少女/女性漫画

その悪女に気をつけてくださいネタバレ91話!あらすじ感想!夏の誓い

ピッコマ独占配信の人気コミック「その悪女に気をつけてください」。

「続きが気になる!」
「メリッサはどうなる?」

こちらでは「その悪女に気をつけてください91話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回までのあらすじ

前回は、魔物戦で半壊したスダバックの街を訪れたメリッサが、領主であるカーベ伯爵に巨額の復興支援金を提供しました。

実際には世評を意識してピーコックからぶん取ったあぶく銭を回しただけでしたが、感動したカーベ伯爵は彼女の善意を称える彫像を建てると言い出し、メリッサをドン引きさせます。

スダバックを出発して王城へ向かう馬車の中、その話題で盛り上がるメリッサとユーリ。

今回の活躍が認められて皇室から大魔術師の称号を授かったユーリは、ロングヘアーをバッサリ切ってショートヘアーになっていました。

男主人公達に翻弄される運命から解き放たれた今、これからはメリッサの力になるために生きると宣言し、まるで人形のようだった原作の彼女とは別人のように明るい笑顔を見せます。

そして、皇太子イアンも魔物戦で名声を得たのを機に、悲願だった皇帝の座に即位。

謁見しに王城へやって来たメリッサを歓迎すると、彼女に「公爵」の地位を授けます。

メリッサ達が飛躍的な社会進出を果たす中、邸の書斎にいたポジェブラト公爵は思いつめたような表情を浮かべ、付き添いの専属侍女・ベリンダにとある悩みを打ち明けていました。

その悪女に気をつけてください91話のネタバレ

ポジェブラト公爵の述懐

薬茶を飲みながらポジェブラト公爵が考えていたのは、ポジェブラト家の跡継ぎになったメリッサの事でした。

健康状態が思わしくないこの体で仕事を続けるのが日に日に困難になってきている現状、いずれは家長の座を誰かに託さなければなりません。

本来なら、長男であるジェイクが次期ポジェブラト公爵になるのが既定路線。

けれども、実際にポジェブラト公爵が後継者として指名したのは、長女のメリッサの方だったのです。

ベリンダはその理由を、淑女教育に失敗してメリッサを嫁の貰い手がないじゃじゃ馬にしてしまった負い目にあると思っていました。

しかし、その考えを聞いたポジェブラト公爵は眉をひそめ、「それは違う」と否定。

そして、自分がメリッサを跡継ぎに決めた本当の経緯を語り始めました。

後継者の条件

今から数日前のこと。
メリッサから談話室に呼び出されたポジェブラト公爵は、お茶を囲みながら彼女と二人きりの対談に臨んでいました。

ポジェブラト公爵が優雅にお茶を飲んでいた時、突然メリッサから「私を次期公爵にしてください」と切り出され、驚きのあまりお茶を吹き出してしまいます。

またいつもの悪ふざけかと思いきや、メリッサの表情はいたって真剣。

ポジェブラト家の後継者になる資格があるのは自分とジェイクだけだけれど、ジェイクは家長になる気が全く無いのだから自分しかいない、と主張します。

「私もちゃんと分かってます……公爵という地位がどれほど重責か……そして、公爵様のお体の具合の事も全部」

今まで秘密にしていた体調不良の事をメリッサに指摘された途端、ポジェブラト公爵は思わずギョッとしてしまいました。

メリッサが父親の異変に気づいたのは、専属侍女・ベリンダの存在が切っ掛け。

すでに邸内には十分な人数の使用人がいるのに、わざわざ薬の扱いに長けた侍女を新たに雇って自分の付き添いにする理由はたった一つしか考えられません。

それは、ポジェブラト公爵の体の具合が悪化してきている何よりの証拠。

だからこそメリッサは、そろそろ父が引退を意識する頃合いだろうと判断してこの話題を切り出したのです。

娘の鋭い観察眼に驚嘆したものの、やはり女性を公爵の座に就かせるのは非現実的だと反論するポジェブラト公爵。

帝国の長い歴史において公爵になった女性が一人もいないわけではないとはいえ、その女性達は「特別」だっただけだと諭します。

「あら……それではお聞きしますが、公爵様……私は『特別』じゃないとでも?」

メリッサは不敵に微笑むと、自分が公爵に相応しいと断言できる7つの根拠を列挙し始めました。

その一、ポジェブラト公爵の実子である事。

その二、壮絶な修練を経て父親以上の剣技を習得した事。

その三、魔王バアルと配下の魔物たちを倒して帝国一の人気を獲得した事。

その四、次期皇帝である皇太子イアンをも振る度胸がある事。

その五、ポジェブラト公爵ですら手懐けられなかったジェイクを手懐けてみせた事。

その六、狼人間種族と対等に話ができる唯一の存在である事。

その七、誰も手に負えなかった大悪党・ピーコックを投獄させた事。

「この私ほどの適任者なんています?」

自信に満ちたメリッサの言葉を聞いて、完全に固まってしまうポジェブラト公爵。

もはや反論のしようがない事を悟り、彼女の主張を素直に受け入れる事にしたのでした。

不器用な父

談話室でメリッサから一連の話を聞かされていた時、ポジェブラト公爵が感じていたのは彼女の「成長」でした。

子供の頃は、寡黙な父を怖がっていつもおどおどして隠れていたメリッサ。

そんな娘とどう接して良いか分からず、仕事を口実にして彼女から逃げていたポジェブラト公爵。

いつか分かり合えると高をくくっていた娘は、いつの間にか自力で爵位を掴み取るほど立派な人間に成長し、もはや自分の手が届かない存在になっていた。

子供を守り、導くべき存在の父として、これ以上の恥はないだろう。

ポジェブラト公爵の述懐を聞いていたベリンダは、悲痛な表情を浮かべずにいられませんでした。

「公爵様……まだ間に合いますよ!早くお元気になって、お嬢様とのご関係を修復すれば良いんです!」

ポジェブラト公爵はベリンダの慰めに対し、力なく相槌を打ちます。

しかし、ポジェブラト公爵には一つの確信がありました。

今さらどれだけ努力しても、我が手を離れたメリッサが自分を父と慕ってくれる事は永遠にないだろうという事を。

ポジェブラト公爵は目を閉じながら、娘としっかり向き合ってこなかった自分の不器用さを心の底から悔い続けました。

ポジェブラト家の変容

王城での爵位授与式を終え、馬車でポジェブラト邸に戻ってきたメリッサ。

いつの間にか雪が降り出していて、邸の屋根や周辺の野山に華麗な雪化粧が施されていました。

玄関ホールに足を踏み入れたメリッサが防寒用のコートを脱ごうとした時、背後から歩み寄ってきた人物がその動きを制止します。

「上着はそのままで結構ですよ、公爵閣下」

振り返ったメリッサの前には、かしこまった態度で柔和に微笑むナインの姿がありました。

「そんな他人行儀な呼称じゃなくて、いつも通りでいいのよ」

「あはは、そうでしたね メリッサ様」

二人で朗らかに笑い合うと、メリッサの冷えた体に温かい気持ちが湧き上がってきます。

公爵の地位が内定してからというもの、メリッサはポジェブラト邸内の人事を自分好みに改造していました。

単なる一使用人に過ぎなかったナインは、正式に公爵補佐官に昇格。
公爵の秘書的な立場になり、以前よりも重要な仕事に携わるようになりました。

メリッサの付き添い侍女だったヨナは、ポジェブラト邸の侍女長に就任。
「仕事が増えるだけだからイヤだ」と本人は渋っていましたが、給料を倍にする条件を提示したら即座に快諾してくれました。

ナインと共に自室に向かい始めたメリッサは、さっきコートを脱ごうとした時どうして止めたのかと彼に尋ねます。

するとナインは、夜風が冷たいからコートを着たままの方が良いと答え、星を見るためにバルコニーに行かないかと提案しました。

思い出の場所

二人で邸のバルコニーに出たメリッサは、夕暮れ空に雪の結晶が舞う幻想的な景観に目を奪われます。

ここは、牙と舌を失って喋れなくなっていたナインに、ユーリ特製の治療薬を渡して彼の傷を治してあげた場所。

ナインはメリッサの傍に寄り添いながら、「ここに来る度にあの時の事を思い出さずにいられません」と懐かしそうにつぶやきます。

何気なくナインの方を振り返ったメリッサは、冷たい夜風から守るようにして立っている彼の姿を見た途端、自分でも驚くような胸のときめきを覚えました。

初めて街で出会った時は、ボロボロの身なりで地面に這いつくばっていたナイン。

数か月前にバルコニーで一緒に夏の星空を見た時も無垢な表情を浮かべていて、メリッサにとって彼は常に庇護欲を掻き立てる弱々しい子犬のような存在でした。

それなのに、いつの間にかナインはガッシリとした長身の体つきになり、自信に満ちた大人の男性の風情を漂わせるまでに成長していたのです。

ナインの新たな一面を目の当たりにしたメリッサは、気恥ずかしさのあまり思わず目を逸らしてしまいました。

「メリッサ様……」

主君の正面に立つと、ナインは真剣な面持ちで一つの質問を投げかけます。

「僕が夏にここで貴女に誓った事を覚えてますか?」

まるで時間が止まったかのような静寂の中、メリッサとナインは神秘的な西日が降り注ぐ互いの顔をジッと見つめ合いました。

<前話 全話一覧 次話>
【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

その悪女に気をつけてくださいを無料で読めるか調査した結果

「その悪女に気をつけてください」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「その悪女に気をつけてください」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

– 無料で読める3ステップ –
31日間無料トライアルを開始

詳しい手順を読む

引用:U-NEXT
公式サイトにて、31日間の無料トライアルを開始します。
まずは簡単な情報を3つの手順で入力していきます。

 

お客様の情報(氏名、メールアドレス、パスワード等)を入力する
支払方法を選択し、情報を入力する
③入力した情報を確認し、送信ボタンをクリックする

 

ここまでの3つの手順が完了すれば、無料トライアルを開始させることができます!
600ポイントの付与を確認

詳しい手順を読む

引用:U-NEXT
登録が完了すると、すぐに600ポイントが付与されます。

 

上記のようにポイントが確認できない場合は、アカウントにログインできていない可能性がありますので、再度登録したアカウントにログインしてみてください。

 

それでも確認ができない場合は、カスタマーセンターより確認を行ってみるのがよいでしょう。
気になった漫画を購入して読む

詳しい手順を読む

引用:U-NEXT
まずは気になる漫画を見つけましょう!

 

ここでは、600円以下の漫画を選ぶことをお勧めします。
そうすることで、貰ったポイントだけでまるまる楽しむことが出来ます。

 

引用:U-NEXT
呪術廻戦の18巻を購入する場合、459円の商品ですので、まるまるポイントのみで購入することが可能です。

 

ポイントを利用して0円で購入」から購入すると、ポイントのみでの購入が完了します。

無料で読める人気作品

男性人気No.1

マイホームヒーロー

 

U-NEXTで読む


無料で試し読み

しがない会社員・何不自由なく幸せに過ごしていた鳥栖哲雄は、ある日娘の彼氏を殺害した。その罪を隠すため、そして家族を守るため、哲雄は半グレとの、果てしない騙し合いに身を投じていく――。

女性人気No.1

明日、私は誰かの…

 

U-NEXTで読む


無料で試し読み

推しと言う名に踊らされ、人生捧げて日々を狂わせ幸せだって思い込み、カレやカノジョやモノやカネ、それこそ正義、ワタシの全てと疑わない。ねぇ、それってなんていうか知ってる?『洗脳』、開幕。
 

 

ランキング上位の作品

 

その着せ替え…

 

1冊無料

 

夏目アラタの…

 

3冊無料

 

終末のハーレム

 

5冊無料

 

終末のワル…

 

1冊無料

 

ザ・ファブル

 

3冊無料

 

呪術廻戦

 

2冊無料

 

東京リベン…

 

2冊無料

 

キングダム

 

2冊無料

 

ハイキュー!!

 

2冊無料

 

僕のヒーロー…

 

2冊無料

 

ブルーロック

 

3冊無料

 

呪術廻戦0

 

無料

 

ワールドトリガー

 

2冊無料

 

鬼滅の刃

 

2冊無料
※毎月還元される1200ポイントを利用することでお得に読めます。
 

 

おすすめのちょいエロ作品

 

秘め妻

 

エロ度80%

 

レンタル妻

 

エロ度80%

 

「夫の部下に…

 

エロ度95%

 

挿入ってるけ…

 

エロ度80%

 

人妻は缶チュ…

 

エロ度90%

 

後輩くんと…

 

エロ度75%

 

木更津くんの…

 

エロ度75%

 

100%の女の…

 

エロ度80%

 

お隣はケダモノ…

 

エロ度70%

U-NEXTってどんな特徴があるの?

詳細を読む
毎⽉もらえる1,200円分のポイントは、最新映画のレンタルやマンガの購⼊に使えます。翌⽉に持ち越すこともできるので、お好きな作品にご利⽤ください。

引用:U-NEXT

詳細を読む
⾒放題のラインアップ数は断トツのNo.1。だから観たい作品を、たっぷり、お得に楽しめます。また、最新作のレンタルもぞくぞく配信。もう、観たい気分を我慢する必要はありません。

引用:U-NEXT

詳細を読む
たとえば1,000円分のマンガを購⼊したり、最新映画をレンタルしたりすると、最⼤400円分がポイントで戻ります。だから、気になる作品がたくさんあっても⼤丈夫。還元されたポイントでお得に楽しめます。

引用:U-NEXT

詳細を読む
最⼤4つのアカウントがつくれるから、家族4⼈の利⽤なら1⼈あたり実質約500円。しかも、視聴のプライバシーが守られるので安⼼です。

引用:U-NEXT

U-NEXTは、漫画だけでなくアニメやドラマ、映画の視聴も可能です!

そのため、全部『U-NEXTで管理する』人が増えているんです!

映画やアニメは見放題サービスで楽しんで、還元されたポイントで漫画を購入するともっとお得です!

今すぐ31日間無料で試してみる

U-NEXTだとこんなにもオトク!

映画やアニメを見るためにVODを登録していて、漫画もよく読んでいるという方は、ダントツでU-NEXTがオススメです。

簡単に図解してみると、このような感じです。

①VOD契約と月々の漫画購入の場合
想定:VOD 約1500円 + 漫画4冊 約2000円
月額:約3,500円
②U‐NEXTを1人で利用する場合
VOD見放題・雑誌読み放題
+毎月1200PT還元
月額:2,189円
③U‐NEXTを4人で利用する場合
VOD見放題・雑誌読み放題
+毎月1200PT還元
月額:約500円(1人当たり)

そしてなんと今なら31日間無料で体験が可能となっています!

\初回限定600ポイントもゲット!!/


今すぐ31日間無料で試してみる

いつ終了してしまうか分かりませんので、無料体験できるうちに是非チェックしてみてくださいね♪

91話を読んだ感想

今回は、メリッサを巡る人間模様に胸を打たれるエピソードでしたね。

前回のラストで物憂げな表情をしていたポジェブラト公爵が何を語るのかと思ったら、予想以上にシリアスな内容で驚きました。

娘をずっとニグレクトしていた厳格なポジェブラト公爵は、本来のメリッサを悪女化させた張本人に他なりません。

跡継ぎになる素養がないメリッサを見限っていた冷血漢なのかと思いきや、実際には彼女との関わり方に悩み続けていたとは何とも切ない話ですね。

父の愛を求めていたメリッサと、娘に愛を伝えられなかった公爵。

もっとこの父娘の間に信頼関係があれば、本来のメリッサが孤独感に苛まれてイアン達とのいざこざを起こす事もなかったはず。

ヒロインとして神にコントロールされていたユーリ同様、彼もまた公爵という肩書きに縛られていた運命の奴隷であり、メリッサの成長によって罪過から解放された人物なのかもしれませんね。

メリッサが正式に公爵となり、使用人たちの配置転換が進む中、補佐官の座に就いたナインが彼女と共にやって来たのは邸のバルコニー。

失った牙と舌を治してもらい、永遠の忠誠を誓ったこの場所で二人が語り合うシチュエーションが、実にロマンティックで胸が震えました。

時が移りゆく中でいろいろなものが変わっていきましたが、何があっても変わらないのが真実の愛です。

メリッサがこの世界で過ごしてきたこれまでの日々は、この瞬間に辿り着くためにあったのかもしれませんね。

そして次回の92話は遂に、「その悪女に気をつけてください」の最終回!

思い出のバルコニーで自分の想いを告白するナインに対し、はたしてメリッサはどんな答えを伝えるのでしょうか?

感動のラストをお見逃しなく!

<前話 全話一覧 次話>

その悪女に気をつけてください91話!まとめ

こちらでは91話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

その悪女に気をつけてください91話のまとめ
  • 自信に満ちたメリッサの7つの言葉を聞いて、完全に固まってしまうポジェブラト公爵。もはや反論のしようがない事を悟り、彼女の主張を素直に受け入れ後継者へ指名したのだった。
  • 爵の地位が内定してからというもの、メリッサはポジェブラト邸内の人事を自分好みに改造。単なる一使用人に過ぎなかったナインは、正式に公爵補佐官に昇格。
  • ナインは真剣な面持ちで一つの質問を投げかける。まるで時間が止まったかのような静寂の中、メリッサとナインは神秘的な西日が降り注ぐ互いの顔をジッと見つめ合うのだった。