少女/女性漫画

「ワタシってサバサバしてるから」15話あらすじ・ネタバレ本田への逆恨み?

めちゃコミックで大人気コミック「ワタシってサバサバしてるから」

こちらでは「ワタシってサバサバしてるから15話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前話あらすじ

仕事のミスの所在の問題で言い合いになる本田と上司の谷川。

明らかに谷川が悪いミスも、全て本田に擦り付けようと理不尽な物言いで怒鳴りつけています。

対する本田も一歩も引かず、証拠を片手に自分に非がないなら謝らないと主張しています。

谷川をモラハラ野郎と認定している安藤と藤川は、本田を心の中で大応援していました。

そのピリピリした空気を破ったのは、網浜の笑い声とバナナを食べる様子でした。

一気に場が笑いの方向へ傾き、その場は終息します。

その後、廊下を歩いている時に本田の悪口を言う谷川を目撃した網浜は、谷川を使って何やら企みの表情を浮かべるのでした。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

ワタシってサバサバしてるから15話あらすじ・ネタバレ

本田への当たりの強さは逆恨み?

会議室の一室で、営業部と編集部の合同ミーティングが行われていました。

そこには本田麻衣や網浜奈美の他に、営業部の山城達也や鈴木雄太の姿もあります。

ミーティングが終わり、本田は山城の元へ相談をしにいきました。

それを快く山城は引き受け、二人は笑顔で話し合いをしています。

その様子を見て、はらわたが煮えくり返るほど二人を不満そうに見つめていたのは網浜でした。

隙あらば山城にすり寄る女だと本田を睨みつけています。

また、山城の横に座る鈴木はその様子を見て笑いをこぼしていました。

本田は今回起きた写真の入稿ミスの件を謝っていました。

営業部の皆さんにご迷惑をかけたと落ち込んだ様子の本田。

山城は、その話を谷川からも聞いていたようで、自分達の方は大丈夫だから気にしないよう本田に言いました。

山城は腕を組みながら、谷川が本田のことを逆恨みしているのかと心配します。

それに対して、さすがに谷川もプライベートと仕事の分別はつけているはずだと、逆恨みという言葉を慌てて否定しました。

横で聞いていた鈴木は、逆恨みという単語がひっかかりその理由を二人に聞きました。

山城の話によると、谷川は以前本田に迫っていたようです。

ただ本田はそれを相手にしなかったため、そのことを根に持った谷川が本田に辛く当たっている可能性があると山城は指摘しました。




サバサバと評される本田に網浜はご立腹

それを聞いた鈴木は、男のくせに女々しい奴だと怒りながら言いました。

山城は、本田がサバサバしていて本当にかっこいいと、改めて関心したように言いました。

自分に嫌なことをしてきた谷川のことをかばうなんて男よりも男らしいと本田を褒めます。

鈴木もそれに同意し、見た目はキレイ系なのに中身は男っぽいかもねと言いました。

本田は恥ずかしそうに謙遜しますが、その様子を見ていた網浜は怒りを露わにしていました。

本田がサバサバしていると言われていることに納得がいかないからです。

網浜から見れば本田は明らかに男に媚びを売っている女に見えているようです。

本当はねちっこいに決まっていると決めつける網浜は、見ていなさいよと行動を始めました。

向かったのは本田と言い争っていた谷川の元でした。

網浜の嘘にまんまと騙される谷川

一人エレベーターに乗った谷川。

その扉が閉まる直前、それを妨害するように太い足が扉の間に挟まります。

そして、まるでシャイニングのように網浜が扉をこじ開けて入ってきました。

その姿に谷川は恐怖で表情をこわばらせます。

網浜は本田と仲直りしたのかを谷川に問いました。

谷川は少し怒った様子で、そんなことするわけないと答えます。

網浜はニヤリと笑いながら、ここだけの話だと谷川にある話を始めました。

耳元でコソッと本田が谷川のことがお気に入りなのだと伝えます。

谷川は全く信じていない様子で、はぁ?と網浜のその言葉に反応をしました。

それも当然です。気に入っているのなら、昨日あんなにつっかかってきた理由がわからないからです。

しかしそれをわかっていないと言い放つ網浜。

嫌よ嫌よも好きのうち、と指を左右に振りながら説明します。

それを聞いた谷川は表情を変えました。

そうなのか!?とまんざらでも無さそうに答える谷川は、ならそう言ってくれればいいのにと急に態度を180度変えてきました。

網浜はどす黒い表情で、奥手な子なのよと本田の態度をわかってあげてほしいと伝えました。

内心で網浜は、男って本当に馬鹿だと谷川をあざ笑っていました。

<前話 全話一覧 次話>

ワタシってサバサバしてるからを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

ワタシってサバサバしてるから15話感想

営業部との合同会議で自分の責ではないにしてもちゃんと迷惑をかけたことを謝る本田は偉いですね。

本田と山城が話す様子をニヤニヤ見守る鈴木は面白かったです。

そして山城から本田と谷川に何があったのか語られて少し驚きました。

なるほど、昔本田に迫ったことがあったのですね谷川は。

全く相手にされなかったら確かに冷たく当たってしまうかもしれません。

普段からミスを擦り付ける常習犯のようですし、それらも含めて尚更引けない状態での口論だったのですね。

それに対して本田がちゃんと否定していたのが印象良かったですね。

たとえどんな嫌いな相手だったとしても、人として社会人として、そういう所はきっちり分けているはずだと庇えるとは、なんとも心が広いと思います。

山城の言うように本田はかっこいいですね。

鈴木もそれに同意していますし、いざという時は男らしい山城をサバサバと表現するのは当然のことだと思います。

しかし当然、そのやり取りを見ていた網浜は面白くないですよね。

ギリギリと怒りを露わにしている様子があからさますぎて面白かったです。

自分こそが男に媚びないサバサバ女子だと勘違いしている網浜は、あざといと思っている本田がサバサバと評されるのは納得がいかないでしょう。

本当はねちっこいに決まっていると言っていますが、完全に言葉が自分へのブーメランになっていて面白かったです。

ねちっこいのは網浜ですよ。

しかし網浜がいる所で谷川が迫っていた話をしたのは悪手でしたね。

そんなの網浜が利用しないはずありませんから。案の定、谷川にそれを利用して仕掛けに行きました。

エレベーターに無理矢理割り込んでくる網浜の様子はホラーでしかありませんでした。

こんな風に人がエレベーターに乗ってきたら軽くトラウマになりそうな描写でした。

こればっかりは谷川に同情してしまいます。

網浜が何を言うかと思えば、本田が谷川のことを気に入っているとの情報。

以前好意を寄せていた人がそんなことを言っていると分かれば嬉しくなるのは当然でしょう。

しかし、ちょっと考えれば完全におかしいことに気付きそうですが、浅はかな谷川はまんまと網浜の嘘に騙されてしまいました。

好意を寄せているとわかった途端に意見を180度変える谷川は本当にどうしようもないなと思いました。

男ってホント馬鹿という網浜の気持ちだけは今回は同意してしまいます。

網浜に踊らされた谷川が本田にどんな行動をするのか怖いところです。

次回も気になります。

ワタシってサバサバしてるから15話まとめ

こちらでは15話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ワタシってサバサバしてるから15話まとめ
  • 会議室で合同ミーティングが行われており本田は今回起きた写真の入稿ミスの件を謝罪していました。谷川は本田に相手にされなかったことを根に持って辛く当たっている可能性があると山城は指摘しました。
  • 山城は、本田がサバサバしていて本当にかっこいい褒め、鈴木も見た目はキレイ系なのに中身は男っぽいかもねと言いました。その様子を見ていた網浜は谷川の元に向かいました。
  • 一人エレベーターに乗った谷川に網浜が入ってきました。本田が谷川のことがお気に入りなのだと網浜は噓の情報を言います。それを聞いた谷川は急に態度を180度変えてきました。

<前話 全話一覧 次話>