少年/青年漫画

「もしも、幼馴染を抱いたなら」ネタバレ5話!あらすじ・感想を紹介!茜の嫉妬

広告で人気のコミック「もしも、幼馴染を抱いたなら」。

「続きが気になる!」
「宇田修司はどうなる?!」

こちらでは「もしも、幼馴染を抱いたなら5話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

もしも、幼馴染を抱いたならの前回のあらすじ

前回は、茜を巡って修司と真壁が激しく対立する中、飯嶋社長の発案により、茜の歓迎祝いの飲み会が開催されました。

酒が入ってすっかり暴走モードに突入した飯嶋社長は、異性として修司を意識していないという茜の気持ちを試すために、彼女の前で修司と腕を組んだりキスをしたりとやりたい放題。

さらに王様ゲームまで開始し、茜と真壁に破廉恥な命令を下します。

修司のことが気の毒に思えてきた飯嶋社長は、特大ジョッキに注がれた大量の生ビールを一気飲み出来たらこの命令を取り消すと約束。

修司は茜を守るため、本当に特大ジョッキの生ビールを一気飲みし、そのまま急性アルコール中毒で意識を失ってしまいます。

裸の茜とヤっている夢を見ていた修司が目を覚ました時には、なぜか自宅のベッドの上。

昨晩の記憶が全て飛んでいたものの、時間が経つにつれて、飲み会が終わった後に飯嶋社長にここまで運んでもらったことを思い出しました。

修司、修司の母、茜の母の3人でのんびり食事を楽しんでいると、修司と共に宇田家の寝室に運ばれていた茜がようやく目を覚ましてきます。

スカートが脱げて半裸状態のまま現れた茜の姿を見て、和やかだったリビングルームの空気は一瞬にして凍りついてしまいました。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

玩具少女 無限絶頂に哭く
青年
連続絶頂
無理やり
ワケアリの少女達と権力者の男子達が集められたとある特殊な学園。その学園では女子生徒は皆、男子生徒の玩具として生活しなければならない。
そんな中「身体は所詮道具でたいした事無い」「むしろ権力者に取り入るチャンス」だと考えたヒロインは自ら志願してこの学園にやってきた。
しかし、最初は余裕ぶって男に身体を差し出していた少女は、容赦の無い連続絶頂地獄を味わい咽び泣きながら後悔するのだった――。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

もしも、幼馴染を抱いたなら5話のあらすじネタバレ

夢と現実

茜は眠そうに目をこすりながら、フラフラと皆の前に歩み寄ります。

自分が海野家にいると思い込んでいる茜は、リビングルームに修司や修司の母親もいることに驚き、「こんな朝早くからどうしたの?」とつぶやきました。

しかし、もっと驚いていたのは、彼女の姿を見た3人の方でした。

宇田家の寝室からいきなり半裸の茜が出てきて、一同は完全に言葉を失います。

「茜……あなた……その恰好……」

母親に指さされた茜が何気なく下を向くと、自分の下半身が布切れ一丁であることに気づいて顔が強張ります。

次の瞬間、けたたましい悲鳴を上げた茜が自分の下腹部を抑え、物凄い勢いで部屋の奥に逃げて行きました。

その後、娘を連れて海野家に戻った母親は、制服に着替えて出社の準備を整えた茜に向かって、昨晩修司と本当に何も無かったのかと尋ねます。

素知らぬ顔で母親の質問をかわしつつ、大慌てで会社に向かう茜。

酔っぱらった挙句、宇田家の前で醜態を晒した情けない娘の後ろ姿を見送りながら、母親はわなわなと怒りに震えていました。

一方その頃、修司はメンズ美容院に行って髪形をセットしてもらってからフィットネスクラブに出勤していました。

飯嶋社長に言われた通りに前髪を上げた修司の容姿は、ホスト並の爽やかなイケメン。

しかし、昨晩見た夢のことをずっと引きずっている修司の表情は、どこか不安げです。

仰向けに寝転がっていた自分の上にまたがり、ずっと腰を振っていた全裸の茜。

やけに生々しい映像が頭の中から離れず、あれは夢だったのか現実だったのか、修司はいまだに釈然とせずにいました。




ラストチャンス

受付カウンターの所に立っている飯嶋社長の傍に歩み寄った修司は、昨晩の飲み会で多大な迷惑をかけてしまったことを謝ろうとしました。

すると飯嶋社長はニヤッと笑い、酒の席での出来事は日常生活の中に持ち込まないのがマナーだと指摘します。

修司のヘアースタイルが変わったことに気づいた飯嶋社長は、「もっと早くそうすれば良かったのに」と目をキラキラ輝かせて喜びます。

ちょうどその頃、フィットネスクラブにやって来た平塚が、ダンベル運動をしていた真壁の方に歩み寄ってきました。

やっぱりこうなると思っていたぜ。
俺にゾッコンの女なら、いくら冷たくあしらっても戻って来るに決まってる。

真壁は自分に近づいてくる平塚を見て、得意げに笑いました。

しかし、平塚はそのまま真壁の前を素通りして、フィットネスクラブの受付カウンターに向かいます。

平塚は飯嶋社長に向かって、あと1回残っている真壁の個別指導を修司担当に変更してほしいと依頼しました。

その申し出を快諾した飯嶋社長は、爽やかな笑顔で彼女をカウンセリングルームに案内します。

彼女の後を追って修司がカウンセリングルームに向かおうとすると、飯嶋社長は修司を肘で小突きながら耳打ちしてきます。

「もしもあの会員さんが宇田くんに再登録しなかったら……分かってるわよね……?」

鬼の形相で首を掻っ切るポーズを取る飯嶋社長の姿を見て、修司の顔がにわかに青ざめました。

成長のきざし

カウンセリングルームの長椅子に座って平塚のトレーニングメニューに目を通してみた修司は、彼女が体の部位別に分けてエクササイズを行っていることに気づきます。

スポーツ選手のように筋肉を強化して運動のパフォーマンスを上げたいのであればこのやり方で良いが、美容・健康目的のダイエットなら全身運動に特化した方が効率的だとアドバイスしました。

平塚は修司の話に聞き入りながら、体を近づけて足を触れ合わせてきます。

積極的なアプローチをしてくる平塚の行動に気づいた修司は、思わず頬を赤くしてしまいました。

修司は平塚をT字ポーズでその場に立たせると、彼女の体の肉付きバランスを触診し始めました。

後ろから修司に腰を触られた平塚は、ピクッと体を反応させて甘い声を洩らします。

しっかりシェイプアップされた彼女の肉体は、プロのトレーナーである修司の目から見ても見事な仕上がり。

「今後はこの体型を維持できるように、コア運動を中心にやっていきましょう」と修司は提案しました。

再びトレーニングルームに戻ると、修司は平塚にマットの上で猫のポーズを取らせ、インナーマッスルを刺激する運動を指導し始めました。

ダンベル運動をしながら二人のやり取りを遠くから見ていた真壁は、ちょっと前まで消極的だった修司が堂々と自信を持って指導している姿に感心します。

伸ばした腰をサポートするために修司が平塚のお腹に手を添えると、彼女の胸を触ろうとしているように見えた真壁のアレが反応。

次の瞬間、下ろしたダンベルが彼の股間を直撃し、トレーニングルームに真壁の絶叫が響き渡りました。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

目撃者

今日の仕事を終えた修司がジムから出ると、携帯電話がSNSのメッセージ着信を告げます。

画面を見てみると、それは茜からのメッセージでした。

「話があるので会いたい」と告げられた修司は、画面をタップして返信を送ろうとしました。

ちょうどその時、車道に一台の車が止まり、運転席の窓が開いて平塚が顔を出します。

「今お帰りですか?良かったらお送りしますよ」

初めは遠慮していた修司でしたが、「今日の指導のお礼ですよ」と言われて断りづらくなり、彼女の厚意に甘えることにしました。

二人を乗せた車が緩やかに発進すると、後方から巻きあがった排気ガスが辺りに広がります。

その黒煙が散った先には、無表情の茜が立っていました。

茜は歩道の端に立ったまま、修司を乗せた車をジッと睨みつけていました。

彼女に見られていたことなど知る由もない修司は、車内で平塚とのんきに談笑を交わします。

「これからは宇田先生に個別指導をお願いしようと思います」

修司は平塚の言葉を聞くと、満面の笑みを浮かべて感謝の気持ちを伝えました。

良かった……これでクビにならずに済む……。

修司の胸中に、喜びと安堵感が湧き上がります。

すると平塚は修司に向かって、「お願いがあるんですが、良かったら聞いていただけませんか?」と切り出しました。

すっかり有頂天になっていた修司は、彼女の頼みを二つ返事で快諾します。

最高の有酸素運動

平塚の家に招待された修司は、インテリア取り付け用の釘打ちを代行していました。

ペットの猫を抱きながら、「今まで釘を打ったことがなくて……すみません……」と申し訳なさそうにつぶやく平塚。

修司は梯子に足をかけてニコニコ微笑みながら、「自宅でもよくやっているので気にしないでください」と快く応えます。

振り上げた金槌で釘を叩くと、その音にビックリした飼い猫がいきなり修司に飛びかかりました。

猫に頬を引っ掻かれた修司は、驚きのあまり金槌を落としてそのまま後ろに転倒してしまいます。

梯子から転落した修司は後方に立っていた平塚とぶつかり、同体になって床の上に倒れ込みます。

恐る恐る目を開けると、修司は平塚の上に覆いかぶさるような体勢になっていて、バランスをとるためにとっさに伸ばした手が彼女の胸を鷲掴みにしていました。

驚いた修司が謝りながら離れようとすると、逆に彼女の方からしがみついてきて、唐突に唇を奪われてしまいます。

「俺……そんなつもりじゃ……」

修司が困惑の表情を浮かべると、平塚は潤んだ瞳で見上げながら、「ジムではあんなに触ってくれたじゃないですか……」と甘い声で囁きます。

「もしかして、真壁先生と比べられるのが怖いんですか?」

小悪魔的な笑みを浮かべた平塚に挑発された修司は、真壁の名前を聞いた途端にムッとした表情に変わりました。

お姫様抱っこの体勢で平塚の体を持ち上げると、そのまま彼女の体をベッドに押し倒し、強引に服を脱がせ始めます。

「あんな奴の事なんか、俺が全部忘れさせてあげますよ!」

再登録どころか、再々登録までさせてやる……!

気合を入れた修司は、飯嶋社長直伝のテクニックを駆使して平塚の全身を愛撫します。

二人はベッドの上で激しく腰を振りながら、最高の有酸素運動を満喫し続けました。

脱いだ服の中の携帯電話が、茜からの電話着信を告げていることにも全く気付かない修司。

そのまま二人は強く抱きしめ合いながら、ベッドの上で果ててしまいました。

どこ行ってたの?

平塚の車で自宅のアパートまで送ってもらった修司は、満面の笑顔で手を振りながら彼女にお礼を言います。

「ありがとうだなんて……私の方こそ……」

頬を赤く染めてはにかむ彼女の表情を見れば、今夜の事に満足しているのは一目瞭然でした。

去って行く平塚の車を見送った修司は、茜からSNSのメッセージで呼び出されていたことを思い出し、アパートの階段に足をかけます。

しかし、さっきまで強烈な下半身運動をしていたせいで、彼の足はガクガクになるほど疲労していました。

修司はほとんど上がらなくなった足を強引に引きずりながら、体を鍛えている女性との行為がこれほど凄いものなのかと我が身をもって思い知ります。

手すりにつかまりながら2階に向かうと、海野家のドアがいきなり開いて、中から険しい顔をした茜が出てきました。

茜に睨まれた修司は、彼女のあまりの剣幕にたじろいでしまいます。

「修司……あんた今までどこに行ってたの?」

「え……?」

予想もしていなかった質問を投げかけられた修司は、思わず言葉に詰まってしまいました。

<前話 全話一覧 次話>

もしも、幼馴染を抱いたならを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

5話を読んだ感想

これまで真壁の圧倒的なコミュ力の前になすすべもなく屈してきた修司ですが、その力関係が着実に変化しつつあるようです。

身勝手な真壁に愛想をつかした平塚さんは、とうとう彼を見限って修司に乗り換え。
誠実な性格の修司に指名客が付くのを見ていると、我が事のように嬉しくなりますね。

ヘアースタイルを変えた修司は、イケメンホストっぽい出で立ちになっていてギャップに驚きました。

顔そのものは変わっていないのに、髪を逆立てただけでスーパーサイヤ人みたいな覚醒キャラの貫禄があって惹かれます。

実際、人間のおでこは風水的に運気を受け取る場所だと言われていて、普段からおでこを出す髪型にすると恋愛運や金運がアップしやすいそうです。

人生で思い悩んでいることがある方は、思い切っておでこを出す開放的なヘアースタイルにしてみると良いかもしれませんね。

自分の会員を取られた上に、ダンベルを股間にぶつけてしまった今回の真壁は、完全にかませ担当要員になっていて笑いました。

性根は歪みまくっていますが、トレーナーとして目覚ましい成長を見せる修司の実力を素直に認める一面もあり、真壁は意外と良い奴なのかもしれません。

修司が主人公として活躍を見せる中、対抗キャラの真壁がどれだけ失墜していくのか見ものです。

そして、これまでは茜と真壁の関係に修司が嫉妬する展開が続いてきましたが、今度は修司と平塚さんの関係に茜が嫉妬する流れになってきました。

修司に対して「どこに行ってたの」と尋ねる茜の姿を見ていると、以前茜と真壁がドライブから帰って来た時の光景を思い出します。

あの時と二人の立場が逆転している構図が面白いですね。

なかなか素直になれない二人の微妙な距離感に、ハラハラさせられっぱなしです。

はたして、平塚さんと肉体関係をもってしまった修司は、茜の問いかけに何と答えるつもりなのでしょうか?

二人の恋路がどうなっていくのか、第6話も見逃せません!

<前話 全話一覧 次話>

もしも、幼馴染を抱いたなら5話!まとめ

こちらでは5話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

もしも、幼馴染を抱いたなら5話のまとめ
  • 全裸で腰を振っていた茜の生々しい映像が頭の中から離れず、あれは夢だったのか現実だったのか分からずにいる。
  • 修司が平塚の家に行き、関係を持ってしまう。
  • 修司が自宅へ帰ると、海野家のドアが開き茜が現れどこにいっていたのか問い詰める。