少年/青年漫画

華山転生ネタバレ135話!あらすじ感想!街の噂話

奏のやり直し人生「華山転生」。

転生系と言ったらコレ絵がキレイ

気になっていた「華山転生 135話」を読んだので、展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

華山転生135話のあらすじネタバレ

華山転生 ネタバレ第135話のあらすじをお伝えします。

譚李白を呼び出したのは・・・!?

譚李白の話でもちきりになっていました。

あのドラ息子やりやがった!卑劣なうえに魔道にまで!

いくら邪道川でも超えてはいけないものがあるよな・・・。

 

邪道川主は一体何をしていたんだ?

他でもなく実の息子が魔道に手を出していたというのに、気づかなかったのか?

上天十座の名が泣くな!まったくだ・・・これじゃあ上天九座だろう。

 

街の噂話にも一理ある・・・一理あるということはどういうことだ?

川主はもう我々が思うほど強くないかもしれないということだ。

 

どちらにしろもう後戻りはできない・・・譚李白と組んだ時点でこうなることは覚悟していたはずだ。

 

邪道川主はこれを許すような人間ではない・・・命を奪うしかない・・・殺らねば殺られる!

譚李白か・・・担ぎ上げるのは少し不満だが、他にいないし仕掛けるぞ・・・。

 

そんな会話をしているところに譚李白が現れました。

男たちは、今までの強さも魔道のおかげだったわけだ!

もうその赤い目を隠しもしないとはな・・・どの面下げて出てきたんだ?

 

赤い目をした譚李白は負け犬どもはよく吠えるなぁ!と言います。

まだ自分が小川主だとでも思っているのか?魔道の犬がっ?あきれたもんだ!と言われています。

 

すると譚李白は、どうせ皆殺しだ・・・死ぬ前に好きなだけ言わせておいてやると・・・。

はったりだけは絶対達人並みだな!魔性にのまれて気でも触れたか!




丹田をつぶすという邪道川主・・・!?

そこに悔しさに奥歯をかみしめて、譚っ!李!白!という大きく響き渡る声が聞こえてきました。

 

何百メートルも離れていても、建物がガタガタと揺れてしまうようなパワーです。

譚李白は老いぼれめ・・・憎たらしいほど健在だな!

 

それほどまでに邪道川主は大きな存在なのです。

しかし譚李白はニヤッと笑うと、魔道を発動させました。

 

心臓の鼓動が大きくドクンドクンと鳴り、血液がものすごい勢いで体中をめぐっていきました。

恐れることはない・・・うつむいていた譚李白が、顔を上げると眼球すべてが真っ赤に染まっています。

 

ギンという音とともに眼球の形が変わり、少し浮き出ているようにも見えます。

その様子を見ても邪道川主は、この程度の血気とはな!あきれたわ!あきれ果てたぞ!と言いながら自分の胸をどんどんと叩いています。

 

譚李白の方は、薄ら笑いを浮かべて・・・父に呼ばれれば答えるのが息子の道理・・・はせ参じてやったまで…なぜそのようにお怒りで?と言います。

 

邪道川主はふう・・・と大きなため息をついて、機会をくれてやると言います。

譚李白は何か気づいたように少しうれしそうな表情です。

 

今すぐに丹田をつぶして、すべての武林に詫びろ・・・そうすれば命だけは取らないでやるという邪道川主。

 

眼球を赤く光らせた譚李白は、大声をあげて笑い出しました。

その姿は狂気じみています。

 

邪道川主はがっかりとした様子で、わかったわかったとなだめるように言い、譚李白の所まで飛んでいきました。

 

目の前に飛び降りると、これでいいか?ここで丹田をつぶしてやるよ・・・それとも広場がよかったか?ふざけるのも大概にしろ・・・息子だから見逃してもらえると・・・と話していると譚李白が攻撃を仕掛けてきました。

 

うつけがぁぁぁぁと叫び、こぶしにぐっと力をこめる邪道川主。

そのこぶしは普通ではなく、ヴウウウンと音がして握りしめたところに光が集まっています。

顔は眼球が白くなり・・・指から強い光がまっすぐに譚李白に向かって放たれました。

 

譚李白はそれを受け止められずに、ぐふっ!と口から血を吐き出しました。

怒って荒れ狂っている邪道川主・・・不躾にもほどがある!今日という今日は容赦せんぞ!

この件に関するすべてを吐いてもらう!というのです。

 

譚李白は口から血を吐き出しました。

思い通りに行くと思うなよ?といったものの顔には焦りが見えます。

七星司か?

すると邪道川主の背後の建物に、ビシッと何かが刺さってきました。

邪道川主!と声がして男が斬りかかってきました。

 

邪道川主は、林招権?血迷ったか!と言いましたが・・・林招権はにやりと笑うと死ねぇぃい!と言いながら攻撃を仕掛けました。

 

戦いながら邪道川主は何かを察知しました。

林招権が突き破ったところから、うぉっ!と言いながら何人もの男たちが中に入ってくるようです。

 

そのころ奏は急いでいました。

あの野郎!もう始めやがった!奏はかなり慌てています。

 

これは明らかに背中を押したやつがいる・・・譚李白はただの操り人形にすぎない。

暗天会の狙いは二つだ・・・邪道川主は取り囲まれていました。

 

内乱による邪道川の弱体化と・・・邪道川主の首・・・。

今のこの状況は・・・まさか・・・七星司か!

背後からニヤッと笑う男が・・・。

 

 

華山転生 ネタバレ第135話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

譚李白はやはりただの操り人形でした。

七星司が邪道川を狙っていたようです。

 

<前話 全話一覧 次話>
【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

玩具少女 無限絶頂に哭く
青年
連続絶頂
無理やり
ワケアリの少女達と権力者の男子達が集められたとある特殊な学園。その学園では女子生徒は皆、男子生徒の玩具として生活しなければならない。
そんな中「身体は所詮道具でたいした事無い」「むしろ権力者に取り入るチャンス」だと考えたヒロインは自ら志願してこの学園にやってきた。
しかし、最初は余裕ぶって男に身体を差し出していた少女は、容赦の無い連続絶頂地獄を味わい咽び泣きながら後悔するのだった――。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

華山転生を無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「華山転生」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「華山転生」のような話題のバトル・アクション漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

実質無料で漫画を読む方法

マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...

135話を読んだ感想

華山転生 ネタバレ第135話の感想をお伝えします。

譚李白は、はじめから誰かが加勢してくれると思っていたのでしょうか。

邪道川主には一人ではまだ勝てそうにはありません。

 

奏は間に合うのでしょうか?

また七星司は、もしかしたら譚李白のそばにずっとついていた人でしょうか?

あっという間に、譚李白の怒りを収めていました。

うまくコントロールしていたのかもしれません。

 

魔道も七星司が譚李白に教えたのでしょうか?

譚李白が考えたとは思えないのです。

 

邪道川を弱体化させるためには、親子対決をさせた方がいいと考えた七星司が、譚李白そのままであれば絶対に邪道川主には勝てないと思い、魔道を勧めた。

 

そして自分たちの思い通りに譚李白をコントロールして・・・しかもバックアップもするからと反逆させたのではないでしょうか。

 

邪道川主は譚李白の気持ちに、全く気が付いていなかったのでしょうか?

偉大過ぎる父を持つ息子は大変だったと思います、

跡継ぎとして周りからのプレッシャーもあったと思うので・・・こんなことになってしまったのでしょうか?

 

奏はきっと間に合うと思います。

邪道川主に加勢することになるでしょう。

相手はかなり手ごわそうですが、奏なら大丈夫。

その後の親子関係が心配です。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

華山転生ネタバレ135話!まとめ

「華山転生 135話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると

華山転生 135話のまとめ
  • 譚李白の噂をしている所に譚李白が現れた。
  • 怒って荒れ狂っている邪道川主に対して譚李白は口から血を吐き出した。
  • 七星司が邪道川を狙っていた。

奏は間に合う!?