少年/青年漫画

「ハジメテノサツジン」1巻あらすじ・ネタバレ!1本の電話

シーモアで読むことができる「ハジメテノサツジン」の1巻のあらすじと感想を紹介します。

全話一覧 次話>

ハジメテノサツジン1巻あらすじ・ネタバレ

主人公

物語の主人公は、水口繭という女の子です。

森学園という、エスカレーター式のお嬢様学校に通う高校1年生。

内部生ではなく、高校から入学した外部生です。

彼女には姉がいて、お腹には赤ちゃんがいました。




森音羽と神谷悠

音羽は、主人公が仲良くしている女の子です。

彼女の祖父は、学園の母体である森グループという企業のトップ。

学園での存在感は強く、誰からも一目置かれる人物です。

悠は、言葉が少なく感情の読みにくい女の子。

悠も外部生ですが、入試をトップで合格した特待生です。

出会い

ある日、繭が歩いていると音羽が声をかけてきました。

彼女は学園でも特別な存在です。

つい見つめていると、気づいた音羽が「何?」と聞きました。

「美人!」と伝えると、音羽は笑いながら昔を思い出します。

2人の出会いは、入学して間もない教室。

音羽が有名なお嬢様で美人と知り、繭は気になりました。

彼女の方をみると、彼女は俯いていて表情が見えません。

迷わず「森さん」と大きな声で呼びかける繭。

顔をあげた彼女を見て、「美人」と素直な感想を呟きます。

繭の態度が珍しく、名前を聞いたことがきっかけ。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

例外

2人が出会い話に盛り上がっていると、側には悠がいました。

挨拶なく近くにいたので、驚く2人。

挨拶を済ませると、繭が悠に宿題を写させてとお願いしました。

二つ返事で了承しつつ、宿題は自分でやらないと無駄だと言います。

平穏な日常です。

学園生活には1つ、なじめないことがありました。

それは吉川という女性教師です。

彼女は厳しい人物で、生徒が校則違反のものを持っていると全て没収しました。

生徒からは、当然嫌われています。

原因

生徒の中で、特に先生を嫌っていたのが音羽。

出席確認の際、返事をしません。

返事がなければ欠席にすると言われると、全く別のことを話し始めました。

それは、前に没収された物の行方。

なんと、捨てられていたと言うのです。

教室内はざわつき、先生は不要品を持ってきた生徒が悪いと返しました。

『人の物を捨てた』という事実を悪いと責める音羽。

教室の空気がピリついてしまうなか、繭が考えたのは2人が仲の悪い原因です。

音羽には澤木というお気に入りの男性教師がいました。

澤木先生は、吉川先生と付き合っていたのです。

ちなみに澤木先生は既婚者・・・不倫でした。

事件発生

ある日、繭が廊下を歩いていると悠を発見。

声をかけ近づくと、悠は驚いて静かにとジェスチャーを行います。

悠の見ている教室を覗き見る繭。

教室の中には音羽と吉川先生が2人きりで言い争っています。

慌てて止めに動いたとき、事件はおきました。

選択

先生は突き飛ばされ、デスクの角に頭をぶつけて倒れこみました。

なぜ突き飛ばしたのか音羽に聞いても、反応しません。

人を呼びに行こうと繭が動き出すと、急に扉を閉めるように指示する音羽。

みんな先生にはむかついているから悪さをしよう。

彼女は笑顔で言いました。

音羽は、顔に落書きと言います。

悠は、音羽に早く決めるように言いました。

音羽は、繭が決めてと言います。

人の気配を察した繭は、隠そうと提案。

ロッカーに隠し、授業へと戻る3人。

行方不明

事件の後は体育でした。

授業中、先生が気になる繭。

体育の次は先生が担当する英語にも関わらず、授業になっても来ません。

教室はざわつき、繭は音羽に見に行こうと提案。

しかし音羽は、隠した部屋は授業中と答えました。

その後も先生が戻ることはありません。

学校に靴やカバンが残っており、帰ってはいない様子。

先生は、行方不明となりました・・・。

ダブル不倫

放課後、学園内は先生が行方不明になった話題で盛り上がります。

繭は、ロッカーに様子をみに行くべきと問いました。

話が少し聞こえたのか、クラスメイトが先生ともめたのか聞いてきます。

音羽は何食わぬ顔でかわしました。

繭はもう1度、「様子を見に行こう」と言います。

音羽は、英語の前に確認して、いなかったと答えました。

繭が疑問に思い聞くと、「怒って帰ったのかも」と答えます。

帰る間際、音羽は一件を3人の秘密だと釘をさします。

3人が別れた後、音羽はとある部屋に入りました。

部屋に入ると鍵を閉め、中には澤木先生が待っていました。

抱きしめあいキスをする2人。

音羽とも、不倫をしていました・・・。

1本の電話

夜、繭は姉が病院で撮ってきたお腹の赤ちゃんのエコー写真をみていました。

横顔が繭に似ているといって盛り上がります。

時間は0時を過ぎ、繭が部屋で眠りにつきかけた時、音羽から電話がありました。

学校に来てほしい。

先生がロッカーで死んでいる。

始末しなければ自分達は殺人犯。

電話の内容は、平穏な日常を一瞬で崩すものでした・・・。

全話一覧 次話>
【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

玩具少女 無限絶頂に哭く
青年
連続絶頂
無理やり
ワケアリの少女達と権力者の男子達が集められたとある特殊な学園。その学園では女子生徒は皆、男子生徒の玩具として生活しなければならない。
そんな中「身体は所詮道具でたいした事無い」「むしろ権力者に取り入るチャンス」だと考えたヒロインは自ら志願してこの学園にやってきた。
しかし、最初は余裕ぶって男に身体を差し出していた少女は、容赦の無い連続絶頂地獄を味わい咽び泣きながら後悔するのだった――。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

ハジメテノサツジンを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

ハジメテノサツジン1巻を読んだ感想

1巻にして、殺人事件が発生です。

タイトルからして当然ではありますが、主人公は巻き込まれています。

不慮の事故とも言えなくはないですが、隠す提案をした主人公は不利になりそう・・・。

序盤は明るく、音羽と知り合ったきっかけがよかったですね。

音羽は学園の憧れというイメージで、近寄りがたい印象があります。

だから、繭の天然な感じがよかったのかもしれませんね。

悠との出会いも気になります。

今のところ仲良くなりそうな要素がないですが、繭と音羽のように何かエピソードかあるのかもしれません。

音羽と吉川先生の対立はかなりのもので、どちらも恐かった・・・。

一番悪いのは澤木先生では?

いけ好かないことだけは確かです。

音羽が言い争うシーンでは、傍観していた悠が気になります。

口数少ないので感情が読めませんが、野次馬精神でしょうか。

倒れこむ先生へのいたずらを、繭に決めさせるのは引っ掛かりますね。

有無を言わさぬ様子で、殺した実感がありそうだと感じました。

繭を共犯に引き込もうという魂胆に思えます。

「見に行ったらいなかった」と嘘をつき、これは濃厚。

ところで体育以降、悠は一言も話しませんでした。

口数が少ないで済ませてよいのか・・・悠になにかあるのか・・・。

放課後には、抱き合う音羽と澤木が描かれます。

澤木こそ悪として、理解です。

そして最後、深夜に先生の死が発覚しました。

話がどう進んで行くのか、次が待ち遠しいですね。

楽しみにして、待つことにしましょう。

ハジメテノサツジン1巻まとめ

こちらでは1巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ハジメテノサツジン1巻まとめ
  • 主人公は、水口繭という森学園に通う高校1年生の女の子です。音羽は、主人公が仲良くしている女の子です。
  • 2人の出会いは、入学して間もない教室。音羽が有名なお嬢様で美人と知り、「森さん」と大きな声で呼びかけ「美人」と素直な感想を呟きます。
  • 吉川という女性教師は厳しい人で、生徒が校則違反は全て没収しており生徒からは、嫌われていました。
  • 音羽は特に先生を嫌っていて出席確認の際は返事をしません。先生は返事がなければ欠席にすると言い、前に没収したものは捨てたといいました。しかし音羽には澤木という男性教師付き合っていたのです。ちなみに澤木先生は既婚者でした。
  • ある日、教室の中には音羽と吉川先生が2人きりで言い争っています。
  • 先生は突き飛ばされ、デスクの角に頭をぶつけて倒れこみました。急に扉を閉めるように指示をする音羽は顔に落書きと言います。繭は、隠そうと提案しロッカーに隠し、授業へ戻りました。
  • 先生が担当する授業にも関わらず来ません。繭は音羽に見に行こうと提案しますが、音羽は隠した部屋は授業中と答えました。先生は、行方不明となりました。
  • 繭はもう1度、「様子を見に行こう」と言いますが音羽は確認してもいなかったと答えました。音羽はとある部屋に入っていくと中には澤木先生が待っていました。そこで2人は抱きしめあいキスをしていました。
  • 時間は0時を過ぎ、音羽から電話がありました。先生がロッカーで死んでいるという内容でした。

全話一覧 次話>