少女/女性漫画

捨てられた皇妃ネタバレ140話!あらすじ感想!嬉しいのに胸が苦しい・・

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは140話の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

捨てられた皇妃140話のあらすじネタバレ

捨てられた皇妃第140話のあらすじをお伝えします。

政務会議

皇宮医によってアリスティアが妊娠可能だということがわかりました。

その場にいた者に陛下は、全員このことは誰にも言わないようにとお願いしました。

 

アリスティアが皇宮医の診断を伝えると、パパは声を震わせて喜んでくれたのです。

パパの腕の中でアリスティアも喜びをかみしめました。

それなのに、どうして胸が苦しいのでしょう。

どうして泣きたくなるのでしょうか?

 

心を落ち着かせる暇もないまま、記念祭が終わって・・・その翌日には政務会議が開かれました。

 

いつもと違い、伯爵以上の者は・・・全員出席するようにとのことでした。

三日前、休憩室にいたベアトリーシャは、リサ王室の第三王子に見つかってしまい・・・フェデン卿と亡命したことを責め立てられ、あのようなことが起きてしまったそうです。

 

今の彼女は帝国の貴族・・・他国の王子であろうとも許せないことだったのです。

欠席者はミルワー侯爵・・・彼を除いた貴族全員でリサ王国への対応を話し合い、リサ王国の王子と伯爵以上の貴族令息を人質代わりに帝国に留学させることで話がまとまりました。

 

二人の大神官が陛下に挨拶に来ました。

陛下は笑顔で、二人がいたからこそ建国祭を無事に終えることができて・・・感謝していると伝えました。




陛下に盛られていた毒について・・・!?

食事も済み・・・検査官が陛下に呼ばれてはいってきました。

貴族たちは、どうしてここに検査官が・・・と驚いています。

 

陛下が数日前に気を失ったと話し始めました。

過労がたたったのだと思ったのですが、健康そのものだった僕があの程度の仕事の量で倒れてしまったことに違和感を覚えた。

 

あの日から考えてみると、どうやら毒の中毒症状に似ているのだという陛下。

貴族たちは驚き・・・毒!?誰かが陛下に毒を盛ったということなのですか?というので、それを今日そなたたちの前で検証してみようと思ってという陛下。

 

アリスティアはゼナ公爵がどんな行動に出るのか楽しみにしていました。

陛下と私が盛られた毒とその解毒剤を大神官が入手してくれて・・・そして今日あの皿にはその毒が仕込んであるのです。

 

ゼナ公爵邸に人を送り込んで、秘密の金庫から例の判を持ち出させることには成功しましたが・・・公爵が黒幕だという確実な証拠はありません。

 

それでもきっとうまくいけば、罪を暴くことはできるはず。

ワイン担当者の娘を人質に取っていること、毒を密輸した神殿の高位神官と接点があるというところ・・・密輸した毒を運搬した商談主が、ゼナ一族の親類であることから・・・間違いなく犯人はゼナ公爵だと思うアリスティア。

 

その時陛下の毒物反応が出ました。

大神官は毒で間違いありません・・・私主神の第四の根が神聖力をかけて断言いたします。

といい、もう一人の大神官も私も陛下に中毒症状が出ていますことを証言いたしますと言いました。

 

陛下は僕に毒を盛ったものがいるということだ・・・貴族全員の自宅謹慎を命ずる。

明日のこの時間に、大会議を行う・・・首都にいる貴族は全員出席するようにと言いました。

 

ついに待ちわびた習慣がやってきたというアリスティア。

陛下に盛られた毒と、私が盛られた毒と同じものだということがわかり、その二つの事件の犯人を見つけ出すために、大会議が開かれ全員出席の命令のもと、貴族で埋めつくされた。

次々と出る証言に・・・!?

ベリータ公爵の文書によると、アリスティアの事件の方は飲み物を運んできた使用人の証言で進展しました。

 

ビア男爵への尋問があり、四人で毒をもらせたことと・・・そのすべてがラニエル伯爵の指示だったことを供述しました。

皇帝陛下のお飲み物にも毒を盛らせたのではないかとも問われました。

 

皇太子がビヤ男爵正直に話したほうがいい・・・万が一嘘偽りがあれば僕はそなただけでなく、ビヤ一族全員を反逆罪で斬首刑に処す。

 

次はエネン男爵への追及は、神殿を通じてリサ王国から毒を密しか聞いて密輸した容疑を否認したが・・・神殿は薬だとしか聞いていません。

 

陛下は全員投獄しろと言いました。

ラニエル伯爵は、使用人にモニーク侯爵令嬢に毒入りの飲み物を渡させた事実を認めました。

 

どちらの毒も自分が持ち込んだが、第一騎士団の召使を使ったのは自分ではなく、ホルテン伯爵・レスラン伯爵・ハメル伯爵だと言いました。

そして首謀者はミルワー侯爵だと告げたのです。

 

ミルワー侯爵は慎重な人物なので、証拠は残っていませんが事実ですと・・・。

しかし陛下はモニーク侯爵令嬢が中毒を起こしてからずっと監獄にいた伯爵が、なぜ行くここにいる者たちですら知らなかった「反逆」の事実を知っているのか・・・そなたが監獄に入る前からこの計画があったのだな?

 

ミルワ―公爵からの伝言だと言い張りましたが、ミルワー侯爵は一昨日から首都を離れているという陛下。

この場にいる者全員裁判が終わるまで首都を離れないようにと告げるのでした。

 

その後婚約破棄所も公式記録に残しておくようにと告げる陛下。

大神官がこれで私たちの取引は終了ですね・・・アリスティアはご協力に感謝しますと告げると・・・実は陛下にも同じことを頼まれていたと・・・。

 

 

捨てられた皇妃第140話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

大神官にお願いをしていたのはアリスティアだけではありませんでした。

陛下も全く同じことをお願いしていたのです。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

140話を読んだ感想

捨てられた皇妃第140話の感想をお伝えします。

アリスティアだけではなく、陛下までも薬を盛られていました。

会議が行われると、思っていたよりもたくさんの人が絡んでいた事件なのだなと思いました。

 

陛下やアリスティアに毒を盛るなんて恐ろしい話ですが、たくさんの人を介しているので・・・薬だと思っていた人たちなどは、きっと罪悪感もないのでしょう。

 

○○さんからお願いされたことくらいしか思っていなかったかもしれません。

とても恐ろしい事ですね。

 

アリスティアは子供を産むことができそうなのに、それでも婚約破棄をしてもいいのでしょうか?

 

アリスティアの前で、公式記録に残しておくようにと告げたのは陛下の賭けなのかもしれません。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

捨てられた皇妃ネタバレ140話!まとめ

こちらでは140話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

捨てられた皇妃 140話のまとめ
  • アリスティアは、良い結果を聞いたのに胸が苦しい。
  • 陛下に毒が盛られていたことが断言された。
  • 首謀者はミルワー侯爵だと告げられた。