少女/女性漫画

「ワタシってサバサバしてるから」34話あらすじ・ネタバレ・告発した米沢

めちゃコミックで大人気コミック「ワタシってサバサバしてるから」

こちらでは「ワタシってサバサバしてるから34話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話あらすじ

社内の問題点を知る為に立場を伏せていた会長。

窮地の網浜は、自分が千堂は他とは違うことに気付いていたと話し、会社に新しい風をふかせるために自分を会長直属の部下にしたのだと結論づけました。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

ワタシってサバサバしてるから34話あらすじ・ネタバレ

誰が盗用したのかはわかっている

千堂にあなたほど裏のある人はいないと言われた網浜奈美は、怒りを露わにして声を荒げます。

それはどういう意味だと詰め寄る網浜ですが、間島がため息をつきながら説明しました。

木内の企画書の盗用の件だと間島が言うと、網浜はピクッと顔を少し青くしました。

わざわざ説明しなくてもわかるだろうと言われ、網浜は内心焦ります。なぜ網浜自身しか知らないはずの事を知っているのか思考を巡らせますが、その答えは千堂が教えてくれました。

千堂は以前から、木内から企画書について相談を受けていました。

ですから、千堂にはどちらが盗用であるかなど明らかなのです。

企画書を見ればすぐに木内の企画を真似たのだとわかります。

それにぎりぎりとさせ歯を食いしばる網浜は、自分が盗用したという証拠でもあるのかと反論を始めます。

いくら会長だからってひどいと情に訴える作戦に網浜は出ました。




網浜の為に告発した米沢

しかし千堂の表情は相変わらず厳しいままです。

そして米沢が告発してくれたことを告げました。

それに網浜は少しショックを受けている様子です。

経緯としては、米沢は実際に網浜の自信満々な所には憧れていました。

だからこそ、網浜の行動を目撃していた米沢は、そんな行動をしてほしくないと、網浜を考えてその事実を千堂に伝えたのです。

網浜は木内の企画書をコピーしているところをしっかり米沢に目撃されていました。

それを聞いた網浜は反省する様子も無く、内心米沢に対して怒りを露わにします。

まるで般若のような表情です。

頭を抱える網浜に、千堂は淡々と告げました。

網浜の今後の進退や処分については、後日連絡があるとのことで、それまでは自宅謹慎を命じられました。

網浜は無言で会長である千堂を睨みつけました。

スナックで管をまく網浜

夜のスナックで網浜は豪快に酒を飲んでいました。

ジョッキのおかわりを頼む網浜ですが、スナックのママにもう止めるように言われました。

自宅謹慎中なんだから節度を守るように言いたいのでしょう。

しかし網浜は聞く気がありません。

あんな会社こっちから辞めてやると管をまく網浜は、今はもうITの時代だと語り始めました。

それを聞くママは、また始まったとため息をつきながら話を聞いてあげます。

ママは会社を辞めて当てがあるのかと聞きますが、網浜は自信ありげにあると答えました。

善は急げだとスカウトが届くタイプの人材紹介会社に登録すると自信満々に話しています。

自分ならどこだってやっていけるし、他社なら自分を正当に評価してくれるだろうと信じて疑いません。

ママは呆れた様子ではいはいと網浜の話を聞いていました。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

自分を求める会社は他にある

数日が経ち、自宅謹慎が明けた網浜は面談を行っていました。

人事部から一連の処分等も含めた面談のようです。

面談では、盗用の件は会長の恩情もあり、公にはしないと告げられました。

しかし網浜が起こした企画書の件は、会社としても重く受け止めねばいけない事件です。

それによる処分を人事部が告げようとしますが、その前に網浜が口を開きました。

クビを言い渡されるくらいなら辞めてやると、先に自分が辞めることを話し始めたのです。

許可も無しに席を立ちあがり、会社を辞めると網浜は宣言しました。

会場がざわつく中、網浜は許可も出ていないのにその場を後にしようと出口の方へ向かいます。

どうせこの会社にいても会長である千堂の目が光っていれば自身の出世はあり得ません。

自分を求める会社は他にもあると捨て台詞を吐いて、網浜は面談の場を後にしました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

ワタシってサバサバしてるからを無料で読めるか調査した結果

「ワタシってサバサバしてるから」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「ワタシってサバサバしてるから」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

ワタシってサバサバしてるから34話を読んだ感想

やはり自分を否定されるようなことを言われると納得のいかない網浜は、会長であろうが関係なく千堂に物凄い形相で反論していました。

本当に短慮ですね。間島も呆れた様子で見ていて、苦労がよくわかりました。

盗用の件だと言われて、なんでバレたのかと思う網浜ですが、逆に今までのこの状況で、わざわざ会長に直接呼ばれている時点で自身の盗用がバレた可能性に気付かない当たりが本当に察しの悪さを感じさせます。

しかし木内が以前から千堂を頼りにしていてよかったですね。

前から相談を受けていたら網浜が盗用したのはすぐにわかったでしょう。

証拠はあるのかといかにも犯人が言いそうな言葉で言い逃れを始めた網浜ですが、ちゃんと証拠はありました。

しかし米沢が告発をしたとは驚きです。

普通にコピーしているというか一部始終を見られていて網浜の注意力が無いことがよくわかります。

そして米沢は網浜の自信満々なところは本当に憧れていたんですね。

網浜は米沢を恨むんじゃなくて、一部でも自分のことを憧れてくれていたことに感謝をすべきだと思います。

むろん、そのような考えが出来る人間ならここまで性格は歪まないでしょうが仕方ありませんね。

米沢は網浜の為を思って行動しているので、もっとその心遣いを見習ってほしいものです。

とりあえず自宅謹慎をすることになった網浜ですが、全然反省していませんね。

普通に飲みにも来ていますし、ママの言うことをちゃんと聞きなよとも思いますがいつもこうなのでしょう。

ママも半分諦めていますね。

窘めても聞かないから次の会社の当てはあるのかと聞くママですが、自信満々にあると言うのでどんな当てがあるのかと思えば、普通に転職サイトに登録することが当てだったようです。

網浜、それは当てとは言いませんよ。

当然自信満々な網浜ですから、自分はスカウトされまくるだろうと信じて疑っていないようですが、そんなにうまくはいかないと思います。

そして謹慎が明け人事部と行った面談ですが、話も碌に聞かずに辞めると宣言しました。

進退結果もわかったはずなのですが、話を聞こうともせず勝手に立ち上がり捨て台詞を吐いて出て行ってしまいます。

本当に礼儀が無いなと改めて感じました。

網浜がやったことは当然重たい内容で、普通ならクビでもおかしくないわけですが、この件を公にしないのであれば、千堂はちゃんと網浜がやり直す機会を与えてくれていたように思います。

網浜には一切その有難さは響かなかったのが残念ですね。

実際人事部が網浜にどのような判定を下すつもりだったのか気になりますし、網浜は本当に会社を辞めるのか、今後の展開がとても気になります。

ワタシってサバサバしてるから34話まとめ

こちらでは34話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ワタシってサバサバしてるから34話まとめ
  • 間島が木内の企画書の盗用の件だと言うと、網浜は内心焦ります。千堂は以前から、木内から企画書について相談を受けており、どちらが盗用であるかなど明らかでした。
  • しかし、網浜は、自分が盗用したという証拠でもあるのかと反論を始めます。
  • 米沢は、網浜が木内の企画書をコピーしているところを目撃しており、その事実を千堂に伝えたのです。
  • 千堂は、今後の進退や処分が決まるまで網浜に自宅謹慎を命じました。
  • 夜のスナックで、会社を辞めてやると管をまく網浜は、人材紹介会社に登録すると自信満々に話していました。
  • 謹慎が明け人事部と行った面談で辞めると宣言しました。話を聞こうともせず勝手に立ち上がり捨て台詞を吐いて出て行ってしまいます。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法