少女/女性漫画

離縁は致しかねます!ネタバレ4話!あらすじ感想!二人の関係性が急接近!

めちゃコミックで大人気コミック「離縁は致しかねます!」

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?」

こちらでは「離縁は致しかねます!4話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

結婚した瀬田と千春。

ふたりは祝言を挙げずに写真のみ撮っていました。

睨む進次郎に瀬田は幸せにすると笑いました。

瀬田の家へ来た初夜。千春は計画を実行にうつすべく待ち構えていましたが瀬田は仕事で忙しいようです。

たまたま瀬田たちにお茶を出しに言った千春は目の前に強面の男がいることに驚きました。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

離縁は致しかねます!4話のあらすじネタバレ

何故縁談を?

強面の男は、瀬田に知らない女がいたと言います。
瀬田は思い出したような表情をしました。

一方部屋に戻った千春はひとり震えながら父の言葉を思い出していました。

良くない職業というのは普通じゃないと言うこと。

なんて人の嫁にと考えていると奥様と呼ぶ声がしました。

隣に座っていた瀬田はお茶のお礼を言ってきたのです。

そして仕事が立て込んでいてすまないと言う謝罪に対して千春は「お構いなく」と返します。

そんな寂しいことを言うなと笑う瀬田に千春はどんな商売をしているのかと訪ねます。

驚く瀬田は自分の事が知りたくなったのかと問いかけ千春は妻として知りたいだけと答えました。

瀬田は建築業や不動産、製鉄工場などを運営しているといいます。

その答えに千春は怪しい職業ではないと少しだけ胸をなでおろしたのもつかの間、瀬田は最後に「表向きは」と付け加えます。

やはりと思っている千春に瀬田が何故縁談を受けたのかと尋ねました。

答えに困る千春に瀬田は続け、気が強い千春がそう簡単に縁談に承諾するとは思わなかったといいます。

そして気が強くはないと、否定する千春をよそに何か企んでいるのかと。

千春は笑いながら、そんなことはない感謝していると言います。

千春の答えに瀬田は、覚悟を持って自分の女になったのかと千春の意志を確認します。

女という言い方に少し引っかかりつつも、千春は一応、はいと返事を返しました。




結婚した覚悟

千春の返事に瀬田はメガネを外しながら「一応メガネは外しておくといいます。」

はてなマークを浮かべる千春に瀬田はまた壊されたら困ると笑顔。

そのまま千春はソファに押し倒されキスをされます。
長いキスに慣れない千春は息の仕方が分からず、されるがままです。

息を荒くしている千春をよそに瀬田は服のボタンを外していきます。

ハッとした千春は「こんな陽の高いうちからすることではない」と抵抗しました。

瀬田は何を処女みたいなことを、と言ったあと千春に経験がないことを理解します。

千春は当たり前だといいます。
千春今まで縁談が上手くいってなかった為に、男性経験が全くないのです。

しかし、その当たり前も変えていかなきゃなと瀬田は笑いました。

千春は、怖いと思い逃げようとしますが、背を向けた時着物を掴まれてしまいます。

そして思い出すのです。

このまま背中を見せれば、千春の考えていた計画が実行できるということを。

そしたら終わりにできると思っていましたが、ふと瀬田の言葉を思い出します。

「ちゃんと幸せにする」と進次郎に言っていた言葉が何故か千春の頭によぎりました。

背中をめくられようとしたとき、千春は何故か瀬田の行動を制止するよう言ったのです。

少しの沈黙の中、全然覚悟してないと瀬田の声が聞こえます。

そんなことはないと否定しながら身体を起こす千春に「しない」といいました。

瀬田は髪をかきあげながら「嫌がる人とするなんて、情けないことはしない」といったのです。

千春は瀬田の進次郎への幸せにすると言った言葉を何故思い出したのか困惑していました。

せっかくのチャンスだったのに、瀬田の言葉に期待してチャンスをつぶしてしまったと後悔しています。

後悔中の千春に瀬田は千春がその気になるまでしないと優しく笑いました。

千春はそんなはしたないことはしないと言えば、瀬田はケラケラ笑うだけ。

着物を整えながら千春は、相変わらず偉そうで強引な人だと思いました。

瀬田は不意打ちで再び千春に軽いキスをします。

驚きながら怒る千春にこれくらいは許してほしいと言う瀬田。

この時の千春は、まだこの頃瀬田が信じられなかったが今なら「私も」だと言えるのにとそう思っていました。

<前話 全話一覧 次話>

離縁は致しかねます!を無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

4話を読んだ感想

やっとじっくりふたりの夫婦での時間を見ることが出来ました。

そして少しだけ瀬田の職業が分かってきましたね。
といっても表向きの方だけですが…。結局あの強面の男の人の正体はわからずじまいでした。

予想通り、簡単に女性を押し倒したりするあたりは瀬田らしかったです。

そうやって他の女性も口説いてきたのかな?なんて思ってしまいました。

怖いから逃げようとする千春の着物を引っ張った時は嫌がっているからやめてという気持ちになりましたが、瀬田はきちんとやめてくれました。

非常識だ、軽薄だと言われるけれど彼は彼なりにきちんと千春のことを考えているのだと感じました。

そして千春の気持ちにも少し変化がありました。

前話で自分の考えた計画を時が来れば実行にうつすと意気込んでいたのにいざ、チャンスが訪れると瀬田の進次郎へいった言葉が思い出され、出来ずじまい。

千春にとって瀬田の大切にする幸せにすると言う言葉はずっと言って欲しかった言葉だったのではないでしょうか。

今まで背中に痣があるからと言うだけで縁談はなくなり、誰かに幸せにするなんて言ってもらえる機会はなかったはずです。

そんな千春にとって「幸せにする」という言葉は特別な言葉になっているのかもしれません。

だから、瀬田に痣を見られて幻滅されることが嫌で思わず止めたのかなと思います。

その気になるまで待つと言った瀬田に千春が「そんなはしたないことしない」と言った時軽く笑い飛ばした場面も瀬田らしいなと感じました。

今回の4話でふたりの距離がぐっと近くなったように思います。
最初の方に千春にたいして、瀬田が奥様と呼んだところが一番のみどころです。

瀬田はおそらくきちんと千春を自分の奥さんとして扱っていてくれているのだと感じられる場面でした。

この4話の最後ふたりの結婚写真で4話は終了するのですが、その写真がもう既にちゃんと夫婦になっていて微笑ましたかったです。

今の私なら…という千春のモノローグを見ると瀬田と心を通わせている様子が想像できます。

瀬田と千春夫婦はまだ形だけです。

けれどふたりがこれから少しずつ、距離が縮まって本当の夫婦になっていく過程が今からとても楽しみで仕方ありません。

<前話 全話一覧 次話>

離縁は致しかねます!4話まとめ

こちらでは4話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

離縁は致しかねます4話のまとめ
  • 強面男に過去の父の言葉を思い出す千春。
  • 瀬田は建築業や不動産、製鉄工場などを運営している。
  • 千春と瀬田の関係性が急接近。