少年/青年漫画

「セカンド・バースデイ」4話あらすじ・ネタバレ・アドバイス

めちゃコミで読める「セカンド・バースデイ」(4話)のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

前回は、いじめっ子の佐渡とバイト終わりに遭遇したところから始まりました。

固まる勇輝をみて状況を察した佐渡は、さっそく金を要求します。

何も答えない勇輝を気にせず周りを見渡すと、勇輝の職場の人達をあざ笑うのでした。

最後は「またマトになる?」という言葉をきっかけでお金を得て帰っていきます。

うちひしがれている勇輝に室伏が話しかけますが、何もないと言って誤魔化すのでした。

自宅に帰ると、母に学校を休んでいる件が発覚しています。

何をしていると問われた勇輝がバイトと答えると、お金に困っているのかと聞かれました。

物事が上手くいきだした矢先に起きた出来事に、つい「放っておいてくれ」と叫ぶ勇輝。

そのまま部屋へと入り、八つ当たりした自分を責めるのでした。

勇輝が自分を責めていると、ドア越しに母から声がかかります。

大切な家族である勇輝を放ってはおけないと告げ、誕生日プレゼントを置いておくと言うと夜勤へと向かう母。

一人になった勇輝がプレゼントを確認すると、以前母と買い物に行った際に、勇輝が眺めていた腕時計でした。

いつも自分を見てくれている母に感謝しつつ、時計に似合う男になれるのかと思ったところで終了となります。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

玩具少女 無限絶頂に哭く
青年
連続絶頂
無理やり
ワケアリの少女達と権力者の男子達が集められたとある特殊な学園。その学園では女子生徒は皆、男子生徒の玩具として生活しなければならない。
そんな中「身体は所詮道具でたいした事無い」「むしろ権力者に取り入るチャンス」だと考えたヒロインは自ら志願してこの学園にやってきた。
しかし、最初は余裕ぶって男に身体を差し出していた少女は、容赦の無い連続絶頂地獄を味わい咽び泣きながら後悔するのだった――。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

セカンド・バースデイ4話あらすじ・ネタバレ

から元気

結局、勇輝が母に事情を話すことはありませんでした。

出来事の前と変わらずバイトを続けます。

現場に行くと学ぶことがたくさんあり、気が紛れるということも理由でした。

室伏から言われた新しい仕事も、スジがいいと褒めてもらえます。

しかし心の中では、仕事に逃げているだけだと気づいていたのです。

その日は休憩のタイミングで、室伏が話しかけてきました。

開口一番で「大丈夫か?」と尋ねる室伏に、一拍あけて「何がですか」と聞き返す勇輝。

すると、今日の勇輝は元気がありすぎると言われます。

「元気を出しているんです」と言って勇輝が笑うと、室伏は「無理はするな」と言って会話は終わりました。

話がきれると、職場の人達が勇輝に話しかけてきます。

話題は身につけた腕時計で、職場の人達は「似合っている」と言って褒めてくれました。

そう言われた勇輝は、自分には似合っていないと答えます。

そんな様子を、室伏は見ていたのでした。




ピンチと助け

仕事が終わり帰り道、勇輝は室伏に言われた「無理するな」という言葉を思い返します。

無理しているつもりはなかったからです。

考えながら歩く勇輝に、ふと聞き覚えのある声が聞こえました。

視線を上げると目に映るのは佐渡をはじめとしたいじめっ子達です。

佐渡は仲間達に勇輝のバイト先を指さして、彼がここでバイトしていると話しています。

勇輝を目視したいじめっ子達は口々に「久しぶり」と言いながら勇輝に近づきました。

すると、1人のいじめっ子が言います。

まだお前から「賞金」をもらっていない気がする。

勇輝がバイトしていると知っているそのいじめっ子は、「今なら払うよな?」と言って勇輝から金を巻き上げようとしました。

何も言い返せない勇輝が固まっていると、後ろから声が聞こえます。

敷地内は関係者以外、立ち入り禁止。

それは室伏でした。

さすがにまずいことを察した佐渡は仲間達を連れ、去っていきます。

アドバイス

佐渡達が去りホッとした勇輝に、室伏が話しかけました。

友達という雰囲気ではないよなと。

誤魔化せない空気に、勇輝は事情を全て話しました。

話を聞き終わり、「いじめかぁ」と口にだす室伏。

勇輝は、親に迷惑をかけたくないのに、むしろ酷い事まで言ってしまったと後悔を口にします。

そして、自分は逃げてばかりだと言って落ち込みました。

すると室伏は、逃げてもいいじゃないかと言うのです。

それで自分を守れるならと付け加えて。

言葉を聞いた勇輝は「でも」と言って、変わりたいと言いました。

自分の足で立つ強い男になりたいと言ったのです。

勇輝の言葉を聞き、「だったら」と言って、室伏は言いました。

顔をあげろ、逃げないように足を踏ん張れ。

まずは自分を信じろ。

いじめっ子達になめられても関係なく、むしろ油断しているうち懐に入り込んでぶん投げてしまえ。

睨まれても絶対に目をそらさず、正面から睨め返せ。

気づいていないだけで、勇輝は会社に来てから強い男になっている。

告げられる温かい言葉達に、勇輝は涙ぐんでしまうのでした。

室伏は「強い男が泣くな」と言って、ケンカで役に立つ技を教えてやると言い出します。

勇輝が「もしかして室伏は昔いじめっ子だったのでは」と口にすると、「バカ言え」と返ってくるのでした。

しばらく室伏と話した後、勇輝は改めて帰路につきます。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

限界

色々と話を聞いてもらって、少しスッキリした様子の勇輝。

少しずつでも自分が変わっているのであれば、嬉しいと思います。

勢いよく頬を叩くと、気持ちを切り替えるように翌日からの仕事に精を出しました。

仕事を通して、もっと変わることができるように。

もっと強い自分に、もっと自分を信じることができるようにと仕事に励みます。

数日間、勇輝は充実した生活に戻ることができました。

しかし・・・それは再びやってきたのです。

その日、仕事が終わり帰ろうとした勇輝に声がかかりました。

声の主は佐渡達で、お金を貸してほしいという話です。

怯む勇輝でしたが、室伏の「前を向け」という言葉を思い出して勇気を振り絞りました。

君らに渡すお金はもっていない。

初めて、しっかりとノーと伝えた勇輝。

しかし、諦める佐渡達ではありません。

反抗的と言って勇輝を思い切り殴りつけます。

勇輝が苦しい表情でうずくまると、何かに気づいたいじめっ子の一人が勇輝の腕をつかんで持ち上げました。

そこには、腕時計があったのです。

時計を取り上げると、ダサいと言って笑ういじめっ子。

勇輝はいじめっ子の腕をつかみ、返せと反論します。

すると、腕時計に唾をはきだすいじめっ子。

唖然とする勇輝をよそに、いじめっ子達は腕時計キャッチボールのように投げまわしました。

必死に取り返そうと動く勇輝ですが、取り返せません。

腕時計が佐渡の手に渡ると、佐渡は自分の後ろに目をやりました。

そこには、舗装中と書かれた看板があります。

いいことを思いついたとニヤつく佐渡は、舗装中の道路に腕時計を落とし、勢いよく踏みつけました。

その瞬間、勇輝の頭には母の顔が浮かびます。

そして、ついに勇輝の中で我慢の限界がきました。

「・・・さない。」

勇輝の呟きに佐渡は、何か言ったかと聞き返します。

絶対に許さない。

勇輝の叫びと共に、第4話は終了となります。

<前話 全話一覧 次話>

セカンド・バースデイを無料で読めるか調査した結果

「セカンド・バースデイ」はめちゃこみ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「セカンド・バースデイ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

セカンド・バースデイ 4話を読んだ感想

ついにこの時がきたか・・・そう思わせる話になったと思うばかりです。

冒頭から振り返ってみると、母に学校に行っていないことが発覚しても日常は変わりませんでした。

息子にも何か考えがあるという、母の判断だったのかもしれませんね。

職場では、室伏が勇輝の違和感に気づく場面もありました。

無理するなと気を使うシーンや、その後にあった職場の人達が腕時計で盛り上がるシーンからは、勇輝に居場所ができていることを嬉しく思う瞬間です。

だからこそ、似合わないと言った勇輝の言葉は悲しいものがありますね。

バイトが終わると、佐渡が再び登場しました。

前回で終わりだとは思っていませんでしたが、仲間を引き連れてきます。

これは、またお金を巻き上げあれるのか・・・と苦い気持ちで読み進めると、室伏によって九死に一生を得ました。

いい仕事していますね。

事情を話した悠生に対しての室伏の言葉は、とてもよかったです。

まず始めに、逃げてもいいと言いました。

彼自身は逃げなさそうな人物象ですが、逃げることは悪くないと言うところが素敵ですね。

逃げるが勝ちという言葉もありますし、本当にまずい時は逃げるべきだと思います。

勇輝が自分の気持ちを伝えると、「それならば」と激励しました。

室伏は、身近にいてほしい人ナンバー1だと思った瞬間です。

そこから数日は落ち着いてよかったなと思っていたら、最後にやってきました。

また仲間を引き連れた佐渡達です。

でもここで、始めて勇輝が自分の意思を伝えたところがよかったと思います。

やはり確実に、前に進むことができています。

腕時計に唾を吐くし、投げてまわすし・・・いじめっ子達はかなり、人間的に底辺な様子も描かれました。

腕時計が舗装中の道路に踏みつけられた時、ついに勇輝の怒りが爆発します。

次の展開が、非常に気になりますね。

人数差もあるので、普通に考えたら返り討ちにあうのでしょう。

しかし、物語はわかりません。

怒った勇輝がどう行動して、どんな結果が待っているのかを予想しながら、次の話を待ちましょう。

セカンド・バースデイ4話まとめ

こちらでは4話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

セカンド・バースデイ4話まとめ
  • バイト先で室伏が勇輝の違和感に気づき「無理はするな」と言います。職場の人達は勇輝の腕時計を褒めてくれました。
  • 仕事の帰り道、いじめっ子達が勇輝から金を巻き上げようとすると、室伏が現れ、佐渡は仲間達を連れて去っていきます。
  • 勇輝は事情を全て話すと、室伏からアドバイスをもらい少しスッキリした様子。
  • お金を貸してほしいと話をする佐渡達に、初めてしっかり断ると、思い切り殴りつけられました。
  • 佐渡に腕時計を舗装中の道路に踏みつけられ「絶対に許さない」と勇輝の怒りが爆発します。

<前話 全話一覧 次話>