少女/女性漫画

【最新話】私と夫と夫の彼氏18巻あらすじ・ネタバレ・結婚の良し悪しと報告

コミックシーモアで読める「私と夫と夫の彼氏」18巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

前回は、風呂上がりの一幕から始まりました。

風呂から出た悠生に対して、美咲は髪を乾かしてあげると伝えます。

悠生は照れて断ろうとしますが、美咲は譲りませんでした。

髪を乾かしながら、改めて自分が悠生のことを好きであると実感する美咲。

そこに、最後に風呂に入った伊奈がリビングにやってきます。

伊奈をみる悠生の顔を、とても美しいと感じた美咲。

悠生の顔は、恋する人の顔そのものだったのでした。

寝る時間となり、伊奈の布団を準備する必要があります。

美咲達の寝室にある布団を出す際、伊奈は自分で取ると言って寝室に入ろうとしました。

美咲は思わず「来ないで」と叫んで、それを制止します。

美咲は伊奈を、自分達の寝室には入れたくないと思ったのでした。

時間は少し経ち、0時を過ぎた頃になります。

そろそろ休むことにした3人。

伊奈が2人に、休日は何時ごろに起きるか確認します。

返答は8時くらいという早さで伊奈は驚きつつも、自分の生活スタイルを朝型にしようと決心したのでした。

翌朝、8時半に目覚めた美咲は隣に悠生がいないことに気づきます。

悠生と伊奈が2人きりでいるかもしれないことにモヤモヤを感じながら、寝室を後にする美咲。

キッチンに入ると、伊奈と悠生が朝食を作っているところでした。

せっかくだから、簡単な朝食から教えようと思ったと考えを伝える悠生。

美咲が伊奈の出来を聞くと、教えがいのある生徒だと回答があるのでした。

朝食では美咲の天然を感じさせるエピソードがありつつ、最後は美咲の妹が家に来てしまったところで終わりとなります。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

私と夫と夫の彼氏18巻あらすじ・ネタバレ

脱出

3人の生活を発覚させるわけにはいかないので、美咲は伊奈に出られる準備をするように伝えました。

伊奈が了承する間にも、美咲の妹は玄関の前で早く開けてほしいと声を出します。

朝から大声は近所迷惑なのと、突然来られても困ると苦言を伝える美咲。

しかし妹は堪えた様子もなく、「電話したよ?」と言ってのけます。

直前だと意味がないと、美咲は更に言い返すのでした。

なんとか時間を稼ぐため、20~30分ほどどこかで時間をつぶしてくるように依頼する美咲でしたが、妹は渋ります。

姉妹のやりとりを聞いていた伊奈は悠生に、美咲の妹がいつもこんな感じなのかと尋ねるのでした。

美咲達のやりとりから、時間稼ぎは無理だと判断した悠生。

とりあえず隠れてもらおうと、寝室に入っておくように頼みます。

しかし伊奈の頭には、前日の美咲が発した「来ないで」という言葉が響きました。

寝室には入れないと考えた伊奈は、玄関に近いトイレを指して、ここに隠れると言います。

狭くないかと心配する悠生に対して、大丈夫だと答えるのでした。

そこに、妹との交渉に失敗した美咲が戻ってきます。

伊奈は自分が隠れる場所を伝え、上手く隙を見つけて外に脱出する旨を伝えました。

美咲は「ごめんね」と謝りつつ、妹を迎えるべく玄関をあけます。

部屋で繰り広げられたドタバタを知らない妹は、おはようと笑顔で言って挨拶しました。

久しぶりの再会に、妹は悠生を見て「相変わらずかっこいいですね」と称賛します。

悠生は妹に対して、「美花ちゃん久しぶり」と苦笑いで答えました。

玄関から入るとき、美花は違和感をもちます。

それは、玄関にあるスニーカーでした。

男性ものと思われるスニーカーの踵は潰れていて、悠生のイメージにはあわないものです。

意外だなと思っていると、背後から妹に注意する美咲。

「今このタイミングでないといけない理由があるのか」と美咲は問いましたが、美花の耳には入りません。

美花の目には3人分の朝食が揃っていました。

怒っているとみせかけて、しっかりと自分を歓迎してくれていることを喜ぶ美花。

喜ぶ美花の後ろ姿をみて、ご飯のことは失念していたと顔を青ざめる美咲と悠生がいたのでした。

席に着くと、悠生は伊奈のスマホへとメッセージを送ります。

メッセージをみた伊奈は、そそくさと家から脱出するのでした。




結婚の良し悪しと報告

伊奈の脱出も完了し、美咲は改めて美花に家へと来た理由を尋ねます。

すると美花は開口一番、「結婚してよかったか?」と尋ねました。

突然何を言い出すと言う美咲に対して、タイミングを間違えたと笑う美花。

妹の問いかけに対して、美咲は「春人くんと結婚を考えているの?」と聞きます。

『春人』という人物に聞き覚えのなかった悠生が疑問符を浮かべると、美花は同棲している彼氏だと説明しました。

美咲の問いに対して美花は、「考えるべきかを考えている」と答えます。

美花の言葉の意味がわからない美咲。

美花は言葉を続け、「多分・・・ほぼ確定」と前置きをして「妊娠したみたい」と告げるのでした。

理由

美咲の家に来る前に検査薬で調べたから確定だと言う美花。

美咲は、春人がそのことを知っているのかと尋ねます。

美花は、伝えたけど寝ぼけていたから覚えていないかもしれないと言いました。

美花の言葉に「ばか」と言った美咲。

妊娠した妹を寒い外で待たせたことに、美咲は申し訳なさを感じているのでした。

美咲の言葉に、相変わらず心配性だと言って笑う美花。

冷えているかもしれないと思い、悠生が慌てて温かいお茶でも淹れようかと動きかけますが、カフェインでダメかと思い直します。

悠生にお礼を言いつつ、妊娠していた場合には産みたいと意志を伝える美花。

出産の意志は決めているようですが、どうやら結婚に対しては決めかねている様子です。

美咲は「春人くんとやっていけるか不安?」と尋ねました。

美咲の問いに対して、春人のことは信頼していると答える美花。

その言葉を受けて、美咲はなぜ結婚を決めかねているかわかりません。

美咲の疑問に答えるように、美花は口を開きます。

一緒にいる理由が「結婚しているから」になるのが怖いと言いました。

今は別れたければ別れることができるけど、一緒にいたいから一緒にいます。

しかし結婚すると、「結婚しているから」という理由で別れることができなかったりするのです。

『離婚』というハードルもありますが、子どもがいればそのハードルは更に高くなります。

現在進行形で複雑な状況にいる美咲と悠生は、思わず沈黙してしまうのでした。

美花は不安を口にした後で、結婚することが自分に一番向いていると考えを告げます。

その上で、春人にきちんと伝える前に美咲から言葉を聞きたかったのだと言いました。

結婚はいいものだから、するといいよという後押しを・・・。

美花の言葉を聞き終えた美咲は、後押しをすることはありませんでした。

結婚は春人くんと二人で決めなさいと告げる美咲。

美咲の言葉に、「そういうと思った」と笑い、美花は帰っていくのでした。

\ もっとエッチな漫画読んでみる? /

違和感

美咲家からの帰り道、美花がスマホを開くと、春人からの着信履歴が大量にあることに気づきます。

早く帰らないといけないと思う美花。

帰り道、美花は美咲家でのやりとりを思い返しながら結婚について考えます。

そして、自分には無理だと思いました。

勝手にプレッシャーを感じて、執着してしまいそうだと考えたからです。

結婚について考えてみて、結婚している姉がすごいなと思います。

考えもまとまったところで、美花は1人の青年とすれ違いました。

青年は寝ぐせ頭でしたが、寝ぐせも様になる美形です。

感心しつつすれ違い様、ふと青年の靴に目が行く美花。

美咲家でみたスニーカーを思い出し、帰り際に靴がなかったように感じたのです。

少し気になるものの答えはでず、まぁいいかと考えをやめる美花。

悠生とすれ違った青年という2連続でイケメンをみた美花は、ほどほどだけど一緒にいると楽である自分の彼氏の待つ家へと帰るとしようと思うのでした。

再生

美花が帰った後の美咲家では、美咲と悠生が朝食後の片づけをしていました。

美咲の脳内で再生される美花の言葉。

一緒にいる理由が「結婚しているから」になるのが怖い・・・。

左手の薬指にはまった指輪に目をやった美咲が苦い表情をしているところで、18話は終了となります。

<前話 全話一覧 次話>

私と夫と夫の彼氏を無料で読めるか調査した結果

結論、「私と夫と夫の彼氏」を無料で読むことはできません。

新規会員登録(無料)で貰える50%OFFクーポンを利用することで、「私と夫と夫の彼氏」最新話を55円(税込)で読むことができます!

 

コミックシーモアで読んでみる

「私と夫と夫の彼氏」はコミックシーモア先行配信です。

「私と夫と夫の彼氏」を定価の半額で読めるこのチャンスに、ぜひコミックシーモアで読んでみてくださいね!

私と夫と夫の彼氏18巻を読んだ感想

今回は、美咲と悠生にとっては重くのしかかるお話でしたね。

冒頭から振り返ってみると、最初は妹である美花の登場からです。

美咲とのやりとりから、美花のマイペースな感じが非常に伝わりました。

伊奈が寝室に入ることを断ったシーンでは、前日の出来事が想起され辛いものがあります。

今の状況は伊奈にとって非常に辛い状態です。

今後、悠生よりも先に伊奈の限界がむかえてしまわないか、心配に思います。

食卓で美花が来た理由について話されるシーンでは、いきなりの妊娠報告にびっくりです。

悠生は、美花が同棲していることも知らなかったようですから、驚きはひと際だったでしょう。

美花が「結婚してよかった?」と尋ねたシーンでは、今この夫婦に聞いてはいけないよ・・・と、読んでいてこちらがひやひやしてしました。

妊娠のことを知って、美咲が美花を外で待たせたことに申し訳なさを感じるシーンでは、美咲の人の良さが現れている良い描写です。

妊娠と結婚の話では、美花が出産ではなく結婚について躊躇っているようでした。

美花が言い、美咲の心にも残った一緒にいる理由というものは、考えさせられますね。

結婚しても、一緒にいたいからいると思える関係でいられることが、一番の幸せなのでしょう。

美咲に後押ししてほしかったと言う美花に対して、美咲はある意味突き放すようなことを言います。

自分達で考えなさいという言葉は、美咲らしい言葉だと感じました。

美花と春人にとって大事なことであるからこそ、まわりの意見ではなく自分達が納得できる答えをだせと言っているようです。

「そういうと思った」と美花は笑いましたが、もしかしたら自分できちんと考える為のスイッチを押す為に、美咲の元へときたのかもしれませんね。

美花の帰り道では、偶然にも伊奈とすれ違いました。

しかし三角先生といい美花といい、伊奈と悠生は本当にイケメンなようですね。

それほどまでに人の印象に残るとは・・・。

すれ違い様の靴をみて、美花が美咲家でのスニーカーを思い出した時は焦りましたが、結果的には気づかずに終わってよかったです。

ピンチは一旦乗り越えたので、次はまた平日の様子が描かれると思います。

おせっかいで場を乱す可能性のある三角先生がいつ登場するかにドキドキしつつ、次の話を待ちましょう。

私と夫と夫の彼氏18巻まとめ

こちらでは18巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

私と夫と夫の彼氏18巻まとめ
  • 3人の生活を発覚させるわけにはいかないので、伊奈はトイレに隠れて上手く隙を見つけて外に脱出する旨を伝えました。
  • 美咲は玄関を開け妹を迎えます。悠生からメッセージを受け取った伊奈は、家から脱出するのでした。
  • 美咲が彼氏のことを聞くと美花は妊娠報告をします。
  • 出産の意志は決めているようですが、どうやら結婚に対しては躊躇している様子です。美咲は春人くんと二人で決めなさいと告げます。
  • 帰り道、春人からの着信履歴が大量にあることに気づき、結婚について考えます。偶然にも伊奈とすれ違い、靴をみてスニーカーを思い出すが、結果的には気づきませんでした。
  • 美咲は美花の言葉を思い出し、左手の薬指にはまった指輪を見て苦い表情をしました。

<前話 全話一覧 次話>