少年/青年漫画

「ハジメテノサツジン」3巻あらすじ・ネタバレ警察の聴取開始

まんが王国で読むことができる「ハジメテノサツジン」の3巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

前回は、音羽に呼び出されて学校に行くところから始まりました。

吉川は亡くなっており、音羽は死体を山に捨てると言います。

最初は拒んだ繭でしたが、生まれてくる姉の子を殺人者の身内にしていいのかと言われ、結局埋める作業を手伝います。

死体を埋めた後、3人は絶対に事件を口外しない約束をしました。

翌日、吉川の行方不明は学校の話題になっています。

探りを入れる為、音羽は大胆にも教師に確認しました。

繭は、音羽に従っていれば上手くいくと自分に言い聞かせ終了します。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

玩具少女 無限絶頂に哭く
青年
連続絶頂
無理やり
ワケアリの少女達と権力者の男子達が集められたとある特殊な学園。その学園では女子生徒は皆、男子生徒の玩具として生活しなければならない。
そんな中「身体は所詮道具でたいした事無い」「むしろ権力者に取り入るチャンス」だと考えたヒロインは自ら志願してこの学園にやってきた。
しかし、最初は余裕ぶって男に身体を差し出していた少女は、容赦の無い連続絶頂地獄を味わい咽び泣きながら後悔するのだった――。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

ハジメテノサツジン3巻あらすじ・ネタバレ

繭は後悔していました。

必死に死んだ先生へ謝罪を繰り返します。

先生を埋めた場所に確認へ行くと、穴が空いているのです。

先生は生きていたと思った繭は喜びます。

振り返った目の前には、死んだ先生の姿が・・・。

思わず悲鳴を上げたら景色が一変します。

繭は教室の椅子から勢いよく転げ落ちました。

すべては繭の見た夢だったのです。

授業が終わり廊下を歩く3人。

音羽は繭に「しっかりして」と怒り、悠はいつもの繭だと話すのでした。




ウワサ

校長室では、職員が校長と吉川先生のことを話していました。

校長は吉川先生の両親に許可を取ったと話し、警察への連絡を決めます。

突然の失踪に、学校内では騒ぎになっていました。

教員たちの会話を聞きながら、繭は今後どうなるのかと2人に質問します。

音羽は、大人が1日消えただけでは問題にならないと答えました。

しかし悠が鞄の件を話し、繭はスマホや携帯を残して人が消えるのは変だと言います。

場面は切り替わり教室になります。

生徒達は、吉川先生と澤木先生が不倫していたとウワサして盛り上がりました。

生徒の1人が、不倫の末に自殺と言い、他の生徒が否定します。

吉川先生ならば、自殺の前に奥さんを殺すだろうと笑いました。

ウワサが飛び交うことに不安を感じた繭が音羽に言うと、音羽はウワサがいいことだと言います。

死体がなければ行方不明として処理され、ウワサが落ち着けば終わりだと言う音羽は、死体を守ろうと言いました。

焦る澤木

再び場面は校長室へ移ります。

校長は澤木先生を呼び出し、吉川先生の行方について質問しました。

疑われているように感じた澤木は必死に言い訳をします。

校長が生徒達の話しているウワサについて聞くと、誤解だと言いました。

自分には1歳の娘がおり、仕事や家庭で不倫をする余裕はありませんと言います。

校長は深く追求せず、澤木先生の話を信じて終了しました。

校長室を出た後、実際は不倫をしていた澤木は焦ります。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

実感

放課後、繭達は先生の様子を見に山へ行くことに決めていました。

繭がすぐに向かうのか聞き、日が落ちた後に向かうと音羽が答えます。

繭と音羽の手にはクレープが握られており、食べかけで飽きた音羽は悠に渡そうとしました。

しかし悠は断わり、繭は感心しつつ、スタイルの良さの秘訣かと思います。

一方で音羽は、悠がお金を使うところを見たことがないと言っていました。

クレープを食べ終わった繭は、手や口周りがベタベタ。

2人の側を離れた繭は、手を洗い2人について考えていました。

2人はたまに微妙な空気になります。

次に浮かぶのは吉川先生のことでした。

手を洗う際、爪に入った土とつぶれたまめで、先生を埋めた事実を実感します。

再会

手を洗い終え、2人の元に戻る繭は声をかけられて立ち止まりました。

声をかけたのは陸という旧友で、久しぶりの再会。

陸は何度か繭をみかけていたものの、繭が友達といて話せなかったと言いました。

話していると、音羽達が繭を探しにやってきます。

陸は音羽達に会釈して、繭に「またラインして」と伝えつつ、去っていきました。

別れた後、音羽が繭に会っていたのが誰か聞きます。

中学の友達だと繭が答えると名前も聞き出し、大声で「陸くん、またね」と言いました。

音羽の様子をみて、音羽に告白されたら皆付き合いそうだと呟きます。

すると悠が、自分達は人殺しだからと言い、それもそうかと繭も納得するのでした。

聴取開始

繭達が話している頃、学校には警察が到着しました。

学校に行ったのは、筋トレ好きの刑事と堤の2人。

筋トレ好きの刑事は、堤が来たことが不思議でした。

質問すると、高校教師が昼間に突然消えたと聞けば気になると答えます。

学校に到着した堤達を迎えたのは澤木でした。

校長室へ案内され、互いに挨拶をかわします。

筋トレ好きの刑事は、野崎という名でした。

通報内容から、事件の聴取が始まります。

一通りの経緯を聞いた後、学校に残っていた吉川の鞄を確認した堤は、スマホがないと気づきます。

少し考え、吉川のまわりでトラブルがなかったか質問しました。

警察の質問に、事件の可能性を心配する校長。

堤は、事件とは限らないと前置きしつつ、鞄以外も確認したいと伝えます。

残された靴と車を確認した後、改めて校長に事件かと確認される堤。

吉川の両親にも事情を聞いてみると言って、学校を去ります。

車に戻った堤は、吉川が生きていればいいけど・・・と呟きました。

死体の確認

堤が学校で話を聞いている時、繭達は吉川を埋めた山に来ていました。

パッと見で掘り返されていないことを確認した繭は、早く帰ろうと提案します。

しかし音羽は聞く耳もたず、埋めた場所へと到着します。

到着して一番に、繭は手を合わせて吉川の冥福を祈りました。

横では音羽が穴を掘ろうとしており、繭が注意します。

音羽は、人がどれくらいで腐るかと呟きながら穴をいじりました。

繭がもう一度注意すると、悠が「繭、帰ろう」と口をはさみます。

繭は同意して、音羽を残し帰路につくのでした。

ライン

家に帰ると、姉は家にいました。

会うなり抱き着く繭に、先に手を洗ってきなと注意する姉。

繭の爪が汚れていることに姉が気づくと、繭は慌てて手を引っ込めるのでした。

部屋に入り、埋めた時にきていたジャージの存在を思い出す繭。

捨てようかと思って手に取ると、虫がでてきました。

悲鳴をあげてひっくり返り嘆きます。

そんなとき、スマホがなりました。

確認すると陸からのラインで、「会えて嬉しかったからまた会おう」という内容です。

どういう意味なのか不思議に思いますが、言葉通りに受け取って「また会おう」と返信しました。

手がかり

堤と野崎は、吉川の自宅へと訪れていました。

両親は、事件の可能性を訴えます。

堤は全力で探しますと言いつつ、部屋を見せてほしいと依頼しました。

部屋を探すと、1枚の写真を見つける堤。

吉川を抱き寄せる澤木というツーショットが写されており、手がかりを見つけたと堤が微笑んだところで終了です。

<前話 全話一覧 次話>

ハジメテノサツジンを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

ハジメテノサツジン3巻を読んだ感想

3巻では、大きく3つの感想がありました。

1つ目は、繭達の様子です。

繭は事件に対して若干の動揺がみられますが、他2人の反応がドライではないでしょうか。

手をかけたのは音羽ですが、1人の人間を埋めたにしては自然な様子に驚きです。

あと、音羽が時折みせる行動や言動が恐い・・・。

山で腐敗の進捗を確認する様子には狂気を感じました。

この先、事が明るみになった際に繭と悠の2人を簡単に切り捨てそうです。

新登場の陸くんに対しても、今後何かやらかすのではと思ってしまいました。

また、クレープのシーンでは音羽と悠がぎくしゃくしている様子があります。

音羽が繭に無茶を言うと悠が間に入って止める場面があったので、そのうち対立するのでしょうか。

2つ目は、澤木です。

ろくでもない男ですね。

前回までにダブル不倫をしていることは発覚しており、これだけでも悪いです。

今回、校長に質問されて1歳の子どもまでいることがわかりました。

澤木が裁かれる姿もぜひ今後描かれてほしいですね。

最後は、本格的に登場した刑事の堤と野崎です。

筋トレマニアの刑事は名前があり、モブでなさそうですね。

日中、忽然と車や靴を残して人が消えたら事件を疑いますが、死んでいることも視野にいれて捜査をしていました。

吉川の部屋では、不倫の証拠となる澤木との2ショット写真を見つけています。

これをきっかけにして、澤木は不利な立場となるでしょう。

その時、澤木ならば自分の身可愛さで音羽のことを話しそうです。

捜査の手が身近に迫っている・・・そう思うと、次の展開が気になりますね。

次回を予想しつつ、待つことにしましょう。

ハジメテノサツジン3巻まとめ

こちらでは3巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ハジメテノサツジン3巻まとめ
  • 繭は死んだ先生の夢を見て悲鳴を上げました。
  • 校長先生は警察への連絡を決めます。教室では生徒たちが吉川先生と澤木先生が不倫していたとウワサして盛り上がっています。
  • 校長は澤木先生を呼び出し、吉川先生の行方について質問しました。澤木は必死に言い訳をし、不倫のウワサについて聞くと、誤解だと言いました。
  • 放課後、先生の様子を見に山へ行くことに決めました。手を洗う際、爪に入った土とつぶれたまめで、先生を埋めた事実を実感します。
  • 手を洗い終え、繭は陸という友達に声をかけられました。繭に「またラインして」と伝えつつ、去っていきました。
  • 学校には警察が到着しました。筋トレ好きの刑事の野崎と堤の2人。通報内容から、事件の聴取が始まります。
  • 繭達は吉川を埋めた山に来ていました。到着して一番に、繭は手を合わせて吉川の冥福を祈りました。
  • 家に帰ると、陸からのラインで「会えて嬉しかったからまた会おう」という内容で繭は「また会おう」と返信しました。
  • 堤と野崎は、吉川の自宅へと訪れていました。吉川を抱き寄せる澤木とのツーショット写真を堤が見つけました。

<前話 全話一覧 次話>