少女/女性漫画

「復讐の皇后」28話あらすじ・ネタバレ・迫り来る足音

『復讐の皇后』の第28話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

狩猟大会の最中、森の中で襲われた皇后を庇い、皇帝は胸に矢傷を追います。

応戦するも敵が多く、必死に逃げるも崖に追い詰められしまいます。

死の淵で、黒幕が愛人・ローズモンドだと聞き出すのに成功する皇后。

一か八か、最早意識のない皇帝と共に、海に逃れるのでした。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

復讐の皇后28話あらすじ・ネタバレ

予兆

護衛騎士・ラファエラは、必死で森の中を捜索していました。

姿の見えない皇后、嫌な予感に呼吸が荒くなっていきます。

そしてさらに、思い出すのです。

狩猟大会が始まる直前、談笑しながらも、体調があまり良くないように見えた皇后。

尋ねれば、皇后宮の外で物音がした気がして、気になって眠れなかったと言います。

侍女・ミルヤは聞こえなかったそうですが、その物音は、護衛騎士も聞いていました。

そう、確かに聞いたのです。

けれど、きっと大会の準備に急いでいる音だと。

耳の良さは狩猟にも役立つなんて、あまりにも楽観的に、片付けてしまったのです。

自分の愚かさに今頃気付いても、どんなに腹がたっても、後の祭りです。

皇后を探しながら、彼女の無事を一心に願うのでした。




偽装と応急処置

皇后は、上着を尖った石でボロボロに裂き、血を吸わせて海に投げ込みました。

皇后は亡くなったと思い込ませ、追跡を諦めてもらう必要がありました。

しかし、すでに追跡されているかもしれません。

急いでこの場を離れようと、未だ目覚めない皇帝に声を掛けますが、気付いてしまいます。

傷口から流れる血の色が、変色していました、毒矢だったのです。

幸い、傷口に刺さった矢は、早々に引き抜いていました。

しかし油断できない状況です、一刻も早く、身体の毒を出してしまわなければ、命に関わるのです。

覚悟を決めた皇后は、皇帝の傷口に口付け、毒を吸い出すのを繰り返します。

しかし一向に、皇帝が目覚める気配はないのでした。

為すべきこと

ふいに、昼間の護衛騎士との会話を思い出します。

狩猟中は毒草で怪我をすることもあるからと、護衛騎士が作ってくれた解毒剤。

とても高価な薬草で作るもので、急いだから少ししか作れなかったと言いながら、馬具に入れてくれた解毒剤。

しかし今、皇后の元にその愛馬はいません。

崖の上に、置いて来てしまったのです。

一瞬死を覚悟するものの、再び立ち上がります。

今、自分の背には自分と、そして皇帝の命がかかっているのです。

動けるのも頼れるのも自分だけ、諦めるわけにはいきませんでした。

よろめく体で皇帝を支え岸辺から離れながら、必死に考え続けます。

海で濡れた体は、低体温症なりかねません。

風がしのげて、暗殺者から見つかりにくい場所に移動する必要がありました。

また、最悪でも48時間以内には、皇宮に戻らなくてはないのです。

皇帝と皇后の不在が続けば、貴族たちがそれぞれに有利な新皇帝を担ぎかねません。

新皇帝を巡る嵐が吹き荒れる前に、何としてでも生きて帰る必要がありました。

第一に考えるべきは、皇帝の命でしょう。

皇帝をひとまず森に隠し、解毒作用のある薬草を探しに行くのでした。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

迫り来る足音

皇后の足元は、酷くフラついていました。

傷口から吸い出した際に、毒を口に含んでしまったせいかもしれません。

力の入らない体で森を進んでいれば、ふいに足音が、蹄の音が、耳に届くではありませんか。

嫌な予感に、全身が凍りつきます。

走るような蹄の音、これは馬か駆ける音です。

もう追手がやってきたのでしょうか。

必死に、森の中を逃げ回ります。

皇帝は?彼はもう捕まってしまったのでしょうか、まだ無事なのでしょうか。

不安だけが、心を支配していくのです。

止まない足音、近付いてくる蹄の音、恐怖に耐えかねて振り返った皇后がみたのは—-。

血に濡れたギロチンの刃、かつての世界で姉と自分の命を奪った死の運命。

咄嗟に言い聞かせます、毒が見せた幻覚だと、ギロチンがここにある訳がないのです。

奇跡的にやり直せた人生を、こんなところで投げだしてしまう訳にはいかないのです。

しかし疎かになった足元に、転んでしまいます。

足音が、もうすぐそこまで来ていました。

ドドドドドドッと響く大地の唸りのような足音が、皇后の鼓膜を、全身を震わせるのです。

起き上がることすら出来ず、迫り来る地鳴りに必死に願います。

死にたくない、と。

気付けば、愛馬・サリーがそこにいました。

聞こえていたのは、サリーが駆けつけてくれていた音だったのです。

無事だった愛馬に安堵の息を漏らしながら!ギュッと抱きつく皇后なのでした。

<前話 全話一覧 次話>

復讐の皇后を無料で読めるか調査した結果

「復讐の皇后」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「復讐の皇后」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

復讐の皇后28話を読んだ感想

皇后の愛馬・サリーが可愛いです。

皇后を見つけて泣いています、随分懐いておりますね。

ならず者たちが律儀に約束を守って、馬を処分しないでいてくれたのでしょうか?

馬の処分より、皇帝の特には皇后の捜索が優先だっただけかもしれません。

おっと!愛馬が来たということは……?

なるほど、これが解毒剤の説明に繋がる訳ですね。

護衛騎士・ラファエラと愛馬・サリー、お手柄です。

自分の前準備が功を奏しているとは知らず、護衛騎士は自分を責め立てるばかりです。

まあ、皇后共々怪しい音に気付いていながら、警戒心の薄さ故に、何でもないと見逃してしまった訳ですから。

物音に気付かなかった方がむしろ、罪悪感は薄くて済んだのかもしれません。

ラファエラが迂闊だったように描かれますが、狩猟大会自体も皇族主催ということもあり、物騒な催しではないのでしょう。

皇帝も皇后も護衛騎士を離していたことから、もしかしたら、騎士たちの気分転換の意味合いもあったのかもしれません。

銃を扱う場であって危険ではありますが、皆の危機意識が、おそらくグッと低かったものと思われます。

ローズは、すかさずそこを突いたのです。

皇后の知性と慎重さが光りました。

慌てるより先に考え続け、偽装工作を行い、さらには皇帝の傷が毒によるものだということにも気付きます。

毒に気付けるか気付かないかで、対処とその効果も随分変わりますから、気が動転しそうな一大事に、よく気付けたなと感服します。

けれど彼女は、皇帝の愛人と戦う決意を固めただけの、元侯爵令嬢に過ぎないのです。

聞こえてくる蹄の音、迫り来るそれに、恐怖し追い立てられていく様が、素敵でした。

彼女は血に滲んだギロチンの幻影を見ます。

彼女は何度だって、心が折れそうになる度に、その幻影を見ます。

彼女が、決意を固めただけの、特別な力なんて無いただの侯爵令嬢なのだと、思い出される感じが好きです。

結局は、姉のため一族のために、無策で運命に立ち向かう女性なのです。

世界を繰り返している利点なんてまるで持たず、いつでも後手に回って終わりは見えなくて。

もしまた世界がクインネスを選ぶ夜に巻き戻ったら、彼女は姉の代わりに皇宮へ出向けるでしょうか。

ここで、頑張る気もするし怯えてしまう気もするのが、ミソかなあと思います。

心が頑丈な訳でも、未来予知ができる訳でもないながら、ひとりの女性が運命と戦っているのだと。

相手の強大さが伝わってきて、素敵だなと思いました。

復讐の皇后28話まとめ

こちらでは28話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

復讐の皇后28話まとめ
  • 護衛騎士・ラファエラは、必死で森の中を捜索しながら、皇后の無事を一心に願うのでした。
  • 皇后は亡くなったと思い込ませる為に上着をボロボロに裂き、血を吸わせて海に投げ込みました。毒矢が刺さった皇帝に応急処置をします。
  • 護衛騎士が作ってくれた解毒剤が馬具にある事を思い出します。しかし、崖の上に置いて来ているので皇帝をひとまず森に隠し、解毒作用のある薬草を探しに行くのでした。
  • 皇后に蹄の音が聞こえます。追手ではなく愛馬・サリーでした。無事だった愛馬にギュッと抱きつく皇后でした。

<前話 全話一覧 次話>