらしました。

そしてシャティの通信具に細工をしておいたのだといいます。

通信具って・・・ブレスレット型のあれですか!?いったいどうやって・・・!

その時エスターがお茶を持ってきてくれました。

もう少し後にお持ちしましょうかというエスターに・・・いや茶はそこに置いてそこに座ってくれチャスリンと呼んだのです。

やっとお話されるつもりですか殿下・・・エスターは笑いました。

シャティは何のことかわからず、尋ねます。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

エスターが殿下の密偵

初めて侍女がついたとき、シャティはその中に私の密偵がいると疑っていただろう。

するとシャティは、まさかエスターが密偵だったのと驚きます。

どうしてそんなことをしたんですかとシャティはまるで火を吹いたように起こりました。

殿下は、私も初めは警戒していたから・・・!

そなたが通信具を持ち込んだのと同じ理由だといいます

火の燃えるような勢いで怒っていたシャティですが・・・鎮火されました・・・なるほどね。

公女様が実家での休養から戻られた時に、その通信具を持ってこられたでしょう。

見た目は普通のアクセサリーなのに、他の物と別に管理になさっていたので目に付いたのです。

調査の結果、非常用の通信具であることがわかり、皇太子殿下に報告したところ・・・受信地を変えておこうとおっしゃられたので、公女様が通信をつけられない日に、こっそり持ち出して作動させると皇太子殿下に連絡が届くように細工しておいたのです。

一体いつ?と聞くと去年のエストゥスの頃ですから、ちょうど一年ぐらいになりますね

となると・・・つまりパパから通信を受け取った直後ってこと!?最後の手段だと信じていたのに初めからそうじゃなかったってわけ!?

私もう誰も信じられないと怖がるシャティ。

もちろんそのおかげで助かったのは認めるけれど。

私の話を落ち着いて聞いてくださいというエスター。

救貧祭の時、不利な状況にもかかわらず熱心に努力を続けられている姿を見て・・・密偵はもうやめようと思ったのです。

これからは本気で公女様のお役に立ちたいと思いました・・・分かりやすく言うと惚れ込んでしまったというか・・・。

ちゃスリンの話は事実だ。

ある日急に密偵を辞めたいと言い出して、その後から消息は全く教えてくれなくなったのだ。

時々冷やかしのつもりで公女さまの可愛らしいエピソードをいくつか殿下にお伝えしたのですが、直接自分の目で見なければ気が済まないとソワソワされて・・・。

殿下は本当に密偵を付けていただなんて・・・しかもそれがエスターだったなんて想像もしていなかった。

怒るべきなのかな・・・でもエスターが自ら私の味方になってくれたことが嬉しいし・・・。

今回は許しましょう・・・私にも通信具をこっそり持ち込んだという負い目がありますし・・・そのおかげで助けられたのですから

その代わりこれからお互い嘘はなしですよと話しているときに ・・・大変です!皇后陛下が亡くなられましたと知らせが入り・・・。

 

悪女の定義 第 144話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

シャティを拉致監禁した人たちは、皆死刑になりました。

シャティの通信具は、やはり役に立ったのでしたが・・・。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

144話を読んだ感想

悪女の定義 第 144話の感想をお伝えします。

シャティの持っていた通信具は、パパではなく・・・殿下と繋がっていました。

しかも密偵までいたのです。

怒りたいシャティでしたが、そのおかげで助かったのですから何も言えません。

アイリーンは計画のために誘われていたのでした。

都合のいい事を吹き込まれていたのかもしれません。

しかし貴族の道具に過ぎなかったような気もします。

自分で招いたことなので仕方がありませんが・・・。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ144話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 144話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 144話のまとめ
  • セオフィル家・ノリエン家・ロリス家がアイリーンを誘って今回の事件を起こしたことが明らかになった。
  • 皆に刑が執行された。
  • シャティーのブレスレットに細工をしていた陛下。
  • エスターが密偵としてついていたことを知ってショックを受けるが、今はエスター味方になってくれたことを嬉しくも思う。