少女/女性漫画

「花嫁未満エスケープ」ネタバレ15話!あらすじ感想。不穏な雰囲気

booklive独占配信の人気コミック「花嫁未満エスケープ」

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?」

こちらでは「花嫁未満エスケープ15話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

花嫁未満エスケープの前回のあらすじ

前回は、ゆう宛に尚紀が送った結婚指輪の詳細が明らかになりました。

2018年10月5日、ゆうの誕生日に結婚指輪を渡してプロポーズしようと思っていた尚紀は、Mellow’sの前で彼女が出てくるのを待っていました。

奇しくも、その日はゆうがMellow’sの店長に昇進した日。

一緒に食事しながら楽しそうに仕事の展望を語るゆうの姿を見て、尚紀はこのままプロポーズしたら彼女の夢を奪ってしまうのではないかという不安に駆られてしまいます。

結局、プロポーズの言葉を口にできなかった尚紀は、「最年少で部長になる」という誓いを果たすために仕事に没頭するようになります。

皮肉なことに、その結果二人の間に溝ができてしまい、尚紀はゆうへの結婚指輪を渡せずに破局を迎えてしまったのでした。

Mellow’sに届けられた結婚指輪を見て、ゆうが全てを思い出していた頃、スマホが尚紀からのメッセージ着信を告げます。

もしもあの日、この指輪を渡せていたら、俺と結婚してくれた……?

尚紀からの最後の別れのメッセージを読んだゆうは、スマホを握りしめたまま涙を流し続けました。

花嫁未満エスケープ15話のあらすじネタバレ

捨てられない思い出

尚紀の結婚指輪を手に取ったゆうは、これをどう扱えば良いのか考えあぐねていました。

ゴミ箱に捨てようと思っても、彼からの贈り物を無下に扱えず、どうしても手が止まってしまいます。

今さらこんなの送ってこられたって困るよ……。
私はどうしたら良いの……?

無人のスタッフルームの中で、ゆうは顔をしかめてひたすら悩み続けていました。

しばらくすると、スタッフルームの扉が開き、資材を抱えた亜衣が室内に入ってきます。

ゆうが指輪の入った小箱を握り締めている事に気づいた亜衣は、今度Mellow’sで新規に展開するアクセサリーのリングが届いたのだと勘違いしました。

ゆうはとっさに苦笑いを浮かべて彼女に話を合わせ、ショッパー(ショッピングバッグ)の中に小箱を入れてその場をごまかします。

結局、終業時間になっても答えを出せなかったゆうは、そのままショッパーごと尚紀の結婚指輪を自宅に持ち帰ることにしました。

上の空のゆう

仕事を終えて家に戻ってきた深見は、キッチンで夕食の支度をしているゆうに「ただいま」の挨拶をかけました。

しかし、ゆうはずっとぼんやり宙を眺めていて、何を話しかけても上の空です。

どうしたんだろう……。
仕事が忙しくて疲れてるのかな……?

不思議に思いながらもリビングルームに向かうと、部屋の片隅に見慣れないショッパーが置かれているのが深見の目に留まります。

その袋の中には指輪を収納した小箱が入っていて、それを見た深見はこの前自分が注文したペアリングがMellow’sに届いたのだと勘違いしました。

そっか……ゆうが困ってるような顔をしてたのはこれのせいか……。
やっぱり、ペアリングはまだちょっと早かったかな……。

深見は頭を掻きながら、彼女に何の相談もせずにペアリングの指輪を購入してしまったことを心の中で反省します。

それからしばらくして、リビングルームのテーブルの上にゆう特製の肉じゃが料理が並びました。

深見はわざと明るく振る舞いながら、出来たてホヤホヤの肉じゃがを口に運びました。

しかし、「美味しい」と言おうとした彼の言葉が途中で止まり、引き攣った笑顔に変わります。

「ふふ……ずいぶんスパイシーな肉じゃがだね……」

「え?」

気になって肉じゃがを一口食べてみたゆうの顔が、にわかに強張ります。

ソースと醤油の調味料を間違えたせいで、思わず吐きそうになるほど奇怪な風味に仕上がっていたのです。

顔面蒼白になったゆうはすぐにテーブル席から立ち上がり、「代わりのおかずを買ってくる」と叫びました。

失敗作の肉じゃがを廃棄し、大慌てで外出着のジャケットを羽織るゆう。

尚紀の結婚指輪の事をずっと考えていたせいで、深見の前で大失態をやらかしてしまった自分の愚かさを恥じずにいられませんでした。

着替えを終えたゆうはショルダーバッグを肩にかけると、その中に例のショッパーを強引に突っ込んで勢いよく家を飛び出します。

私は何を悩んでたんだろう……。
どうせ何も残らないのに、こんなの持っててどうするの……?
「答え」はもう決まってるのに……!

ゆうは夜の街を駆けながら、未練を捨てきれない自分の弱さをひたすら叱責し続けました。

決別の時

近所のコンビニに駆け込んだゆうは、肉じゃが代わりに使えそうなカレールーと栄養ドリンクを一本購入します。

店を出て大きく深呼吸すると、ゆうは栄養ドリンクを一気に飲み干して自分に気合いを入れました。

目の前には、「燃えるゴミ」と書かれた無機質な箱が置かれています。

無言のままショルダーバッグからショッパーを取り出したゆうは、ゆっくりとその手をゴミ箱に向かって伸ばしました。

私は多分、「結婚」がしたかったわけじゃない……。

それに、いつまでも変わらない関係なんて無いことくらい分かってる……。

それでも、もっとお互いのことを見つめ合いながら歩けていたら、尚くんと違う未来を築けたのかもしれない……。

いざ結婚指輪を捨てようとした途端、尚紀と過ごした様々な思い出が脳裏をよぎり、ショッパーを持った手が止まってしまいます。

しばらくその場に立ち尽くしたゆうは大きく首を横に振り、覚悟を決めて再びその手を前に伸ばしました。

きっとこの迷いは、歩いてきた時間があまりにも長すぎて手放すのが惜しいだけ……。

これはもう、誰にも必要ない物なのよ……。

心の中でそうつぶやいたゆうは、尚紀の結婚指輪を静かにゴミ箱に投入しました。

自分の手の中からショッパーが離れた瞬間、何かが終わったような感覚が湧き上がります。

そしてゆうは、二度と後ろを振り返ることなく自宅に向かって歩き出しました。

誰かを大切にするという事

家に戻ったゆうは、カレーを作って食卓に並べます。

迷いを吹っ切ったことで今度はしっかり料理に集中でき、深見も満面の笑顔で「美味い」と絶賛するほどのカレーに仕上がっていました。

深見は買い物から帰ってきたゆうがやけにスッキリしたような顔つきになっている事に気づき、何か考え事でもしていたのかと尋ねます。

「……深見くんが私に気づかせてくれたことがあるの 『自分を大切にして生きる』のがどんなに大切かってこと……」

故郷で約10年ぶりに深見と再会した頃のゆうは、「自分ではない誰か」のためにひたすら生きていました。

家事に精を出し、尚紀のために我慢して尽くすことが、自分の使命だと思っていたのです。

けれども、深見と関わっていくうちに価値観が変わり、尚紀との破局によって自由な人生の素晴らしさを知ることが出来ました。

他人のために無理に自分を捻じ曲げ続けるのは、お互いにとって良くない結果をもたらす。
そう学んだゆうは、深見にはそうなってほしくないと切り出します。

その言葉を聞いた深見は真剣な顔つきに変わり、自分は無理なんかしていないと答えました。

ゆうに何かしてあげるのは、喜んでくれる所を見るのが嬉しいから好きでやっているだけ。

もしもそれがゆうの負担になっているのであれば、これからはもうしないと深見は宣言します。

「だって俺の幸せは、ゆうが幸せであることだから」

深見はニッコリ微笑み、ゆうの手をそっと握り締めました。

お互いが好きな事だけして上手くいく関係なんてあるわけない。

誰かに何かをする時、相手の気持ちを最優先に考えるのは自然なこと。

時には自分を捻じ曲げているように見えるかもしれないけれど、それが「誰かを大切にするという事」だと思う、と深見は持論を語りました。

「ゆうは……?ゆうにとっての幸せって何?」

今まで考えたこともない人生観を唐突に尋ねられたゆうは、答えを見出だせず黙り込んでしまいます。

その姿を見た深見は小さく苦笑。
「せっかくのカレーが冷めちゃうから食べよっか」とつぶやいて、再び卓上のスプーンに手を伸ばしました。

止まらない胸騒ぎ

ある日の朝。
会社に出勤した尚紀は、上司と堀田を交えて3人でエレベーターホールにて談笑しながら、エレベーターの到着を待っていました。

チンッという音と共に到着したエレベーターの扉が開くと、その中から深見が現れます。

互いの目が合った瞬間、尚紀と深見は気まずそうな表情に変わり、無言のまま軽く会釈しました。

「おー!タキ建設の深見くんじゃないか!調子はどうかね?」

上司が気さくに声をかけると、深見はかすかに微笑みながら挨拶を返します。

「はい、順調に進んでいます 何も……問題はありません」

彼らの後ろに立ってそのやり取りを聞いていた堀田には、そのセリフがまるで尚紀への当てつけのように感じられていました。

チラッと視線を尚紀の方に向けると、彼はずっと無言のまま直立していて、後方からではその表情まではうかがい知れません。

上司との簡単な挨拶を済ませた深見がその場から立ち去ろうとした時、それまで沈黙を保っていた尚紀が急に彼を呼び止めました。

「深見さん……オレ……もう全部伝えたので……」

真剣な顔つきでそう告げると、尚紀は静かに踵を返してエレベーターに乗り込みます。

「なんのことですかぁ?」

「別に」

深見は尚紀と堀田のやり取りを横目で見ながら、彼の言い残した言葉を頭の中で反芻していました。

全部伝えた……?
ゆうの事だよな……一体何を伝えたんだ……?

その日の晩。
仕事を終えて自宅に戻っても、深見は尚紀の言葉がずっと胸に引っかかっていました。

気になってゆうのスマホにメッセージを送ってみても、一向に既読マークが付きません。

今日は早番だから夕方には仕事が終わるはずなのに、どうして21時過ぎになっても帰ってこないんだろう……。

ひょっとして、アイツと何かあったんじゃ……?

胸騒ぎを覚えた深見は、彼女を迎えに行くために外出の準備を始めようとしました。

しかし次の瞬間、深見はハッとした表情で固まってしまいます。

俺は今、ゆうのことを疑ったのか……?

これまでずっと「信じる」と言い続けてきたくせに、他人の些末な言動に惑わされて彼女の浮気を想像してしまった自分の弱さに、深見は大きなショックを受けていました。

ちょうどその時、玄関の方からインターホンのチャイムが鳴ります。

玄関の扉を開けると、そこには運送会社の配達員が立っていました。

配達員は「夜分遅くに申し訳ありません」と平謝りしながら、深見宛の荷物を手渡して去っていきました。

てっきりゆうが何か注文していたのだろうと思っていた深見は、小箱に貼られている伝票を見て驚きます。

そこには、この前自分が注文したペアリングの指輪の品名が記載されていたのです。

俺の注文したアクセサリーが今届いたってことは、この前ゆうが持って帰ってきたショッパーの中に入っていた指輪は何だったんだ……?

まさか……!

ゆうが尚紀から指輪を受け取っている光景が思い浮かび、疑心暗鬼に駆られた深見の顔がにわかに凍りついてしまいました。

<前話 全話一覧 次話>
【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

花嫁未満エスケープを無料で読めるか調査した結果

– 無料で読める3ステップ –
31日間無料トライアルを開始

詳しい手順を読む

引用:U-NEXT
公式サイトにて、31日間の無料トライアルを開始します。
まずは簡単な情報を3つの手順で入力していきます。

 

お客様の情報(氏名、メールアドレス、パスワード等)を入力する
支払方法を選択し、情報を入力する
③入力した情報を確認し、送信ボタンをクリックする

 

ここまでの3つの手順が完了すれば、無料トライアルを開始させることができます!
600ポイントの付与を確認

詳しい手順を読む

引用:U-NEXT
登録が完了すると、すぐに600ポイントが付与されます。

 

上記のようにポイントが確認できない場合は、アカウントにログインできていない可能性がありますので、再度登録したアカウントにログインしてみてください。

 

それでも確認ができない場合は、カスタマーセンターより確認を行ってみるのがよいでしょう。
気になった漫画を購入して読む

詳しい手順を読む

引用:U-NEXT
まずは気になる漫画を見つけましょう!

 

ここでは、600円以下の漫画を選ぶことをお勧めします。
そうすることで、貰ったポイントだけでまるまる楽しむことが出来ます。

 

引用:U-NEXT
呪術廻戦の18巻を購入する場合、459円の商品ですので、まるまるポイントのみで購入することが可能です。

 

ポイントを利用して0円で購入」から購入すると、ポイントのみでの購入が完了します。

無料で読める人気作品

男性人気No.1

マイホームヒーロー

 

U-NEXTで読む


無料で試し読み

しがない会社員・何不自由なく幸せに過ごしていた鳥栖哲雄は、ある日娘の彼氏を殺害した。その罪を隠すため、そして家族を守るため、哲雄は半グレとの、果てしない騙し合いに身を投じていく――。

女性人気No.1

明日、私は誰かの…

 

U-NEXTで読む


無料で試し読み

推しと言う名に踊らされ、人生捧げて日々を狂わせ幸せだって思い込み、カレやカノジョやモノやカネ、それこそ正義、ワタシの全てと疑わない。ねぇ、それってなんていうか知ってる?『洗脳』、開幕。
 

 

ランキング上位の作品

 

その着せ替え…

 

1冊無料

 

夏目アラタの…

 

3冊無料

 

終末のハーレム

 

5冊無料

 

終末のワル…

 

1冊無料

 

ザ・ファブル

 

3冊無料

 

呪術廻戦

 

2冊無料

 

東京リベン…

 

2冊無料

 

キングダム

 

2冊無料

 

ハイキュー!!

 

2冊無料

 

僕のヒーロー…

 

2冊無料

 

ブルーロック

 

3冊無料

 

呪術廻戦0

 

無料

 

ワールドトリガー

 

2冊無料

 

鬼滅の刃

 

2冊無料
※毎月還元される1200ポイントを利用することでお得に読めます。
 

 

おすすめのちょいエロ作品

 

秘め妻

 

エロ度80%

 

レンタル妻

 

エロ度80%

 

「夫の部下に…

 

エロ度95%

 

挿入ってるけ…

 

エロ度80%

 

人妻は缶チュ…

 

エロ度90%

 

後輩くんと…

 

エロ度75%

 

木更津くんの…

 

エロ度75%

 

100%の女の…

 

エロ度80%

 

お隣はケダモノ…

 

エロ度70%

U-NEXTってどんな特徴があるの?

詳細を読む
毎⽉もらえる1,200円分のポイントは、最新映画のレンタルやマンガの購⼊に使えます。翌⽉に持ち越すこともできるので、お好きな作品にご利⽤ください。

引用:U-NEXT

詳細を読む
⾒放題のラインアップ数は断トツのNo.1。だから観たい作品を、たっぷり、お得に楽しめます。また、最新作のレンタルもぞくぞく配信。もう、観たい気分を我慢する必要はありません。

引用:U-NEXT

詳細を読む
たとえば1,000円分のマンガを購⼊したり、最新映画をレンタルしたりすると、最⼤400円分がポイントで戻ります。だから、気になる作品がたくさんあっても⼤丈夫。還元されたポイントでお得に楽しめます。

引用:U-NEXT

詳細を読む
最⼤4つのアカウントがつくれるから、家族4⼈の利⽤なら1⼈あたり実質約500円。しかも、視聴のプライバシーが守られるので安⼼です。

引用:U-NEXT

U-NEXTは、漫画だけでなくアニメやドラマ、映画の視聴も可能です!

そのため、全部『U-NEXTで管理する』人が増えているんです!

映画やアニメは見放題サービスで楽しんで、還元されたポイントで漫画を購入するともっとお得です!

今すぐ31日間無料で試してみる

U-NEXTだとこんなにもオトク!

映画やアニメを見るためにVODを登録していて、漫画もよく読んでいるという方は、ダントツでU-NEXTがオススメです。

簡単に図解してみると、このような感じです。

①VOD契約と月々の漫画購入の場合
想定:VOD 約1500円 + 漫画4冊 約2000円
月額:約3,500円
②U‐NEXTを1人で利用する場合
VOD見放題・雑誌読み放題
+毎月1200PT還元
月額:2,189円
③U‐NEXTを4人で利用する場合
VOD見放題・雑誌読み放題
+毎月1200PT還元
月額:約500円(1人当たり)

そしてなんと今なら31日間無料で体験が可能となっています!

\初回限定600ポイントもゲット!!/


今すぐ31日間無料で試してみる

いつ終了してしまうか分かりませんので、無料体験できるうちに是非チェックしてみてくださいね♪

15話を読んだ感想まとめ

ゆうの心の中にわずかに残っていた尚紀への未練によって、深見との生活に予期せぬ亀裂が生じかねない雰囲気が漂ってきましたね。

長年付き合った元カレからいきなり結婚指輪が送られてきたら、誰だって困惑して扱いに困るでしょう。

捨てるに捨てられず、うっかり結婚指輪を自宅まで持ち帰ってしまったゆうの行動にとても共感しました。

自分の中では過去を吹っ切ったつもりでいても、全ての思い出を完璧に捨て去れるほど人間は単純な生き物ではありません。

迷い悩んだ末に尚紀の結婚指輪を破棄する決意を固めたゆうの姿には、清々しさよりも儚さがにじみ出ています。

どこか無理をして強がっているようにも見えて、尚紀と深見との間で揺れている女心の存在を感じました。

そして会社では、尚紀と深見がゆうを巡って口論して以来の再会を果たす気まずい状況に。

尚紀は結婚指輪を手放した事でゆうへの想いを断ち切ったため、「彼女のことをよろしくお願いします」という意味で「全部伝えた」という言葉を残したのでしょう。

けれども、そうとは知らない深見は彼の言葉を曲解して、ますます不信感を抱いてしまったようです。

しかも、ゆうがMellow’sから持って帰ってきた指輪が自分の注文したペアリングではなかった事に気づき、ゆうと尚紀の復縁を警戒し始めています。

これまで聖人のような振る舞いを見せてきた深見が、一人の男として汚い嫉妬心に翻弄される光景は、とても新鮮に映りました。

ゆうと尚紀のとった何気ない言動が、新たな騒動の火種になりそうで怖いですね。

はたして、疑心暗鬼に陥ってしまった深見は、ゆうを信じることが出来るのでしょうか?

第16話の展開も見逃せません!

<前話 全話一覧 次話>

花嫁未満エスケープ15話!まとめ

こちらでは15話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

花嫁未満エスケープ15話のまとめ
  • 終業時間になっても答えを出せなかったゆうは、そのままショッパーごと尚紀の結婚指輪を自宅に持ち帰ることにした。
  • 心の中でそうつぶやいたゆうは、尚紀の結婚指輪を静かにゴミ箱に投入。自分の手の中からショッパーが離れた瞬間、何かが終わったような感覚が湧き上がるのだった。
  • ゆうが尚紀から指輪を受け取っている光景が思い浮かび、疑心暗鬼に駆られた深見の顔がにわかに凍りついていた。