少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ147話!あらすじ感想!結婚式と戴冠式が同時に・・

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 147話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

緑地事業はとても順調で、いつのまにか立派な森に変わっていました。

これから色々選択することもあると思うけれど、皇太子と一緒なら大丈夫だと思ったシャティ。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

悪女の定義147話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 147話のあらすじをお伝えします。

結婚式と戴冠式

シャティたちの結婚式と戴冠式が同時に開かれる日、帝国全体がお祭りのような雰囲気でした。

宮は祝いに訪れた貴族たちでにぎわい、平民たちも広場に設置された映像具でその姿を一緒に見守ったのです。

遠い海の向こうの国からも、使節団が来たそうで・・・さすがに緊張してしまう・・・。

シャティ。

しかしレオはシャティ以上に緊張していました。

その姿を見ると笑いがこみ上げてきたほどです。

礼服は彼にとてもよく似合っていました。

シャティが笑っているので、なぜ笑うのだというレオ。

私たちは手を取って神殿へと向かいました。

ものすごい数のお祝いの客が境内を満たしていました。

彼らは一斉に頭を下げて私たちに挨拶をします

静かすぎて・・・むしろ笑っておしゃべりでもしてくれていた方が緊張が解けるのに・・・シャティは思いました。

それでも式は順調に執り行われて・・・シャティは立っていればいいだけだったし・・・。

神官たちがわたしたちを祝福し、聖油をふりまいてくれました。




長い誓いのキス

それでは最後に誓いのキスを・・・と言われましたが全国民が見ている前でキスだなんて・・・皇后にもなるのも色々大変よね・・・と思っていましたが、レオが情熱的なキスをしてきたのです。

ここでは普通こんなふうにするものなのか・・・しばらくの間深いキスを交わしていましたが、気づいた時に祝い客たちは大盛り上がりで、そこやかしこから口笛や歓声が上がっていました。

その時になり、やっと自分たちがとんでもないことをしたのだと気付きましたが、まあ喜んでもらえたからよしとしよう・・・と思うことにしました

二人一緒なら大丈夫

お祭り騒ぎの中で、私たちの頭に冠がかぶせられました。

ついにレオフドは皇帝に、私は皇后になったのです。

さまざまな感情が浮かんできて胸がいっぱいになりました。

でもこれだけは確かでした・・・2人一緒ならきっと大丈夫だということ。

たくさんの豪華なお料理がふるわれダンスと、長い宴が続きました。

なかなか終わらないからしびれを切らしてしまうところだったと言うレオ。

一生に一の戴冠式の宴ではありませんかとシャティが言うと、私は早くそなたと二人きりになりたかったのだと言いました。

そして耳元で夫人といいました。

何ですか急に・・・というシャティに、これからはそう呼んでもよいだろう・・・一日でも早くこう呼びたかったのだ、私の愛する妻というのです。

レオはふざけながらシャティを追いまわして、抱きしめました。

それでもまだ夫人と呼ぶので・・・もうやめてくださいというシャティ。

一度でよいからそなたも呼んでくれないか・・・お願いだというので・・・。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

シャルティアナの魂

この後は見るまでもないわよねという、神様のような存在が言いました。

この2人は一生幸せに暮らすことでしょう・・・なんて仲睦まじいこと。

この2人のために、あなたの国に一夫一妻性が確立されることになるのよ?

どう?これであなたの願い望みは叶えられてでしょシャルティアナ。

シャルティアナの魂のようなものが浮かんでいます。

そもそもどうしてあんなに早く死ななきゃいけなかったのかって?

それは私のせいじゃなくて、あなたの体があまりにも弱かったからよ。

何よりサインをする前に、誓約書をきちんと読まなきゃダメじゃない。

私だって損になる商売はしないんだから・・・これを商売と言うべきか分からないけどとシャルティアナの魂に言いました。

またその子と話をしているのか・・・また別の神様が・・・!

あらきたのね・・・ついでにあなたも挨拶なさいね、今日は本当に最後だから。

この子の願いを聞いてあげたせいで、無関係な魂を移動させることになってどれほど申し訳なく思ったか・・・。

まあ結局はうまく適応できたみたいでよかったけれど。

小柳芙美のことか?それならすぐに元に戻してやればよかったじゃないか。

そんなこと出来ないわよ・・・既に肉体が滅んでしまっているのに戻したりなんかしたら、黄泉をさまようことになってしまう。

それは川に落ちた本人の責任だろう。

もともと亡くなって生まれ変わるはずだった人間が、私のせいで黄泉をさまようはめになるのよ。

その程度は些細なことだ。

人間にとっては些細なことじゃないわよ。

世界の統治は本当に悩みがつきないわ・・・こうなるとわかっていたら引き受けなかったのに。

こいつも契約書をきちんと確認しなかったんだなとシャルティアナの魂を指さして笑います。

だから苦労しているこいつのためにも、そろそろ生まれ変わりに行くのはどうだ?

珍しく良いこと言うじゃない・・本当によく決心してくれた。

これで貴方の身体も・・・間違ってあなたの体の中に入ってしまった小柳芙美の魂も幸せになれる。

あとはあなたが幸せになるだけ・・・。

さようならシャルティアナ・・・幸せになりなさい。

シャルティアナの魂が消えていきました。

 

悪女の定義 第 147話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

結婚式と戴冠式が無事に?行われました。

二人はようやく皇帝と皇后になったのです。

いろいろなことがあったけれど、二人が嬉しそうで・・・。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

147話を読んだ感想

悪女の定義 第 147話の感想をお伝えします。

辛いこともたくさんありましたが、二人で乗り越えてこの日を迎えることができました。

今までの皇帝と皇后とはちがった二人になると思います。

神様のように人たちが、一夫一妻性が確立されることになる・・・それがシャルティアナの魂がそう願っていたということにも驚きました。

シャルティアナの魂は、ずっと心配していたのでしょうか?

シャティとレオの様子を見て、安心して生まれ変わろうと思ったのですね。

今まで、ずっとハラハラドキドキしていたのではないでしょうか?

その分シャルティアナの魂も、生まれ変わって幸せになってほしいと思います。

二人の子供になって、生まれてくるということもあるかもしれませんね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ147話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 147話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 147話のまとめ
  • 緊張しているレオを見ると笑いがこみ上げるシャティ。
  • 頭に冠がかぶせられ・・皇帝と皇后になった2人。
  • シャルティアナの魂が消えた。