少女/女性漫画

「悪党の母になりました」ネタバレ43話!あらすじ・感想を紹介!カシウスの気持ち

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪党の母になりました」。

「続きが気になる!」
「ロゼリアはどうなる?!」

こちらでは「悪党の母になりました43話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

前回は、「母上と一緒に寝る」というアインの頼みを快諾したロゼリアが、久し振りに親子で同じ時間を過ごせて安心感に浸りました。

しかし、就寝時間になると彼女の寝室に夫のカシウスまでやって来て、ロゼリアを取り合う父と息子が対立し始めます。

あくまでアインを優遇する妻の態度に業を煮やしたカシウスは開き直り、3人で一緒に寝ることを提案。

ダブルベッドの中に3人が入って窮屈な寝相になる中、ロゼリアはやっと3人が平凡な家族になれたような気がしてひそかに感動していました。

その日以来、アインも以前のような明るい笑顔を見せるようになりましたが、彼女の胸中にはまだ何かモヤモヤするものが残っていました。

レニシャを呼んだロゼリアは、最近彼が何かに悩んでいるような素振りはなかったかと尋ねます。

少し考えたレニシャは、この前チェイド家に新しい兄弟ができる可能性はあるのか尋ねられたと返答。

その言葉を聞いたロゼリアは、目を点にして固まってしまいました。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

悪党の母になりました43話のあらすじネタバレ

アインが悩んでいた理由

自分達夫婦の間に子供が誕生することをアインが懸念していたと知ったロゼリアは、自室で一人になると頭を抱えて悩みました。

今までずっと彼が悩んでいたのは、もしも弟ができたら自分が構ってもらえなくなるかもしれないと懸念していたからに違いない。

突然「一緒に寝たい」と言って母親の愛情を確認しようとしていたアインの気持ちをようやく理解でき、ロゼリアは安堵の溜め息をつきます。

そして同時に、そんな事に怯える彼の感性が不思議でたまりませんでした。

チェイド家に新しい子供ができるなんてありえない。
たとえ子供ができたとしても、その子にかかりっきりになってアインに寂しい思いをさせることは絶対にない。

ロゼリアは、母親としていつまでも彼を愛し続けられる自信がありました。

けれども、彼にはその気持ちが十分に伝わっていなかったのかもしれません。

これまで息子の教育に心血を注いできたロゼリアにとって、アインから信頼されていなかったことが何よりもショックでたまりませんでした。

その後、ロゼリアは自分のうかつな言動によって息子を不安にさせてしまうのではないかと過剰に意識し始め、アインに対して自然に接することが出来なくなってしまいます。

邸内での会話の回数がめっきり減り、次第に距離が離れて行く母子。

気が付けば、ロゼリアはアイン以上に親子の関係に悩むようになっていました。




最低な父親

一方その頃、書斎で仕事をしていたカシウスは、空き時間にレニシャを呼んで最近の息子の行動に妙な所が無かったか尋ねていました。

レニシャはロゼリアにも伝えた通り、「旦那様と奥様との間に子供ができる可能性はあるのか聞かれました」と返答します。

彼女を退室させたカシウスは、息子の健気な悩みを知ってクスクス笑いました。

実の父親であるカシウスの目から見ても、アインは驚くほど冷淡で一族の邪悪な遺伝子を強く受け継ぐ少年。

そんな彼が、まだこの世に存在しない虚像に振り回されて不安になっていることは、あまりにも意外な事実でした。

カシウスはゆっくり瞳を閉じ、「子供」について思案します。

チェイド家に求められるのは、後継者となる長男のみ。
第2子を必要としない家柄である以上、子作りのことなど今まで意識したこともありませんでした。

しかし、笑顔のロゼリアと一緒に新生児を抱いている光景を想像すると、胸中に不思議な温かい感情が湧き上がってきます。

もしも子供が産まれたら、きっとその子は皆の愛情を注がれてこの家に幸せをもたらしてくれることだろう。

カシウスは胸中で明るい未来を描き、穏やかな笑みをたたえました。

その瞬間、アインが生まれた時の記憶が彼の脳裏によぎります。

「後継ぎが生まれました」

一人の使用人が毛布にくるまれた赤ん坊を運んできても、カシウスはその子に見向きもせず、「ご苦労だったと伝えておけ」とつぶやきました。

妻や息子を単なる道具としてしか見ていなかったあの頃の自分。

今なら父親として最低だったと分かる当時の振る舞いを思い出したカシウスは、強烈な罪悪感に打ちのめされていました。

夫婦なら……

ある日の晩、カシウスと二人で寝室にいたロゼリアは、思い切ってアインのことを彼に相談してみることにします。

自分達夫婦の間に子供ができたら、アインは親から構ってもらえなくなるかもしれないと悩んでいるらしい。

カシウスはわざと何も知らない振りをしながら、妻の話に耳を傾け続けました。

「まさか彼がそんなことで悩んでいるなんて思いもしませんでした 兄弟なんてできるわけないのに……」

ロゼリアが眉をひそめて溜め息をつくと、カシウスは彼女の顔をジッと見つめて「何故そう言い切れるんだ?」と尋ねました。

「私たちは夫婦なのに何故そう思う?なぜ距離を置こうとするんだ?」

カシウスは妻の腕にそっと手を伸ばし、悲しそうな瞳で彼女の顔を見つめ続けます。

息子を思うあまり、うっかり夫を傷つけるようなことを言ってしまい、ロゼリアは慌ててその場を取り繕おうとしました。

その行動を見たカシウスは不敵に笑い、「だったら、私達が夫婦だということをお互いの体で確認してみないか?」と言い出しました。

その言葉の意味が分からずあぜんとしていると、妻の体を強引に抱き寄せたカシウスがベッドに倒れ込み、ロゼリアは夫の上に覆いかぶさるような体勢になってしまいます。

いきなり夫に迫られた彼女は頭の中が真っ白になり、顔を真っ赤にして固まってしまいました。

ど……どうしよう……!?こんな時どうすればいいの……?

互いの息がかかりそうなほどの至近距離に夫の顔があるシチュエーションに、否応なく心臓の鼓動が高まります。

意を決した彼女は、ギュッと目をつぶって流れに身を任せました。

しかし、その後いつまで経っても何の変化も起こりません。

恐る恐る目を開けてみると、いつの間にかカシウスはベッドを脱け出して寝室のドアの前にいました。

「今日はこの辺で戻ることにしよう」

カシウスは淡々とした表情で、妻の寝室から出ようときびすを返します。

その去り際、カシウスは眼を閉じたまま、「アインのことならあまり心配するな」とつぶやきました。

「あいつはお前から一言声をかけてやれば大丈夫だ このまま誤解し合う関係を続けるより、ちゃんと向き合って話した方が良い」

妻にメッセージを伝えたカシウスは、静かに部屋から出て行きました。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

ロゼリアの困惑

その後、床についたロゼリアは、真夜中になってもなかなか寝付けずにいました。

息子の事で悩む自分を気遣って、優しい言葉をかけてくれた天使のような夫。
そして、意味深な笑みを浮かべながらベッドに誘ってきた小悪魔のような夫。

何度忘れようとしても、さっきの衝撃的な展開のシーンが頭の中にこびりついて、胸のドキドキが全く収まりません。

私達が夫婦だということをお互いの体で確認してみないか……?

今も耳元に残るカシウスの甘い囁き。

彼の言葉を考えただけで、ロゼリアの顔が羞恥心で真っ赤に染まります。

そして、彼の誘いを受け入れようとした自分の大胆な行動を思い出し、何を期待していたのかと自分で自分を責め続けずにいられません。

私……どうしちゃったんだろう……!

ついさっきまで息子の事で悩んでいたはずなのに、気が付けば頭の中は夫の事でいっぱいになっています。

ロゼリアは頭から毛布をひっかぶると、朝まで悶絶し続けました。

<前話 全話一覧 次話>

悪党の母になりましたを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

43話を読んだ感想

アインが悩んでいた理由をついに探り当てたロゼリアですが、まだまだこの問題は尾を引きそうですね。

そもそも、アインが弟の事で悩み始めたのは、鬼ごっこの時にグレックに挑発されて潜在的不安が表に出てきてしまったことが切っ掛け。

まさかパーティーの時に子供同士でそんなやり取りがあったとは夢にも思わないでしょうから、アインの態度の変化はロゼリア達にとってまさに寝耳に水の行動に映ったことでしょう。

息子の変化に気づいたカシウスが、レニシャを呼んで妻と同じ行動をしていたのが面白いですね。

今までの彼なら、アインの感情の起伏に何の興味も抱かなかったはず。

子供の成長に好奇心を抱くカシウスの反応を見ていると、彼もまた「父親」として成長しているのだと感じました。

特に、生まれたばかりのアインをニグレクトしていたかつての自分の愚行を思い出し、息子に対して申し訳ないという気持ちを抱いていたのが非常に印象的でした。

チェイド家の絶対君主が息子に懺悔の念を抱くなど、一族の歴史の中で初めてのことでしょう。

カシウスの父性の目覚めによって、チェイド家の歴史が大きく変わろうとしているのかもしれません。

もしもチェイド家に第2子が誕生すれば、原作の小説の筋書きと全く違う未来が築かれる可能性がありそうです。

はたして、3人は再び良好な家族関係を取り戻せるのでしょうか?
そして、アインが闇落ちする運命を回避できるのでしょうか?

第44話の展開がますます楽しみになってきました。

<前話 全話一覧 次話>

悪党の母になりました43話!まとめ

こちらでは43話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

悪党の母になりました43話のまとめ
  • 今なら父親として最低だったと分かる当時の振る舞いを思い出したカシウスは、強烈な罪悪感に打ちのめされていた。
  • カシウスと二人で寝室にいたロゼリアは、思い切ってアインのことを彼に相談した。
  • ロゼリアはついさっきまで息子の事で悩んでいたはずなのに、気が付けば頭の中は夫の事でいっぱいになり悶絶した。