少女/女性漫画

「お父さん、私この結婚イヤです!」8話あらすじ・ネタバレ・ミハイルの従弟

ピッコマ独占配信の人気コミック「お父さん、私この結婚イヤです!」8話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

前回の7話で、公爵はミハイルから手紙が来たら燃やすようデリックに指示。

ジュベリアンがローズに出した手紙がもとで社交界には新たな流行が生まれました。

なぜかミハイルはジュベリアンに対して怒りを燃やしていて……。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

お父さん、私この結婚イヤです!8話あらすじ・ネタバレ

ボロボロの店に足を運ぶジュベリアン

すべてが面倒だとジュベリアンは険しい表情を浮かべています。

ローズが楽しみにしている以上、プレゼントは適当に選べません。

しかも買い物に出ようとしたところ大勢の騎士を護衛に付けられたのです。

父親である公爵は「護衛を付けなければ外出はダメ」と言いました。

しかしこれでは「騎士」ではなく、騎士団です。

12人もの騎士が、ジュベリアンの護衛をしています。

ひっそりとしていたいのに、思うように行きません。

ある店の前にたどり着きました。

1人の騎士がフレンドリーにジュベリアンに話しかけました。

どう見ても閉店しているようなボロボロの店だったからです。

声を掛けたのは、ゼラルディン卿でした。

従弟の兄であるため普段は敬語を使っていません。

ジュベリアンは、人前ではきちんと敬語を使うよう、注意しました。

すぐ隣には大きな工房があります。

それでもジュベリアンが目指していたのは、ボロボロの工房なのです。




最高の匠、イアン・ピョードル

ジュベリアンは店の扉を開けました。

暗く雑然とした工房の中では、1人の職人がため息をついています。

今は製作できない、と職人は言いました。

よそに行ったほうが、というゼラルディン卿に、ジュベリアンは日傘を預けました。

職人の名前はイアン・ピョードル。

製作を任せたいのです、とジュベリアンは手を差し伸べました。

イアンには、ジュベリアンが天使のように見えています。

「あなただけが、私の望むものを作れる」

理由を聞くイアンに、ジュベリアンは、そう答えます。

まともにものを作れる状態ではないとイアンは断ろうとしました。

しかしジュベリアンは諦めません。

誰よりも素晴らしい作品を作り上げると信じている……。

その言葉にイアンは感動します。

……家業を継ぐというストレスでスランプに陥っているイアン。

しかし6か月後、皇女の成人で、イアンはネックレスを作成。

そのネックレスにより、イアンは社交界でも名立たる匠となります。

有名になって価値が上がる前に人脈を、とジュベリアンは考えていました。

どんなものが欲しいのか聞かれ、ジュベリアンは笑顔を見せます。

美しいカフスボタンを見つけたジュベリアンは……

公爵のもとに「お見合いリスト」が届けられました。

『マクスミリアン』という名前を見つけ、公爵がリストから外すよう指示します。

そこに使用人が現れました。

皇帝陛下から、すぐ入宮するようにという指示が下ったのです。

そんなことも知らないジュベリアンは上機嫌で買い物を続けていました。

製作依頼が済んだため、自分の買い物をしようと考えています。

先日は父親と一緒だったため、ろくに買い物もできなかったのです。

ただし今日は大勢の騎士が一緒。

違う意味で気を遣わなくてはなりません。

ふとジュベリアンは、青くて美しいカフスボタンを見つけました。

父親に似合いそうだとジュベリアンは感じて購入を決めます。

そこに黒髪の男性が近付きます。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

ミハイルの従弟、ラジアンが見たのは……

フロエン公女ではありませんか、と声を掛けてきた男性。

それはミハイルの従弟、ラジアン・ドロイルです。

ゴシップで有名な、社交界のトップとして知られています。

お久しぶりです、とジュベリアンは答えました。

ミハイルと別れたとしても、よそよそしいと寂しい、とラジアンが言います。

手を取るラジアンに対して、ジュベリアンは失礼だと感じました。

しかしゴシップ好きで知られているラジアン。

刺激せず我慢しようとジュベリアンは考えます。

急いでいるので、とジュベリアンは手を振りほどきました。

買い物を済ませたジュベリアンは騎士たちと立ち去ります。

買った品物が何なのかをラジアンは目撃しました。

ミハイルと別れた直後にカフスボタンを買ったことに気付き、ラジアンは目を輝かせています。

もしミハイルがこれを知ったら?

ラジアンは、そう考えてニヤニヤと笑い……。

<前話 全話一覧 次話>

お父さん、私この結婚イヤです!を無料で読めるか調査した結果

「お父さん、私この結婚イヤです!」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「お父さん、私この結婚イヤです!」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

お父さん、私この結婚イヤです!8話を読んだ感想

ローズの誕生日パーティーに招待されているジュベリアン。

プレゼントを探すために、自分で外出しています。

そんなジュベリアンの護衛をするのは、なんと12人もの騎士。

確かにこれでは騎士団ですよね。

やりすぎだとジュベリアンが考えるのも無理はありません。

周囲からも目立っていますし、落ち着かないでしょう。

「ジュベリアンは父親から大切にされている」

そんなふうに考えていましたが、違ったかもしれません。

大切にされているのではなく過保護にされているのかも。

それほど可愛いと考えている可能性もあります。

そんなジュベリアンは、やがて有名になるイアンの店へ。

人生をやりなおしているジュベリアン。

そのため将来有名になるイアンを知っているわけです。

イアンはスランプで落ち込んでいました。

しかしジュベリアンの言葉で自信を取り戻したようです。

そもそもは無名のイアン。

ジュベリアンがプレゼントに使うことで、社交界にブームが。

そこから有名になり皇女のネックレスに、という流れになるのでしょうか。

ジュベリアンが考えている通り、いま親しくなっておけば便利なはず。

未来に何が起こるか知っておくと、かなり便利でしょうね。

ジュベリアンは賢いため、今後の出来事をうまく利用できそうです。

父親に似合いそうなカフスボタンを見つけたジュベリアン。

買い物をしているところに、ミハイルの従弟が現れました。

ミハイルの親戚であるラジアンという人物、かなり嫌な感じです。

美形ではありますが、性格は悪いように感じました。

「別れた直後に他の男に贈り物」

そうラジアンは考えています。

きっとミハイルに告げ口するつもりなのでしょう。

父親へのプレゼントなので何ら問題はありませんが……。

これは面倒なことになりそうですね。

7話のラストで、ミハイルはパーティーに参加すると話していました。

ジュベリアンに会おうと考えているようです。

その時に、この話を知っていたら……。

かなり追い詰められた雰囲気を持っているミハイル。

逆恨みをされそうで怖いと感じます。

もうミハイルのことなどジュベリアンは気に掛けていません。

早死にする危険要素を減らそうと考えているだけ。

穏やかにパーティーが終わるといいですね……。

お父さん、私この結婚イヤです!8話まとめ

こちらでは8話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

お父さん、私この結婚イヤです!8話まとめ
  • ローズのプレゼントを探すために、外出するジュベリアンを護衛するのは、なんと12人もの騎士団でした。ジュベリアンが目指していたのは、ボロボロの工房でした。
  • 工房の中にはイアン・ピョードルという職人がいました。イアンはスランプで落ち込んでいましたが、ジュベリアンの言葉で自信を取り戻します。
  • 上機嫌で買い物を続けるジュベリアンは青くて美しいカフスボタンを見つけ、父親へのプレゼントに購入を決めます。
  • ミハイルの従弟、ラジアン・ドロイルが声を掛けます。父親へのプレゼントと知らないラジアンは、ジュベリアンはミハイルと別れた直後に他の男に贈り物をすると考えます。

<前話 全話一覧 次話>