少女/女性漫画

離縁は致しかねます!ネタバレ23話!あらすじ感想!梅の過去

めちゃコミックで大人気コミック「離縁は致しかねます!」

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?」

こちらでは「離縁は致しかねます!23話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

全て話を聞き、本間に不快感をあらわにする千春。
もう関わらないでほしいと思う千春ですが、瀬田は商売人としての意見を話します。

その後、もう居なくならないでほしいと言われ、そのまま一線を越えようとしますが失敗。
しばらくして、パーティーの席で瀬田は巽と会いました。

巽から嫌味を言われつつも、ふたりの幸せを願っていると言われます。
そして同時に忠告も。

瀬田を妬んでいる人がいるから、身の回りに気をつけるように、と。
一方千春の傍で料理を教えていた梅の手には包丁が握られていました。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

離縁は致しかねます!23話のあらすじネタバレ

家族と言うもの

千春は包丁を握ってこちらを見ている梅を、不思議そうに見ていました。
梅は、家族が欲しかったのです。

「家の為に」というのが父親の口癖でした。
梅、静子に縁談の話がある、という話をしています。

するとひとりの男性が、家を継ぐのは長男の自分ではないのかと声を荒げました。
けれど、お前は商売に向いていないと口にする父親。
「優秀な婿を迎えることが家の為になる」といいます。

けれど梅は思っていました。
父の言う守るべき家は、既に破綻している、と。
無関心な母に、跡取りとして失格の烙印を押された兄。

梅は女学校卒業前に顔も知らない男と、結婚することになりました。
結婚した夜、梅の夫となった男は立派な別宅を立てた義理の父に対し、よほど娘が大切なのだろうと話します。

しかし、それは自分の為なんかではなく、見栄の為だと吐き捨てました。
すぐに我に返り、口答えをして申し訳ないと頭を下げました。
いえと言う夫から目を逸らし、跡継ぎを生むことが自分の役割だとわかっていたのです。

けれどこれから行われることに、震えが止まりませんでした。
ポンッと震える手の上に指を置いてきたのは夫です。
「無理を強いる気はない」と笑う夫の顔を、まともに見たのは初めてでした。




心安らげる人

黒い髪の眼鏡をかけた優しそうな男性。
どことなく誰かに雰囲気が似ているその人は、梅の花を見て「一番好きな花だ」と笑いました。

彼もまた、梅と同じく自分の意志でここにいるわけではないと悟るのです。
初夜に梅の花が綺麗だと言った夫…次郎が梅に触れたのはその一度きりでした。

結婚生活が始まり、実家に行けば子供の件や、家の為にという言葉を聞かせられます。
けれど別宅に帰ると、笑顔で次郎が迎えてくれました。
そんな穏やかな日々が梅は好きだったのです。

けれど4年後。
使用人たちの噂話が聞こえます。
次郎が家に随分帰っていない、他の女に入れ込んでいるなどと話していました。

奥様に知れたらと噂話をする使用人たちの襖一枚後ろに、梅はいます。
夫としての役割は放棄したが、次郎は家の商売を大きくしてくれていました。
文句なんてないと思いながら、ある言葉に固まります。

夫の子供

次郎に子供がいる、という話でした。
それは知らなかった、と梅はこっそり次郎の不倫相手の様子を見に来ていたのです。

しかしきたはいいものの、何をしているんだと冷静になり帰ろうとしました。
そんな時「寛志」と呼ぶ声が聞こえます。
次郎の声でした。
梅は声がする家を覗きます。

そこには、子供を抱いて幸せそうに微笑む、次郎の姿がありました。
その光景に、これが家族なのだと思います。
それから少しして、父が病で他界しました。

「お疲れ様です」と声をかけてきた次郎に、いろいろとしてもらったと感謝を述べます。
当然のことですと返した次郎は話があるといってきました。
話は「離縁をしましょう」と言うものです。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

離縁の申し出

子を成さない自分に居場所はないという次郎に、父はあなたに家を託したと伝えました。
けれど家は兄が継ぐべきだと言います。
もうずっと前から考えていたことだという次郎。

別にいる家族の為に言っているのだろうと、思います。
梅は、いやですと答えました。

驚く次郎に背を向け、少し考えさせてくれとその場を後にします。
布を被せられた人に、若旦那まで逝かれるなんてと誰かが口にしました。

この時梅が離縁することに頷いていればよかったと思ったのです。
そうしたら彼は新しい家族のそばで、暮らしていたかもしれないと後悔していました。

<前話 全話一覧 次話>

離縁は致しかねます!を無料で読めるか調査した結果

「離縁は致しかねます!」はめちゃコミック独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「離縁は致しかねます!」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

23話を読んだ感想

梅さんの過去の話でした。
まさか瀬田のお父さんの本妻だったとは…。

衝撃的すぎて言葉がでませんでした。
勝手にずっと独り身だったと思っていたので。
いい所のお嬢さんだったのも驚きです。

あと名前が静子さんだったんですね。
梅と言う名前は偽名なのでしょうか?
もしかして、次郎の好きな花が梅の花だから【梅】なのか。

でも今のところ梅さんが、千春に危害を加える要素はありませんよね。
次郎の離縁の話に頷かなかったことを後悔しているのなら、千春に戻ってくれと言いに来たときのような気持ちのはずです。

逆恨みするような人だとも考えにくいですし。
わかりませんが、私には梅さんが何かを企んでいる風には見えなかったです。
家族に恵まれなかったと話していた梅さん。
自分の実家の事だったのですね。

決して暖かいとは言えない家庭で育ってきた彼女にとって唯一、家族と思えたのが次郎。
けれど、その次郎もよそに家庭を作っていたという何とも悲しい過去でした。
基本的に不倫をする人を庇いたくないのですが、次郎の梅さんに対する優しさは本物だったと感じます。

女として愛してはいなかったかもしれません。
でもきっと次郎の中で、梅さんも家族だったと思いました。
だから逆に、最後まで梅さんに他に家族を作った事実を明かせなかったんだろう、と。
家族に恵まれなかったからこそ、不倫されたなんて事実を知ると梅さんが傷付くと思ったのかもしれません。

あの時代は政略結婚が当たり前の時代でした。
好きな人がいても、家の為にと愛のない結婚を強いられ、それが当たり前だと思われていましたよね。

そんな時代の被害者が次郎と梅さんだったのかもしれません。
けれどそんな中でも、二人の夫婦の間にも愛があったと信じたいです。

最後は悲しい別れでしたが、この別れがきっかけに梅さんがどういう人生を歩んでいくのか楽しみに次回を待ちたいなと思いました。

<前話 全話一覧 次話>

離縁は致しかねます!23話まとめ

こちらでは23話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

離縁は致しかねます23話のまとめ
  • 梅の過去が明かされる…梅は瀬田の父親の本妻だったのだ。
  • 結婚生活が始まり、実家に行けば子供の件や、家の為にという言葉を聞かされる。けれど別宅に帰ると、笑顔で次郎が迎えてくれる。しかし4年後次郎は別に女を作って家に帰らなくなってしまう。
  • 梅が離縁することに頷いていればよかった。そうしたら彼は新しい家族のそばで、暮らしていたかもしれないと後悔しているのだった。