少女/女性漫画

その悪女に気をつけてくださいネタバレ63話!あらすじ感想!二人の関係

ピッコマ独占配信の人気コミック「その悪女に気をつけてください」。

「続きが気になる!」
「メリッサはどうなる?」

こちらでは「その悪女に気をつけてください63話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回までのあらすじ

前回は、ポジェブラト公爵に持ちかけた金鉱開発の話が、ピーコックのスパイをあぶり出すための嘘だったことをメリッサが暴露しました。

状況から判断して、ピーコックの送り込んできた回し者の正体は、ポジェブラト公爵の専属侍女であるベリンダに違いないと一同は推察します。

そんな中、自分一人だけ重要な話を伝えられていない事に気づいたナインは、仲間はずれされていると勘違いしてすっかりいじけてしまいました。

メリッサはナインに謝って機嫌を直させると、ピーコックから大金をむしり取るための本当の作戦を彼に打ち明けます。

それは、ピーコックをもっとイラつかせて、自分を殺そうと仕向けること。

ピーコックがメリッサ暗殺を実行した現場を押さえ、牢屋にぶちこんだ彼から多額の賠償金をせしめるのがメリッサの真の狙いでした。

その計画を完成させるために、ピーコックがどんな毒物を用意するか調べてほしいとお願いするメリッサ。

しかし、それを聞いたナインは何故か怒りの表情を浮かべ、鬼の形相で睨みつけてきました。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

その悪女に気をつけてください63話のネタバレ

ナインの叫び

あまりにも意外なナインの反応を目の当たりにしたメリッサは、思わず言葉に詰まってしまいます。

まさか、怒ってるの……?

険しい表情のナインはメリッサを睨んだまま、毒が入っているお茶を飲んでもしもの事があったらどうするつもりなのかと尋ねてきました。

「ユーリさんの解毒魔法は完璧だから大丈夫よ 毒の種類が分かってればどうってことないし、たとえ分かんなくても彼女の魔法があれば最悪の事態は防げるわ だから私は本当に死のうとしてるわけじゃなくて……」

苦笑いを浮かべながら事細かく説明していたメリッサは、どうして自分はしどろもどろになって言い訳なんかしているのかとひそかに困惑を覚えていました。

すると、急にうつむき出したナインが拳を強く握り締め、振り絞るようにして自分の思いを口にします。

「貴女は……どうして自分を大切に出来ないんですか……?何故いつも自分を危険に晒すのですか……?」

ナインの言葉を聞いたメリッサは、ますます困惑してしまいます。

この世界で私ほど自分を大切にしてる人はなかなかいないと思うわよ……。

今回の作戦だって、ユーリさんの魔法で死なずに済む保証があるから実行するだけ……。

「人に頼り過ぎ」って言われるならまだしも、自分を大切にしてないわけじゃないわ……。

メリッサは心の中で、ナインの主張に反論し続けました。

しかし、普段なら思ったことを何でもはっきり言うメリッサでも、その思いを声にすることがどうしても出来ません。

さらにナインは、悔しそうにうつむいたまま大声を張り上げて自分の気持ちを叫びました。

「どんなに強い人でも事故が起きれば命を落としてしまうかもしれない!まして貴女はただの人間じゃないですか!僕は……無茶をするメリッサ様の姿を見る度に、自分の無力さを痛感するんです……!」

ナインの魂の叫びが響くと、室内は再び静寂に包まれました。




すれ違う想い

ナインの話を黙って聞いていたメリッサは、いつしか氷のように冷たい眼差しで彼の挙動をジッと見つめていました。

どうしてナインがそんなに打ちひしがれてるの……?
私が守らなきゃいけない「弱者」に見えるから……?

「待って、ナイン……」

ひどく冷めた口調で彼の言葉を遮ると、無表情に変わったメリッサがゆっくりと口を開き始めます。

「貴方、自分の立場わかってる……?雇い主である私に貴方を守る責任はあっても、貴方に私を守る義務なんて無いわ」

メリッサは椅子に座っているナインを至近距離から見下ろしながら、自分たちの関係は主人と執事であり、単なる「友達」に過ぎないと断言しました。

恐れていた言葉を突きつけられたナインは、呆然とした表情で固まってしまいます。

「私は自分のやりたいようにやる 自分で蒔いた種くらい自分で刈り取れるからね だから貴方が責任を感じる必要なんて無いのよ」

ナインへの説教を終えたメリッサは小さく溜め息をつき、思わず熱くなってしまったことを心の中で自省しました。

あれこれ考え込まず、もっと主人を信じて気楽に仕事すれば良い。

メリッサがそう告げようとした瞬間、突然ナインが物凄い勢いで椅子から立ち上がりました。

「そうですか、分かりました」

静かな口調でメリッサの忠告に応じたナインは、一つだけ言わせてほしいことがあると切り出します。

「前にも言いましたが、僕はメリッサ様が淹れてくれたお茶なら毒でも飲めます でも……メリッサ様には毒なんて絶対に飲んでほしくないんです……!」

そうつぶやいたナインの両目から、ポロポロと大粒の涙が溢れ出します。

「なぜなら……僕は……僕は……!」

メリッサに何かを打ち明けようとしたナインでしたが、どうしてもその想いを声に出すことが出来ず、急に口をつぐんでしまいました。

黙り込んだナインは無言のままメリッサの横を通り過ぎ、部屋の出入り口の方に向かって歩き始めます。

「すみません……いかなる処分を受けても、僕にはメリッサ様のお願いは聞けそうにありません……」

ナインはその言葉を言い残すと、扉をゆっくり開けて部屋から去っていきました。

これまでどんな無茶苦茶な頼み事をしても、なんだかんだ言って最後には素直に聞き入れてくれたナイン。

そんな彼が本気で怒って自分に反抗してきた光景は、メリッサにとって猫がラップを披露してバック宙するくらいありえない状況でした。

気まずい昼下がり

その翌日。
いつものようにカルティーナと剣術の訓練に明け暮れていたメリッサは、午後の休憩時間に木陰に座り込んで考え事をしていました。

彼女の浮かない表情に気づいたカルティーナは、「最近あの執事さんと何かあったんですか?」と微笑みながらナインの方に目を向けました。

以前なら、一戦交える度に心配そうに駆け寄ってくるのに、今日のナインはメリッサに対してずっと背を向けたまま庭園の隅でうつむいています。

メリッサはガックリと肩を落としながら、昨日喧嘩して以来ずっとあの調子だと嘆きました。

ナインは執事として最低限の仕事をこなすだけで、話しかけてすらこなくなってしまったのです。

カルティーナはクスクス笑いながら、使用人の態度がそんなに気がかりなら解雇すればよいのではないかと提案しました。

そのアイデアを聞いたメリッサは、唖然とした表情で首を横に振ります。

元はと言えばナインは、自分がポジェブラト公爵に頼んで雇ってもらった専属の執事。
春からずっと自分の傍にいるのが当たり前の関係になっていたので、ナインをクビにするという発想はメリッサにとってあり得ない選択肢でした。

カルティーナはそんなメリッサの反応を観察しながら、ニコニコと楽しそうな表情を浮かべています。

厳しい性格に見える彼女ですが、実は意外とゆるい所があり、他愛もない雑談にも好んで付き合ってくれる寛容さを備えていました。

「一体何があったんですか?良かったら聞かせてください」

興味津々の表情で、ドッカリとメリッサの横に座り込むカルティーナ。

他に相談できる相手もいないため、メリッサは昨晩の経緯をかいつまんで彼女に打ち明けることにしました。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

カルティーナの一計

メリッサから一連の経緯を聞かされたカルティーナは、眉をひそめて固まってしまいます。

「あの……お嬢様……もしかして『鈍感』だってよく言われませんか……?」

……鈍感!?

溜め息をつきながらナインに同情する素振りを見せるカルティーナの反応を見て、わけがわからないメリッサはますます混乱してしまいました。

「困ってるのはこっちですよ!察しが良い方ではないですけど、鈍感って私のどこが!?」

カルティーナはメリッサを優しくなだめながら、男女の関係は難しく考えないことが大切だと説きます。

「ナインさんはお嬢様を心配してるんです」

「それは私も分かってますよ!でも私は弱くないし、心配される理由なんてありますか?」

「弱いから心配しているのではなく、強さゆえに無謀な事をするから心配になるんですよ」

「それって怒るような事なんですか?ナインが怒るなんてめったに無いのに」

メリッサと対話していたカルティーナは、ナインの繊細な恋心に全く気づいていない彼女の鈍さに失笑せずにいられませんでした。

このままだと何を言っても無駄ね……。
それなら、直接「見せる」しかないか……。

一計を思いついたカルティーナはすぐに立ち上がり、「時間がもったいない」と言って訓練の続きを促しました。

「さぁ、早く立ってください!ずっと座ってると筋力が衰えますよ!」

「いやいや、先にお喋りを始めたのは師匠の方でしょうが……」

カルティーナの理不尽な物言いにムッとしたメリッサは重い腰を上げると、眉間に青筋を立てて剣を構えました。

「……本気でいきますから」

まるで金の話を聞いた時のヨナのような切り替えの早さを見せるカルティーナに、せめて一泡吹かせてやろうと気合いを入れるメリッサ。

カルティーナはニコッと微笑みながら、メリッサと正対して剣を構えます。

「喜んで……受けて立ちましょう!」

昼下がりの庭園に、二人の剣撃の音が響き渡った所で第63話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

その悪女に気をつけてくださいを無料で読めるか調査した結果

「その悪女に気をつけてください」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「その悪女に気をつけてください」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

63話を読んだ感想

ピーコックから大金を奪い取る作戦を切っ掛けに、何やらメリッサとナインの関係に暗雲が立ち込めてきましたね。

ナインにしてみれば、想いを寄せる主君が自ら毒を飲もうとすれば、それを全力で止めようとするのは当然の成り行きです。

しかし、他人に守られることを極度に嫌う性格のメリッサにしてみれば、過保護なまでの彼の言い分は沽券に関わる侮辱的な発言。

二人の気持ちの些細な齟齬が、このままだと大きな亀裂になりそうで心が痛みます。

考えてみれば、メリッサとナインは見事なまでに性格が真逆のデコボココンビ。

これまでは、そのアンバランスさによって絶妙な関係が保たれていました。

けれども、ミゼン戦での覚醒を切っ掛けに大きく成長したナインは、もはやメリッサの忠実なしもべに甘んじるようなか弱い男ではなくなってしまったのでしょう。

それが結果として二人の関係を破綻させることになってしまうとは、なんとも皮肉な話です。

メリッサがナインとの距離感に頭を抱える中、まさかの人物が二人の関係修復に立ち上がってくれそうですね。

鬼教官カルティーナ先生は色恋沙汰に全く興味が無さそうな人だと思っていましたが、他愛もない雑談に付き合ってくれるほど気さくな女性だったとは意外でした。

しかも、ナインがメリッサに片想いを寄せていることを一発で看破。

カルティーナはメリッサの剣の師匠であると同時に、恋のキューピッドにもなってくれそうで頼もしいですね。

おそらく彼女は、あえてメリッサを全力で窮地に追い込んで、ナインに助けに来させるつもりなのでしょう。

決してお姫様扱いしているわけではなく、大切な人だからこそその身を案じているナインの本心を目の当たりにすれば、鈍感なメリッサでも彼の気持ちを察するはずです。

はたして、ナインの恋心をメリッサに気づかせるカルティーナの作戦は成功するのでしょうか?

第64話の続きの展開が楽しみですね。

<前話 全話一覧 次話>

その悪女に気をつけてください63話!まとめ

こちらでは63話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

その悪女に気をつけてください63話のまとめ
  • 急にうつむき出したナインが拳を強く握り締め、振り絞るようにして自分の思いをメリッサへ明かした。
  • カルティーナは笑いながら、使用人の態度がそんなに気がかりなら解雇すればよいのではないかと提案。しかしナインをクビにするという発想はメリッサにとってあり得ない選択肢。
  • まるで金の話を聞いた時のヨナのような切り替えの早さを見せるカルティーナに、せめて一泡吹かせてやろうと気合いを入れるメリッサ。