少女/女性漫画

「私と夫と夫の彼氏」10巻あらすじ・ネタバレ・求めていた瞬間

コミックシーモアで読める「私と夫と夫の彼氏」10巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

前回は、色々な視点が描かれるお話でした。

最初は、美咲が悠生からセックスを断られる夢をみたところから始まります。

美咲が悩む様子を描いた後は、浮気現場を目撃した三角先生の視点でした。

美咲に告げるべきか否か・・・こちらも悩みます。

そこからひと月が流れて、美咲は伊奈と再会しました。

久しぶりに話すなかで、美咲は伊奈の考えを聞きます。

最後は夜のベッドにて、美咲と悠生のセックスが始まるところで終わったのです。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

私と夫と夫の彼氏10巻あらすじ・ネタバレ

勇気をだして

久しぶりのセックスは、美咲にとって甘美なものでした。

身体が悠生の指や唇を、しっかり覚えていたのです。

唇・・・指・・・触り方、すべてのことが、美咲にとって悠生が特別だと認識させる為に十分なものでした。

行為が続いていると悠生の頭に突如、伊奈とのやりとりが浮かびます。

それは八百屋の前で、伊奈に唇を奪われたときに言われた言葉でした。

「これから先生とするときに、自分としていることを想像するのか・・・最低」

変化は劇的で、美咲が異変を感じるには十分でした。

悠生に「嫌だった?」と聞きながら、頭では「やっぱり『女』の自分とするのが無理なのか・・・」と不安になる美咲。

悠生は理由を言わず、「ただ緊張して」と謝ります。

言葉を聞いた美咲は、とっさに「大丈夫」と言いかけました。

しかし、言葉にすることはなかったのです。

いままでの美咲は大丈夫と思い、ずっと自分の気持ちを誤魔化してきました。

それをまた繰り返すわけにはいきません。

前に進みたいと勇気をだして、悠生に聞きます。




検証

「悠生の正直な気持ちを教えてほしい」

そう切り出して、まずは自分に触れられることは嫌かと尋ねる美咲。

悠生は、そんなことはないと言って否定した後で、美咲に対して申し訳ないと告げました。

悠生の言葉を聞いて、それは自分が『女』だからか聞きます。

すると、悠生は正直に答えました。

美咲が『女』だから、ちゃんとできるか緊張してしまうところはある。

覚悟していたとは言え、悲しい気持ちになる美咲。

美咲が傷ついたと感じた悠生は謝り、ちゃんとするからもう1回やろうと提案しました。

しかしそれは、美咲の方から断ります。

贖罪のようなセックスは求めていない・・・。

それが理由でした。

申し訳ない気持ちでいっぱいの悠生に、美咲は「隣で寝て」と頼みます。

悠生が寝ると、美咲は悠生にくっつきました。

そして、それが嫌に感じるかを悠生に尋ねます。

悠生が「嫌じゃない」と答え安心した美咲は、これからはこうしようと提案しました。

美咲の言葉に、慌てる悠生。

美咲は自分のことを考えてくれているのに、自分は美咲を傷つけてばかり・・・。

自分は、優しくしてもらえる資格がないと言う悠生。

悠生の言葉に対する美咲の言葉は、優しいものでした。

世間的にはそうかもしれないけれど、それでも悠生を好きなのが自分だから仕方ないと言います。

しょうがないと言ってほほ笑む美咲の顔に、伊奈の顔を幻視する悠生。

欲望と愛おしさ

一方で「しょうがない」と言った美咲は、割り切れなさを感じていました。

ただくっついて寝るのも悪くないかもしれないと思いつつ、欲望は簡単に捨てることができません。

中途半端な行為は、美咲をムラムラさせるには十分でした。

なんとか我慢する為に、悠生から離れる美咲。

疑問に思った悠生が声をかけると、美咲は「今日はごめん・・・」と告げます。

悠生をとても艶やかに感じてしまう為、離れていないと我慢できないと戸惑う美咲。

美咲の様子をみた悠生は、驚きました。

自分はこれまで、美咲を傷つけてばかりです。

嫌われるだけでなく、軽蔑されても当然だと思っていました。

しかし目の前にいる美咲は、すべてを知ってなお自分に対して、こんなに想ってくれている・・・。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

求めていた瞬間

美咲が「離れて」と言おうとしたところで、悠生は自分から美咲の唇を奪っていました。

戸惑う美咲に対して、愛おしくてつい・・・と謝る悠生。

「愛おしくて」という言葉に顔を赤らめる美咲は、「自分とキスがしたくなったからキスをしたのか?」と、改めて悠生に確認しました。

悠生は「はい」と同意して、都合がよくてごめんと謝ろうとします。

今度は美咲が悠生の唇を奪う番でした。

キスをした後、その先は嫌か尋ねる美咲。

悠生は何も言わず、美咲にキスをしました。

そこからは、美咲の求めていたセックスです。

久しぶりに感じる悠生に、歓喜する美咲。

これからも悠生と男女でいることができる・・・美咲にとって、何よりも嬉しいことでした。

卒業アルバムに写る人物

翌日の学校にて。

美咲は上機嫌でコーヒーを振る舞っていました。

美咲の様子に、いいことでもあったのかと聞く柴崎先生。

美咲は笑うだけでしたが、それだけでいいことがあったと理解できました。

そんな2人の様子を、少し離れて三角先生が見つめています。

三角先生は昔の卒業アルバムを開いており、そこには美咲と伊奈の姿が映っているのがわかったところで、次へと続きました。

<前話 全話一覧 次話>

私と夫と夫の彼氏を無料で読めるか調査した結果

「私と夫と夫の彼氏」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

私と夫と夫の彼氏10巻を読んだ感想

久しぶりに美咲が嬉しい気分になれたみたいで、よかったです。

ようやく待ちに待ったセックス・・・だったのに、伊奈の言葉がきっかけで止まってしまいました。

元凶と考えると、妻がいるのに浮気をしていた悠生が悪いのでなんとも言い難いですが、伊奈も余計なことを言ったものです。

またしても有耶無耶な状態で先へと進むかと思いきや、今回は美咲が頑張りました。

偉かったですね。

まずは、どこまでが嫌で、どこまでが許容範囲なのか・・・しっかりと検証していました。

ショックに思ったところで立ち止まらずに、できることをした美咲には感激です。

そこからの、ムラムラとした気持ちを必死で抑えようとする姿は可愛いものでしたね。

欲望とは、ままならないものです。

結果的に、これが悠生に『美咲に対する愛おしさ』を感じさせる一因となるのですから、物事何が上手い方へと転がるかわからないと感じました。

美咲・・・改めてよかったですね。

安心して終わると思いきや、そうはいきませんでした。

学校で気になる動きをする三角先生です。

休日に同僚の旦那が男性とキスをした瞬間を目撃したのですから、仕方ないとは思いますね。

伊奈がイケメンということが、やはり大きかったのでしょうか。

顔を覚えていて、昔の生徒というところまで辿りついています。

次回は、三角先生が何かしらのアクションを起こすかどうかという部分が、1つのキーポイントとなる予感です。

今回は美咲の気分をあげるお話でしたが、次回はどうなることやら・・・楽しみにして、次の話を待ちましょう。

私と夫と夫の彼氏10巻まとめ

こちらでは10巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

私と夫と夫の彼氏10巻まとめ
  • ようやく待ちに待ったセックス・・・だったのに、伊奈の言葉がきっかけで止まってしまいました。
  • 「悠生の正直な気持ちを教えてほしい」と勇気をだして聞きます。美咲が傷ついたと感じた悠生は謝り、もう1回やろうと提案しましたが、美咲の方から断ります。
  • 美咲は「隣で寝て」と頼みます。これからはこうしようと提案しました。
  • ムラムラとした気持ちを必死で抑えようと悠生から離れる美咲。悠生は美咲の唇を奪いました。今度は美咲が悠生の唇を奪います。歓喜する美咲は求めていたセックスをしました。
  • 翌日の学校で、三角先生は昔の卒業アルバムを開いており、美咲の旦那とキスをしていた男性が、昔の生徒だということに気付いていました。

<前話 全話一覧 次話>