少女/女性漫画

「捨てられた皇妃」ネタバレ53話!あらすじ感想!パニックを起こしたティアが倒れ…

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは53話の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

捨てられた皇妃53話のあらすじネタバレ

前回の52話で、ティアは皇太子に料理を振舞いました。

不思議そうな顔をする皇太子が怖くてティアは食事も喉を通りません。

食後にお茶をしていると、皇太子はしきりに「婚約者」という言葉を使います。

突然の馴れ馴れしさにティアは困惑しました。

 

2人きりになると、なぜこんな配慮ができるのか、と皇太子は声を荒げます。

完璧に準備したつもりのティアは驚きます。

しかし良く考えてみれば食事に対する配慮には機密事項が含まれていて…。

神から聞いた言葉を思い出すティア

本来、皇族の食生活についての事柄は、最側近のみが知る機密事項なのです。

そのためティアは前回の人生で、皇太子をよく観察していました。

何を好むのか、支障のない範囲で料理長に教えていたことすらあったのです。

 

そうすれば自分の存在に気付いてもらえるのではないか。

ティアは当時そう考えていたのでした。

抜け出したいと言いながらも当時と同じことをしていたのです。

その事実に気付き、ティアは自分でも驚きます。

 

皇太子はティアを掴み「最後に聞く」と言いました。

それほどまでに皇太子を知りながら、なぜ自分を避けるのか、と言うのです。

正妃に迎えるという申し出が拒まれた理由が皇太子には分かりません。

ティアは神に選ばれた自分の伴侶で、拒む理由はないと言うのです。

さらに皇太子は、それがティアの運命だとも告げました。

 

「ファートゥム」、神から聞いた言葉をティアは思い出します。

 

家業を継ぐためだけに「皇太子の妻」の座を捨てるのかと皇太子は聞きました。

その表情や言葉に、ティアは過去の出来事を思い出します。

 

皇太子妃ともなれば、その子が帝国の後継ぎとなる可能性もあるのだと皇太子は言います。

しかしティアは前回の人生で、「ティアの子を後継ぎにする気はない」と言われていました。

 

当時、ひどい言葉ばかり投げつけられていたティア。

愛情を返してもらうこともなく孤独な日々でした。

子も皇太子と美優のために流産し、あげくは父親まで殺されたのです。

 

過去を思い出し、ティアは震えています。

皇太子は顔を上げるように言い、ティアに手を伸ばしました。




パニックを起こしたティアが倒れ…

ティアは倒れ、そのまま眠りにつきました。

皇太子もカルセインも、浮かない表情で座っています。

 

ようやくティアが目を覚ましました。

しかし「ティアの様子がおかしい」ということに皇太子が気付きます。

 

ティアが周囲の声に反応しないのです。

皇宮医は「何らかの原因で精神的障害を受け話せないようだ」と説明しました。

モニーク侯爵に急ぎの便りを送ると皇太子は言います。

侯爵が来るまでは休ませて様子を見ようと考えています。

 

ハレンは、そろそろ出発の時間だと皇太子に声を掛けました。

しかし皇太子は、こんな婚約者を置いて出発するわけにはいかないと言います。

このままでは公務に支障が出てしまう可能性があります。

それでも皇太子は、侯爵が来るまでの2日間は、ここにいると言うのです。

若草色の便箋が…

皇太子は、叫んだティアの様子を思い出しています。

振れただけで悲鳴を上げるほどに自分が嫌いなのかと皇太子は考えていました。

どうしても理由が分からないままです。

そんな皇太子に、ハレンは少し休んだほうが良いと言いました。

そのとき、よろけて手をついた皇太子が、若草色の便箋に目を留めて…。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

53話を読んだ感想

運命から逃れようと必死なティア。

皇太子の機嫌を損ねないように、とするあまりに失敗してしまいました。

そんなティアに皇太子は理由を聞いています。

 

それにしても前回での人生のティアは哀れです。

そんなにまでして皇太子に尽くしていたのですね。

 

ティアは過去を思い出してパニックになり倒れてしまいました。

熱があったようです。

 

歓声を聞いてめまいがしたこと。

ぼうっとしていたこと。

それらは体調不良も影響していたのでしょう。

 

ティアはもともと体が丈夫ではありません。

これまでにも何度も倒れています。

 

ティアは目を覚ましたものの周囲の呼びかけに無反応です。

どうしてしまったのでしょうか。

皇宮医によると「精神傷害を受けたことにより話せない」とのことでした。

そこまで皇太子が怖かったのでしょう。

 

困った事態になりましたね。

皇太子はモニーク侯爵を呼んでくれたようです。

しかし到着までには2日は掛かります。

さらに、侯爵が来てもティアが元に戻るかは不明です。

 

皇太子は「侯爵が来るまでは残る」とのこと。

しかし、皇太子が恐怖の原因ですよね。

皇太子がいるほうが精神的なダメージがありそうな気もします。

 

「ティアに避けられる理由を知りたい」

皇太子は、それを強く感じているようです。

しかし知ったところでどうするのでしょうか。

皇太子が納得するとは思えませんよね。

 

そんな皇太子が若草色の便箋を見つけました。

これはまずいと感じます。

 

若草色の便箋といえば、アレンディスからの手紙です。

確か手紙には「前回の人生」でのことが書かれていたはずです。

直近の手紙では、何が起こったかの確認をアレンディスはしていました。

便箋は開いたままの状態です。

 

なぜアレンディスは、わざわざ手紙で確認したのでしょう。

本当に、不要だったと感じます。

 

皇太子やカルセインに手紙を見られるのは良くありません。

不要なことを知られてしまう可能性があります。

それだけでも、ティアにとっては不利な状況になる気がします。

 

手紙を読んでも皇太子も「2度目の人生」など信じないでしょう。

それでも面倒ごとは避けたいところです。

 

まさか皇太子はティアあての手紙を読んでしまうのでしょうか。

そうならなければ良いのですが…。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法