少年/青年漫画

「御手洗家、炎上する」23話あらすじ・ネタバレ・市原の恩

大人気マンガであるの「御手洗家、炎上する」の23話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話あらすじ

就職活動にいそしむ柚子や家族との接触の様子の無い杏子もすっかり監視下に置き、真希子はもはや怖いものなしです。

御手洗家の食事会でも、それ相応の立ち居振る舞いで治の姉を言い負かします。

一方、御手洗家の家事代行を解雇されていたしずかは、なんと真希子のマネージャーになっていました。

イヤモニでトークイベントの援助をするなど、しずかは敏腕だと噂になるほど徹底的にマネージャー業にはげんでいました。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

玩具少女 無限絶頂に哭く
青年
連続絶頂
無理やり
ワケアリの少女達と権力者の男子達が集められたとある特殊な学園。その学園では女子生徒は皆、男子生徒の玩具として生活しなければならない。
そんな中「身体は所詮道具でたいした事無い」「むしろ権力者に取り入るチャンス」だと考えたヒロインは自ら志願してこの学園にやってきた。
しかし、最初は余裕ぶって男に身体を差し出していた少女は、容赦の無い連続絶頂地獄を味わい咽び泣きながら後悔するのだった――。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

御手洗家、炎上する23話あらすじ・ネタバレ

真二の青春?

大学に行くと、親族との食事会後に撮ったファンと真希子のツーショットに映り込んでいた真二を見つけた同級生から、御手洗真希子の息子だと話しかけられます。

あまりの質問攻めに、真二は小林(真二の男友達)と葛木(真二に好意を寄せる女性)のもとに逃げ込みます。

そんな真二に、小林はそこに新しい出会いがあるかも、と茶化します。

その横で、葛木は真二には先日一緒に学食を食べていた彼女がいるから、と言います。

しかし、真二は彼女ではないと否定します。

大事な子(柚子)だが、相手は自分を利用するためだけに会っていたのかと思うと、真二は落ち込んでしまいます。

小林はハグをして真二を励ましますが、葛木は目を赤らめています。どうしたのかと心配していると、いきなり真二の手をつかみ、周りの人間が真二自身を見ていないことが悔しいと言います。

そして、優しくて一生懸命だが少し抜けているところもある、そんなありのままの真二が本気で好きだと伝えます。

急な展開にとりあえず真二はありがとうとお礼を伝えたものの、なんだか変な空気になってしまいます。

そんな二人を目の前に、小林はさらに戸惑います。




しずかのマネジメント

今日は、真希子のフォトエッセイ出版を祝したパーティーです。

お酒を片手に談笑を楽しむ真希子のもとに、しずかはそろそろ時間だと切り上げを促します。

真希子がうなずき別れの挨拶をしてそそくさと車に戻っているうちに、本日はうちのタレントがお世話になりました、としずかは手土産をもってパーティー会場の人に丁寧にお礼をします。

その様子を見ていたほかのパーティー参加者は、どこであんな素敵なマネージャーを見つけたのかとうらやましがります。

帰りの車中、真希子は酔っているにもかかわらず、後部座席に横になって柚子と杏子の動向をチェックしています。

また前妻の娘の行動をチェックしているのか、と運転席からしずかが声をかけると、真希子はいつまた夫や息子に近づくかわからないから、と未だに注意を怠る様子はありません。

マネージャーであるしずかには、前妻の娘との一見も報告しているようですね。

そして、自分の予想ではどちらかというと妹よりも姉の方が自分に強く恨みを持って行動してくると思っていた、とぼそりとつぶやき、気持ちよさそうに眠りました。

その当の本人であるしずかは、真希子のつぶやきを聞き、不気味な笑顔を浮かべます。

市原の恩

4ヵ月前、父親との話し合いが看護師長の市原にバレたあの日、しずかが父親に振りかざそうとした手を制した市原は、しずかに対して村田杏子さんですね、と確認してきました。

もう言い逃れできない状況です。

覚悟してうなづくと、市原は一直線にしずかの背後に行き、部屋の隅にあったコードのようなものをいじり始めました。

何事かと治としずかが固まっていると、市原はこれは録音式の盗聴器だと説明しました。

驚く治をよそに、市原はこれと同じものが院長室に、また治のスーツにも盗聴器が仕掛けられていることを伝えます。

病院の増設計画を姉弟間だけで進めていることに強い不信感を抱いていた真希子は、市原を使って2年前から盗聴器を仕掛け、市原に録音データを定期的に回収させていたのです。

盗聴器について今まで黙っていたことを詫びると同時に、市原は治の自己都合で火事の捜査が打ち切りになったことに怒りをあらわにし、皐月(しずかの母親)がそんなことをするわけがないだろうと声を荒げます。

いきなりの展開に困惑するしずかに、市原は膝をつき、実は皐月には当時とても世話になっていて恩があるのだと話し始めます。

そして、しずかに当時の防犯カメラの映像を見せてもらった市原は、この映像に映っているのは皐月ではないと断言します。

断言したことに驚いたしずかに、市原は火事当日の話をします。

実は火事が起こった時間帯、市原はうっかり倉庫のカルテ棚をひっくり返してしまったのです。

風邪気味で休んでいた皐月は、それに気づき、家を空けてまで市原のミスを手伝ってくれていたのです。

片付けが終わって外に出ると、すでに家に火が回っていたのです。

そして市原は治の方を向き、なぜ皐月がネットのオフ会にこだわっていたのかを話します。

元来、人に自分の思いを伝えることが苦手だった皐月は、オフ会を重ねるごとに少しずつ自分の言葉を人に伝えられるようになったことに手ごたえを感じていました。

オフ会に参加すれば、先日平手打ちを受けた夫(治)とも自分の言葉で戦えるようになる、と強い意志を持って参加していたのです。

自己都合で火事の捜査を打ち切りにした、という録音データを弱みに、とにかく真希子にこれ以上余計な情報を与えないようにと市原は治を脅します。

そして、しずかに向き直り、なんとしてでも柚子と杏子を守るので、どうか皐月の無実を証明してほしいと懇願します。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

ワンチーム

市原の協力のもと、杏子は福岡にいるという嘘の情報でっち上げました。

また、真希子の意識を自分たちに向けないよう、しずかは真希子にマネージャーになりたいと申し出、真希子を忙しくさせていたのです。

たまにマネージャー業の後に家事代行も頼まれますが、気を利かせた希一が事前に掃除機をかけるなど、しずかをフォローしていました。

一方で、就活の傍ら、柚子は「エリーゼ」(真希子の過去のブログ)のコミュニティをたどり、過去の真希子の情報収集にいそしんでいました。

友達づくりの天才である柚子は、その能力を存分に生かして、おばさま相手に着々とコミュニティをたどっていたのです!

<前話 全話一覧 次話>

御手洗家、炎上するを無料で読めるか調査した結果

「御手洗家、炎上する」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

御手洗家、炎上する23話を読んだ感想

まさか、市原が味方だったとはなんて心強いのでしょう!

あの仕事に厳しそうな市原がダメダメな新人だったころなんて想像できませんね。

だからこそ、当時寄り添ってくれた皐月への感謝が強いのでしょう。

絶望的に思われた展開から、様々な人の助けを得て二人は再び火事の真相へと動き出しました!

さて、今度こそ順調に進んでいくのでしょうか?!

次話も楽しみですね!

御手洗家、炎上する23話まとめ

こちらでは23話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

御手洗家、炎上する23話まとめ
  • 真二は柚子が、彼女ではないと否定し、利用されていたと思うと、落ち込んでしまいます。葛木は、本気で好きだと伝えます。真二はお礼を伝えるが、変な空気になってしまいます。
  • しずかは真希子のパーティーに参加した人に丁寧にお礼をします。帰りの車中の真希子のつぶやきを聞き、しずかは不気味な笑顔を浮かべます。
  • 4ヵ月前、しずかが父親に振りかざそうとした手を制した市原は、盗聴器が仕掛けられていることを伝えます。
  • 市原は、しずかの母親には当時とても世話になっていて恩があるのだと話し始めます。皐月の無実を証明してほしいと懇願します。
  • 市原の協力のもと、杏子の嘘の情報でっち上げ、しずかは真希子にマネージャーになりたいと申し出ます。希一が掃除機をかけるなど、しずかをフォローしていました。
  • 柚子は「エリーゼ」から、過去の真希子の情報収集にいそしんでいました。

<前話 全話一覧 次話>