少女/女性漫画

不細工の公女になりましたネタバレ28話!あらすじ感想!カンニング男が・・

ピッコマ独占配信「不細工の公女になりました」。

不細工な公女に憑依主人公は私は静かに暮らしたかったのに・・

さっそく「不細工の公女になりました 28話」の展開・あらすじをご紹介したいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

エバデインに会い、いろいろ言われますが・・・アカデミ―の試験に合格できないことを

シルビアは知っていました。

アカデミーの試験当日、シルビアはカンニングをしようとしている受験生を見つけてしまいます。

しかしそれよりも先に注意する人が・・・。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

不細工の公女になりました28話のあらすじネタバレ

不細工の公女になりました 第 28話のあらすじをお伝えします。

カンニングしようとした男性にシルビアが・・・!?

一問もろくに解く自信がないのに、そんなバカなマネをしようとするとは、まったく理解できませんねというメガネの男性。

カンニングをしようとした男性は、俺が何をしたというんだ・・・お前こそ自信がないから俺にちょっかい出してけん制しているんだろ!逆切れしています。

あからさまに不正行為をしようとしているのに呆れるなど周りでは噂をしています。

本当に斬新な屁理屈です。

そんな風にしか考えられないなんて、本当に情けないんですね。

その実力では、アカデミーに入ったところで、ついていけないから早めに諦めたら?

不正な方法で入学した人が、神聖な教育の場でまともに就学できるわけがないでしょう。

精霊王は論理的にピシッと言った彼を気に入ったと笑っています。

カンニングをした男性は、この野郎と言って仕返しをしようとしますがうあああああと声を上げました。

シルビアがマナの流れを使って、相手の攻撃を防ぎました。




シルピードの仕業

何の騒ぎですか!?監督官がやってきたので、不正行為をしようとした。

バレて一人で暴れて転んだんです、追い出してくださいと伝え

監督官は倒れている男の手に、カンニングの証拠を見つけ・・・あきれて大きなため息をつきました。

不正行為は絶対に許されません。

発覚したらすぐ退室になり、今後中央アカデミーの入学機械がはく奪されます。

この学生は直ちに退室としますと告げました。

男は違う・・・監督官様誤解です・・・すぐ消しますので見逃してください!というのです。

往生際が悪いと思うシルビア。

というよりも、軽く押しただけなのに、なんであんなに遠くまで飛ばされたの?

おかしい・・・力加減を間違えたの・・・シルピードに訪ねました。

すると、私の契約者は肝が小さいから・・・最初から頭を狙えば簡単に済んだのに・・・。

それで君のために少し力を足してあげたよ!お礼はいいん・・・。

恐ろしい顔でシルビアが怒っていたので、シルピードは逃げ出しました。

開始30分で・・・!?

騒ぎが一段落したので、まもなく試験を開始することに。

試験時間は150分で、当案作成が終わったら提出して出てもかまいません。

問題を見てシルビアは驚きます。

問題が簡単で・・・難しくない、全部本で読んだ内容だわ。

この世界の情報が面白くて、ついのめり込んで勉強しただけなのに・・・。

最後の問題はややこしいけれど、解けなくはないわ。

最終確認を済ませても、30分しか経っていません。

ただ座っているのもあれなので、提出して部屋を出ることに・・・。

テーヴとベルは待っているかなと考えながら外に出ようとすると、すらすらと問題を解いていましたねと声をかけられました。

振り向くと、メガネの男性が立っていて・・・見るつもりはなかったけれど、自分の方が後ろの席だったので目に入ってしまった。

試験を諦めて出ていくようにも見えたかもしれませんが、問題を読んでしばらく考えて答えを書いていたので、おそらく正解をご存知だったのでしょう。

自分以外にこんなに早く試験を終える人がいるとは、想像もしていませんでした。

シルビアは少しあきれて・・・凄く自信があるのですね?

自分を客観的に見ることができているというだけですと言ってから、自己紹介をしました。

推すバルト男爵の次男・キアン・オスバルトだと名乗りました。

シルビアはその名前に聞き覚えがありました。

キアン・オスバルトと言えば、未来の魔塔王として内定されている天才魔法使い!

(今年のアカデミー入学試験の首席もこの人だった・・・こんな大物が私に声をかけるなんて。)

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

お友達になってください

私はシルビア・アトランテと言います・・・お会いできてうれしいと言おうとしていると、キアンの背後から様子をうかがっているカンニング男が・・・。

ぶつぶつと不満を言い、キアンのせいで一生アカデミーに、入れなくなったんだぞ!

うああああと叫びながら、キアンをナイフで狙ってきました。

キアンが振り向くと同時に、シルビアがマナを放ちました。

一世一代の機会を自ら台無しにしたのよ・・・反省して日自分を顧みるべきでしょうが。

他人のせいにして、暴力に訴えるなんて人としてやってはいけないことでしょう!?

未遂に終わったことを、幸運だと思ってとっとと帰りなさい!

男はちくしょう・・・駆け出していきました。

大丈夫ですか?キアンに声をかけるシルビア。

キアンはぼーっとしています。

失礼なことをして・・・謝るシルビア。

シルビア令嬢!と呼び、そっと手を取りました。

それが僕とお友達になってくださいと告げたのです。

 

不細工の公女になりました 第 28話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

未来の魔塔王に友達になってくださいと申し込まれたシルビア。

アカデミー生活が楽しくなりそうですね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

不細工の公女になりましたがお得に読めるか調査しました!

「不細工の公女になりました」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「不細工の公女になりました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

28話を読んだ感想

不細工の公女になりました 第 28話の感想をお伝えします。

シルビアはとても正義感に溢れていますね。

実力も伴っていて、勉強も自然にできています。

将来の魔塔王で、天才魔法使いにも友達になってほしいと言われました。

精霊王や魔塔王など、シルビアの周りはすごいですね。

カンニングをしようとしていた人も、あんなにあからさまにしていたなんて…注意した人たちを恨まなくても、試験が始まれば見つかるに決まっています。

元々アカデミーには入学のできない、縁のない人だったのでしょう。

この恨みが、これから後を引かなければいいのですが・・・。

きっと彼にとっては、アカデミーは希望で、ぜったいに合格したかったのでしょう。

しかし努力しなければ、願いをかなえることはできません。

シルビアもしっかりと勉強したから、30分で退席するほど理解していたはずです。

きっしもっと早くできた魔塔王になるキアンも・・・。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

不細工の公女になりましたネタバレ28話!まとめ

こちらではの28話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

不細工の公女になりました 28話のまとめ
  • シルビアがマナの流れを使って、相手の攻撃を防いだ。
  • シルビアが自分の力加減を疑っていると、シルピードが力を加えていたことが分かった。
  • 問題を見たシルビアは難しくなくて驚いた。
  • 未来の魔塔王に友達になってほしいとも仕込まれたシルビア。